発達障害(ASD/隠れアスペ)と気づいたきっかけ

 

私は、自分は発達障害、特にASD(自閉スペクトラム症/旧アスペルガー)だと思っています。

精神科で診断をもらったことはありません。

 

自分がASDだと思う理由は下の記事にまとめました。

自分が発達障害だと思う理由【ASD/自閉スペクトラム症/受身形アスペルガー】
私が自分が発達障害(自閉スペクトラム症/ASD)だと思う理由です。私は特に、受け身型アスペルガーだと思っています。自分のアスペなところを、過去の出来事や私の特性、苦手なことなどを挙げて紹介します。実際のアスペさんがどんな感じか、1つの参考にどうぞ。

 

自分が発達障害だと気づいた大きなきっかけは、【発達障害と指摘された】ことでした。

ASDと面と向かって指摘されたことがきっかけで、私のそれまでの人生で感じてきた違和感や生きづらさが、発達障害の特徴にピタッと収まり、自分でもすごく納得できました。

 

直接指摘を受けた

私は、牧場で働いていた26歳のころ、私がASDだという指摘を受けました。その方は自閉症などの発達障害の子と身近に接していて発達障害の知識があり、また、私の言動をよく知っていました。

自閉は、自分目線なんだよ。

私は当時、双極性障害と診断されたばかりで、それをその人に打ち明けました。その後のある日、その人が私に「自閉は、自分目線なんだよ。」と言いました。

私は、言われてすぐは「この人急になにを言ってるんだ?」と分かりませんでした。自分が発達障害に詳しいから、その知識を教えてくれたのかな?と思いました。

しかし、後に気づきました。

これこそまさに自分目線な思考だったと。

私が自閉だと言っていたのだと。

(教えてくれたタイミングが双極性障害をカミングアウトしたときだった理由は、精神疾患の話題が出て話しやすいタイミングだったからだと思います。)

 

自分が発達障害だということは、衝撃でした。

 

 

発達障害に当てはまりすぎる・・・

もしかして、私が”真性アスペ(診断が付くくらい重度のASD)”だったら、「あなたは自閉スペクトラム症だよ」とストレートに指摘されるまで気付けなかったかもしれません。

しかし、ASDの特徴と自分の過去を照らし合わせると、私はまさにASDでした。

 

ずっと感じていた違和感

私の場合、誰かと関わっているときなどに、「ん?」と違和感を感じるときが多々ありました。しかし、その「ん?」はずっと流し続けてきてしまいました。

周りとズレていたから産まれた違和感だったのだと思います。

その違和感こそ、発達障害であることを気付かせてくれる大切なことだったのに。

 

同族嫌悪

自分がASDだと気づく前から、なんとなく嫌な人がいました。特に、明らかにアスペな人(特に受け身アスペルガーな人)を見ていて、イライラしたり、できれば一緒にいたくないと思いました。

恥ずかしいですが、どこかで馬鹿にしていたところもあったかもしれません。

それは、同族嫌悪でした。

私がASDだから、ASDの人に嫌悪感を感じていたのです。

 

自分がASDだと気づいてからは、アスペな人の言動を見ていて、【自分も同じ】としか思えないときが一気に増えました。

愕然とし、自分がイタくて、恥ずかしさでいっぱいになりました。

 

 

気付けてよかった

自分が発達障害だと分かったときは、ものすごく衝撃で、人生に絶望したりもしました。

でも今は、【もし発達障害だと自覚できないままだったら、生きづらい、恥ずかしい自分のままだった】と思うと、すごくこわいなぁと思います。

本当に、発達障害だと気付けてよかったです。

教えてくれた知人には本当に感謝しています。

 

 

発達障害かも?と思ったら自分で判断していいと思う

発達障害は今でこそ認知度が上がってきていると思います。

しかしそれでも、発達障害の本人が発達障害だと自覚できるのは難しいのではないかと思っています。

グレゾーン(隠れアスペ)ならなおさらです。

重度で、すぐに分かるようなASD(真性アスペ)の人は、精神科に行って診断を受けられるので、対処が早いうちにでき、支援も受けやすく、ある意味生きやすいのではないかと思ってしまうところもあります。

極論を言うと、グレーゾーンの人は、自分で気付くしかないのだと思います。

「発達障害かも」と思ったらほぼ発達障害

“普通”の人は、自分が発達障害かも、なんて疑問はほぼ持たない気がします。

何か思い当たる点があるからこそ、自分が発達障害なのではないかと思うのだと思います。

 

大袈裟でいいから気付いて

自分が発達障害だと早く気づければ気付けるほど、早く改善することができます。

もし、「自分が発達障害だと思うと気持ちが楽になる」とか、「発達障害だと自覚して生きていた方が上手く生きられる」のなら、あなたは発達障害の可能性が高いです。

 

発達障害、特にASDは、自閉“スペクトラム“症と表現されるだけあって、程度の幅が広いです。

以前自閉症と呼ばれていた、ほとんど会話ができないくらい重度のASDから、普通の人と何一つ違って見えない”隠れアスペ”の人までいます。

なので、ほとんどの人がASDだって言うこともできるし、上を見たらいくらでも「自分は軽いからASDではない」と思えてきてしまうと思います。

私もそうで、「ASDの特徴にいろいろ当てはまるけど100%じゃないから違うのかな」とか、真性アスペの人を見て「私はあそこまでひどくないから違う」とか考えていました。

 

程度は関係無いと思います。

自分が当てはまると思ったらASD。

それは誰にも否定することはできないのではないでしょうか。

大袈裟に思えてもいいので、自分がASDだと思って見て欲しいです。

 

さいごに

以上、私がASDだと気付いたきっかけと、ASDグレーゾーンな人には早めに気付いてほしいということを書かせていただきました。

 

何か参考にしていただけたら嬉しいです。

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

▽関連記事

「愛」の存在が分かった衝撃。ASDの私が感情の無い世界から抜け出した話
...
プレゼントが喜んでもらえない!そんな人へ捧ぐ上手な贈り物の選び方
...

 

 

コメント