双極性障害ビギナーさんにはじめに読んでもらいたい記事はこちら

【実況】薬を飲み忘れたから、薬なしでどこまでやれるかやってみた

【実況】薬を飲み忘れたから、薬なしでどこまでやれるかやってみた 双極性障害

 

こんにちは。とび太(@umayano2)です。

 

今朝起きたら、【鬱】でした。

そして、寝て、起きたら14時で、気分安定薬(ラミクタール)を飲んでいないことに気づきました。

14時だと、昼を過ぎてしまっているので、薬を飲み直すことができません。

夜の分の薬を飲める、20時ごろまで、薬なしの状態が続くことになりました。

 

薬を飲んでいないせいか、頭がいっぱいの状態があり、思いついてもすぐ記憶が消えてゆきます。

まとまりのない散文、しかも、読んでくださっている方に有益な情報をお届けできるような記事ではないかもしれません。すみません。

 

 

なぜ目覚めから鬱だったのか?

 

統合失調症がじゃまるさんの、「目覚めガチャ」という表現が好きです。

»目覚めガチャで精神病はその日のコンディションが決まる件 | がじゃらぼ 

 

今朝の私の目覚めガチャは、【鬱】。ど真ん中にきました。

 

原因があるとすれば、

  • 眠りが浅かった
  • どんより天気
  • 明日からの「予定」

です。

妊娠中期のお腹のせいか、寝ているときに下腹がつります。夜中に何度か、痛みで起きました。

明け方、暑くて起きました。蒸し暑い。パジャマを脱いでいました。

湿気がすごかったのは、雨が近づいていたからだったようです。

夫のお弁当をつくり終わったころ、雨がざーっと降り始めました。

どんより、明かりをつけるほど暗い朝。

雨をみてから、あれ、もしかしてうつっぽい。。。?と気づきました。

 

明日からの土日には、友人と一泊するために、夫と遠出する予定があります。

私は、「人と会うイベント」の前は、決まって鬱になりがちなのですが、どうやら今回も落ちてしまったようです。

 

集合時間13時に対して、私は「お昼には遅くない?」「こっちで済ませて遅れていこうかな」発言。

夫がそれに対して、「余裕あるスケジュールで、ってお願いしたのはこっちなんだから」。

テンパり、ご飯を黙々と食べる私。

自分でもどうしたいのか分からない。

夫が気づいたのか、もぐもぐしている私を抱きしめてくれる。

もぐもぐしながら、泣く。

ご飯をおかわり。過食のスイッチだ、と思いながら柿も食べる。

 

「あ~~、うつだ。」

 

なにもできない絶望

夫を見送り、布団へ直行。

車で送って行けなくてごめんね。

 

夫が出影際に言った、「ゆっくりしててね」の言葉がキラッとしたのは、
救われた感じがするのは、私はゆっくりしたかったから?と思いました。

 

【鬱のときは、休む】

を思い出し、

歯も磨いてから布団に向かいます。ふて寝にしては寝る気満々ですね。

どうせ寝るなら、できるだけ睡眠の質を上げたいのかもしれません。

 

結果、起きたら既に昼過ぎ。

たくさん寝たのに、全然すっきりしてない。

夢をみっちりみて、頭がキツイ感じが残っていました。

 

まさか、と思って薬箱を見ると、飲んでない。。。

飲み忘れに気づいても、もう飲み治せる時間じゃありませんでした。

 

【実況】薬を飲み忘れたから、薬なしでどこまでやれるかやってみた

15時頃、ソファに座って、放心。

「ぼ~っとしよ。」と思いました。

とりあえず諦めようとしています。

 

鬱の解消法は、「成功体験」をつくること

でも今は、鬱というより「薬の飲み忘れ」。

あれ、薬を飲み忘れたときってどうしたらいいんだっけ…?

と思いました。

薬の飲み忘れが「熱があるときに似ている」のを再び感じながら。

飲み忘れの恐怖!薬がないと何もできない!双極性Ⅱ型障害の経験談
...

 

 

20時まで、あと何時間もある。。。

諦めるしかないのか、と思うと、「1日をムダにしてしまった」が頭をめぐります。

 

時間の無駄。

せっかく、時間がたくさんあるのに。

 

ひと通り食べたいものを食べ、食パンまで手を伸ばして、2枚食べて、過食の流れだ〜って気づき、もう少し食べてやめる。
外を眺める みどり 光。
明らかに鬱な自分がいました。
頭がいっぱいな感じで、
全てが鈍い。
汗をかいているのに暑いかわからない。
視界も狭い?
朝のお茶碗洗ってない。
なんにもできない。
こんなときになんにもしなくていい生活をしていることを本当にありがたい、ありがとう、と思うと同時に、
社会復帰なんかできるのかな、という思い。
そしてまた、あ、不安になってる、と気づくのでした。

薬を飲み忘れたら何もできない。本当に?

 

せめて寝れたなら、「寝る」ができるかもしれない。

でも、薬を飲んでいないときって、寝るのすらできない。

 

昨日までに進めていた、書きかけの記事もあって。

でもPCを開くのは無理。

PC無くてもできるから、考え事でもしようと思う。
昨日書いたのをどう直そうかとか考えるけれど、浮かばない。
ブログのこと、向いてないと思う。
そんなの分かってる、いまさら、と自分で切り上げる。
理由も無くネガティブな考えが浮かぶのも、症状ですね。
ふと、縫い物をやりたくなりました。
寝てるときパジャマのゴムがきつかったの思い出したのです。
そして、ふらふらの頭で、やり始めました。

のろのろと。

▽パジャマのゴムのばし

15時頃、ソファに座って、放心。 「ぼ~っとしよ。」と思いました。

何かをしていると、同時にいろんなことが浮かびますよね。

双極性障害だと、なおさらそういうときは、加速するのかな。

 

薬が無かったら、何もできないのは事実。

でもそれで結論付けていいのだろうか?

たとえば災害で薬が無い状況になったりしたとき。(←こういう状況を想像しちゃうのも不安の症状ですよね)

「薬なしでは何もできません」で自分は納得できるのだろうか?

 

きっと、「何かしたい」と思うんじゃない?

今みたいに。

 

 

 

「薬を飲み忘れたときって、熱があるときに似てるな」
と思いつき、
『熱あるとき 過ごし方』
とか検索。
そして、『気分安定薬 飲み忘れたとき 過ごし方』とかで検索しそうになる自分。
じゃあ私はどうしてるんだろう?と思いました。
ブログのこと全然進められないと思っているけれど、
意外とこうやって、調子悪い時も、ブログのこと考えてる。つまり少しでもやれている、ということのかも。

もしかしたら、

ものすごく小さいことを、ほんの少しづつとか、

クオリティをものすごく低くするとか、

そういうことなら、薬を飲んでない状態でも、何かできるのでは?

 

飲み忘れている状態でどこまでできるか、やってみた

前置きが長くなってしまい、すみません。

 

散歩はやめておいた
最初、散歩いいかな、と思いました。
でも、鬱のときはまだしも、原因が薬なしの今は効果なさそうだ、
いつもは夕方に散歩なんかしてないので、出かける前の日に限っていつもと違うことしようとしている感じも、「気分の波」な感じがした
ので、散歩はやめようと思いました。
twitterのアカウントを増やした
飲み忘れてしんどく、なにもできないなと思いながら、
「こういうときに、飲み忘れたとか呟きたい」
と思いました。
そこで、アカウントもう一つつくりたいな、と、作ってみることにしました。
アカウントの増やし方を検索したけど出来なくてプチ挫折しましたが、作れました。
新しいアカウントは、@umayano2 です。双極性障害の闘病垢にしたいと思っています。フォローお待ちしております^^
音楽をかけれた
私は、鬱になると、音楽が消えます。
スマホで再生するだけですが、大きな前進です。
食器洗えた

朝からシンクいっぱいに溜まりっぱなしだった食器を片付けよう、と思えました。

双極性障害のくすりを飲み忘れたのでどこまでやれるかやってみた

すっきり♪

これができたら、かなり良い兆し。

 

ブログ書き始めた

ふと、いまなら出来る気がしてパソコンをON。

 

 

まとめ

「なんにもできない」

とほんとに何にもできないくらいぼーっとしていましたが、

ほんのちいさいことを手につけるうちに、

次第に、次はこれで、次はこれで…と、気づけばステップアップしていっていました。

 

そして、ブログ記事をこうして書き上げることもできました。

(質はひどいですが…。)

今日は「書くこと」を目標として始めました。

短くても、内容がカスでもいいから、なんでもいいから1記事を、と。

 

はじめるときは、「1時間」で、と思いました。

結果、1時間半ちょっとでした。

自分史上最速です。

「気分の波」って厄介ですが、こうして今までじゃ絶対やらないようなチャレンジをすることもあるので、たまにはいいのかもしれませんね。(…たまには、ですよ~)

 

もうすぐ夫が帰ってくるので夕飯もつくらねば。

数時間前には「夕飯今日はつくれないかも」と思っていましたが、やれそうな気がしてきました。

 

でも、今私は「薬なし」の双極性障害野放し状態なので、

カンタンな料理に甘えさせてもらおうと思っています。

 

 

 

以上、最後までお読みくださりありがとうございました。

読んで頂けて本当に嬉しいです。ラブです。

 

 

頭がきゅ~ってしてきた…

それではまたお会いしましょう!

 

 

飲み忘れにはお気をつけて~

薬の飲み忘れを防ごう!双極性障害にオススメの予防法ベスト3!
...

 

 

コメント