紙とペン派?スマホ派?双極性障害向け【記録ツール】まとめ 

紙とペン派?アプリ派?双極性障害向け【記録ツール】まとめ  症状改善・ヒント

 

こんにちは。双極性2型障害のとび太(@umayano2)です。

 

双極性障害の人に向けて、「気分の波」の記録ツールをまとめました。

鬱などの気分障害の人にも活用していただけると思います。

 

記録を毎日付けるのは、実際どうしても手間がかかるものです。

なので、できるだけ「楽」で、「続けやすい」方法を取り入れてみてください。

 

 

睡眠覚醒リズム表

バインダーにリズム表を挟んでいます 紙とペン派?スマホ派?双極性障害向け【記録ツール】まとめ 

△私はリズム表をバインダーに挟んで使っています。ペンをすぐ無くすのでヒモを付けました。

 

『睡眠覚醒リズム表』、略してリズム表は、私の1番のオススメの方法です。

【睡眠覚醒リズム表】とは?なぜ書くの?当事者がかんたんに解説します
睡眠覚醒リズム表とは?睡眠覚醒リズム表はなんで書くの?といった疑問について、うつ・双極性障害の当事者がまとめました。睡眠覚醒リズム表の基本的なところを解説します。おすすめや実際の睡眠覚醒リズム表も紹介。

 

双極性障害の診断を受けたばかりの人にもおすすめです。

リズム表なら、治療の土台を固めるのに役立つと思います。

 

【リズム表のメリット

  • 記録する項目が準備されている
  • ぱっと全体を眺められる
  • 波と原因の関連付けがしやすい
  • 1ヶ月が裏表1枚にまとめられる

≫メリット詳細

【リズム表のデメリット】

  • 印刷の手間がかかる
  • 項目が多い
  • 目につかないと忘れがち

 

 

▽私はこのリズム表が使いやすいです。

リズム表ダウンロードページ
...

 

 

 

アプリ

紙とペン派?アプリ派?双極性障害向け【記録ツール】まとめ 
maria-shanina-93eOjUZqJuw-unsplash
 

アプリの強みはなんと言ってもその「手軽さ」ではないでしょうか。

スマホはいつも持ち歩いていることが多いと思うので、思いついたときにサッと記録できますね。

 

【アプリのメリット】

  • いつでも、どこでも
  • リマインドができる
  • 記録したいものに特化
      

【アプリのデメリット】

  • 記録の項目が多くなるとヌケが出がち
  • 診察で見せるときは印刷や書き出しが必要

 

最近は、いろいろなアプリが出ていて、選択肢も充実しています。

 

▽おすすめアプリをランキングしました!

双極性障害におすすめ【気分管理アプリ】ランキング!当事者が実際に使って徹底比較!
双極性障害の気分管理におすすめのアプリを、当事者が実際に使ってみて徹底比較、ランキングしました。『気分のグラフ』が見やすいかどうかも重視しました。

 

 

手帳

jeshoots-com-9n1USijYJZ4-unsplash

 
普段から、お仕事や学校などに手帳を持ち歩いる人には、その手帳を「記録ツール」にするのもオススメです。

その日に何があったかは、改めて書かなくても、すでにスケジュールにしっかり書き込まれているのもいいですね。

 

【手帳のメリット】

  • 仕事や授業中でも書ける
  • たくさん書き込める

 

【デメリット】

  • 記録を一覧やグラフで振り返りにくい
  • 気分の情報が他の情報に埋まりやすい

 

 

調べてみたところ、コクヨが販売している「ジブン手帳」が使いやすそうです。ウィークリーで、「気分」の欄と「食事」の欄もあるそうです。

 

(私の失敗談〉

双極性障害となりたての頃、手帳(マンスリー式)に、気分を数字で書き込んでいたことがあります。マンスリー手帳は気分の波の記録にはイマイチかも… 双極性障害 記録ツールまとめ

でも、数字だと感覚的に波をつかみにくいのもあり、続きませんでした…。

 

手帳に記録していく場合、マンスリーよりもウィークリーの手帳の方が良いかもしれません。

 

 

 

その他

リズム表やアプリ、手帳の他にも、

  • Twitterで呟く
  • ブログに記録する

といった方法もあると思います。

 

 

グラフを作れないときは…

あとで手書きでグラフに書き出すという手もあります。≫よければこちらをどうぞ

 

 

 

継続が命。目的は「症状改善」

sven-scheuermeier-YhdEgF-qWlI-unsplash

 

双極性障害などの気分障害の改善には、数ヶ月、もしかすると年単位で時間がかるかもしれません。

その間ずっと記録を付けてゆくことを考えると、

記録ツールは、「これなら続けられそう」と思えるものが1番だと思います。

 

記録を続けているうちに、もし記録を付けること自体がストレスに感るときは、無理してまで記録しなくて大丈夫だと思います。

 

後でまた気が向いたときに再開すればいいや〜というくらいの気持ちで私は向き合っています。

なぜなら、空白期間もデータになるからです。

記録がめんどくさい!リズム表の『適当』な続けかた
...

 

 

 

それでは、以上です。

記録ツールを活用して、症状改善を目指してゆきましょう!

 

 

▽おすすめのアプリ

双極性障害におすすめ【気分管理アプリ】ランキング!当事者が実際に使って徹底比較!
双極性障害の気分管理におすすめのアプリを、当事者が実際に使ってみて徹底比較、ランキングしました。『気分のグラフ』が見やすいかどうかも重視しました。

 

▽私の毎月の記録を全部見せ

双極レポート
双極性障害の私の「気分の波」がどんな感じか、実際の睡眠覚醒リズム表の記録を見ながら1ヶ月を振り返ります。

 

▽双極性障害のサブカテゴリ一覧へ戻る

双極性障害
双極性障害(躁うつ病/双極症)に関するブログ記事一覧です。双極性II型障害の当事者が、実際の経験を元に書いています。

 

 

 

 

 

コメント