土台をつくろう!双極性障害とわかったらまずやってほしい5つのこと

土台をつくろう!双極性障害とわかったらまずやってほしい5つのこと まず読んでほしい記事

 

双極性障害だと診断されたけれど、何から始めたらいいのだろう?

そんな疑問に向けて、とりあえずこれだけは、と思うことを紹介します。

 

双極性障害との人生をスタートするにあたって、闘病の【土台】を作っておくと、その後の双極ライフが非常に楽になります
  

どれも、私なりに試行錯誤してみた中で、「これは必要だ」「これは効果があった!」と感じているものです。

 

余裕のあるときに、できる範囲で構いませんので、ぜひやってみてください。

でも、無理してまではやらないでくださいね!無理をするとかえって波が大きくなってしまいます。

 

※土台づくりの前に…

双極性障害を受け入れることはできていますか?

双極性障害を受け入れる最初のステップ~「自分のお葬式」をしよう~
...

 

 

 

①服薬

まず大切なのは「薬」を飲むことです。

双極性障害は「脳」の障害。しかも遺伝子レベルで起こっているので(ある意味生まれつきのもの)、努力でどうにもならない部分があります。

まずは薬で叩くことが不可欠だと私は思っています。

 

毎日必ず!薬を飲む

双極性障害では、気分安定薬や抗精神病薬などの薬を処方されると思います。

その処方薬のうち、毎日必ず飲まなければならない薬を、毎日欠かさず飲むことが、とっっっっっても大切です!

 

そして、薬の服用は、死ぬまで、一生必要です。

双極性障害でないシンプルな「うつ病」なら、もしかすると薬なしで寛解する可能性があるかもしれませんが、残念ながら双極性障害はそうではなく、毎日、必ず薬を飲み続けなければなりません(※2019年現在の医療では)。

双極性障害と診断されてしまったら、薬なしでの人生は諦めましょう。

 

たとえば目が悪い人は、メガネやコンタクトを使うことで日常生活を快適に送れますよね。

双極性障害障害の私達にとって、薬は、いわば「生きてゆくためにかかせないツール」です。

使いこなせば、生きるのは格段に楽になります。

 

※波と波の間の「落ち着いている状態」のときでも必ず、欠かさず、薬は飲みましょう。

 

 

薬の確定までが踏ん張りどころ

双極性障害の治療の土台は気分安定薬だと思いますが、その苦しいところの1つは、「処方が安定するまで時間がかかる」ことではないでしょうか。

非常に少ない量から飲みはじめて、そこから少しずつ増やしてゆかなければならない。

もし増やしている途中で副作用が出たら、それまでの時間はパー。はじめからやり直し。

 

相性がいい薬が本当に見つかるのだろうか、それまでにどのくらいの時間がかかるのだろうか…。不安になってしまいますよね。 

 

 
(ちなみに私は…)私の基本の薬は、気分安定薬のラミクタールなのですが、処方され始めの当時、飲み始めても全然効いている感じがしませんでした。

1日、1秒でも早く楽になりたかったのに、それまで通り普通に波(うつか混合状態)に襲われるし、副作用こわいし、ネットでは薬で苦労している人の話を散見するし、心穏やかではありませんでした、、、。

でも、飲みはじめてから徐々に増やしていたラミクタールが規定量(200mg/日)になったころ(飲み始めから2ヶ月半ごろ)、すっ…と、「あ、なんだか楽だな」と感じられるようになりました。
  

 

薬が決まるまでの時間は、とても長く感じますよね。

そんな中でも、できることがあります。

  

  • 淡々と、一日、一日、薬を飲む
  • 自分の心身を良く観察し記録する
  • 診察の際には医師に隠さず伝える
      

 

医師に話しにくいことはまずは身近な人に状況を聞いてもらったりして、できるだけ、ひとりで判断しないでくださいね。

副作用については、あらかじめ、副作用が出たときの対処法を主治医にしっかりと確認しておきましょう。

副作用がでたとしても、すぐに医療機関に相談すれば、死ぬことは滅多にないはずです。

 

 

納得した薬を飲めていますか?

薬を毎日飲み続けてゆくためには、処方される薬に自分自身が「納得していること」も大切です。

たとえば次のようなことは納得できているでしょうか。
  

 

  • 薬の量や種類は適切か
  • なぜ飲む必要があるのか
  • 副作用
  • 価格

  

 

薬の服用は毎日のことになるので、些細な引っ掛かりだとしても、チリも積もればで、だんだんと薬を飲むのがストレスになってきてしまう可能性もあります。 

今は納得出来ていなくてもいいので、納得できるまで、医師に相談したり、説明を求め続けたりしてみてください。

 

 

(ちなみに私は…)

私は、薬局選びについて、ジェネリックのものを取り寄せてくれない薬局はやめて、ジェネリックを積極的に出してくれる薬局を選びました。薬代がだいぶ軽くなりました。

  

また、病院も、通院がストレスに感じたり、医師の治療法に納得できない場合には、病院を転院したり、セカンドオピニオンを受けることも考えてみましょう。

▽転院の参考に

精神科・メンタルクリニックを選ぶときに確認したいポイント
...

 

飲み忘れ防止策を

薬を飲むのは、ぽいっと口に放り込むだけなので、とてもカンタンですよね。

でも、「欠かさず飲み続ける」のは、実は結構難しいんです。

普段から、飲み忘れ対策をしておくことが大切です。

 

その際には、  

 

  • できるだけカンタンに
  • ラクに続けてゆける
  • 何重にも確認できる
      

ことがポイントです。

 

(たとえば私は…)

飲み忘れ防止のために、次のようなことを意識しています。

  • 薬のシートに日付を書いておく
  • 薬を目につくところに置いておく

    薬の飲み忘れ防止対策 双極性障害 これだけはやってほしいこと

    薬のシート自体に日付を書き、左の列は朝、右の列は夜にしています。食卓の上に透明なコップに入れて置いていたことも。

  • 「薬のんだ?」と周りの人に頼んでおく
  • リズム表の薬の欄にチェックを入れる
  • カバンに予備を入れておく

    飲み忘れ防止対策 双極性障害 これだけはやってほしいこと

    出かけてから「あ…!飲んでない!」と気づくことが多いので、小さいケースに入れて忍ばせておきます。

 

他にも、

  • 曜日ごとに分かれているピルケースを使う
  • カレンダーに印を付ける

などの方法もありますね。

 

ぜ飲み忘れの予防を主張するかというと、たった1日飲み忘れただけでも、波が大きくなってしまうことがあるからです。

しんどい時間を過ごしたり、余計な行動をして、時間とエネルギーをムダにしてしまうのは、本当にもったいないですよね。

 

(ちなみに私は…)

薬を飲み忘れると私はこうなります↓^^;

飲み忘れの恐怖!薬がないと何もできない!双極性Ⅱ型障害の経験談
...

 

 

 

 

②記録をつける

「記録をつけましょう」と言われたり、記事などで見聞きしたことはありませんか?

それは、記録を付けることは「気分を安定させる」のに役つからなのです。

 

記録方法はなんでもいい

記録を付けることは、確かに、手間がかかります。めんどくさく感じることもあるでしょう。

 

記録の方法をいくつか紹介しますので、続けやすい方法を選んでみてください。

 

記録を付けるのは、出来る範囲で、気が向いたときだけで構いません。

 

記録方法を選ぶ際のポイントは、


  • 気分
  • 睡眠時間
  • 行動

  

が記録できること。

記録があとで見返しやすいかも重要です

記録を診察の際に医師に見せる場合は、記録の見せやすさも考慮しておくと後々スムーズでしょう。

 

 

(ちなみに私は…)

記録表を自分なりに作って使っています。

リズム表のメリット5つ!双極性障害の必須アイテムを取り入れよう
...
【リズム表の書き方】毎日をデータ化して最強ツールを手に入れよう!
こんにちは。双極性Ⅱ型障害のとび太(@umayano)です。この記事では、リズム表(とび太ver.)の記入方法を詳しく解説します。▽リズム表はこちらからダウンロードできますこのリズム表は、日本うつ病学会が配布している睡眠・覚醒リズム表をベー

自作のリズム表の気に入っているところは、1ヶ月が1枚にまとまり振り返りやすい(ぱっと見て波が分かる)ところと、裏表合わせていろいろ書き込めること、食事欄があることです。

 

 

 

③波のコントロール法を知る

双極性障害に関して、悲しいことに、「気分の波は本人にはコントロールできない」という記述を見かけることがあります。

ですが、私の体感でいうと、波を自分でコントロールすることはある程度できます

制御不能なくらい大きい波は自力ではムリなので、薬の服用は前提として必要だと思います。

 

  • 波が来てしまったときの対処法
  • 波が来ないようにするための予防法

を自分なりに見つけてゆきましょう。

 

▷追って、『波を穏やかにする方法』でまとめたいと思います。

 

 

④チームの結成

双極性障害は、自分でなんとかするもの、と思っていませんか?

「迷惑をかけるから、周りに頼ってはいけない…」「ひとりで生きてゆかなければならない」…

いえいえ、誰かの力を借りていいんです。

 

闘病のための協力者をつくる

双極性障害は、人間関係を壊すくらい、周りにも影響を与えてしまう障害です。

自分だけ苦しんでいるならばまだしも、他の人にたくさん迷惑(被害?)をかけてしまうのが本当に恐ろしいですよね。

 

双極性障害が原因で、何か周囲に被害が及んだとき、どうしても「双極性障害の本人」が原因だと責められがちです。

だから、自殺する人もいるのではないでしょうか。

 

双極性障害になってしまったのは、双極性障害になった本人が悪いわけでもなく、周りの人が悪いわけでもないのですから、犯人探しをしても解決にはなりません。

コミュニティ内に『双極性障害』という課題が生まれてしまった以上は、関係のある人みんなでこの障害に向き合ってゆくのが効果的ではないかと私は思います。

  

  
 
『双極性障害=本人の問題』と考えるのではなく、

  
『双極性障害=チームの問題』と考えるのです。

 

このチームは、双極性障害の本人が自分でつくります

メンバーは、自分だけでも構いませんが、主治医と、もう1人いると心強いです。

いちばん「身近」で、いちばん「被害に合う可能性が高い」、そして「精神疾患に偏見が無い」人を選ぶといいでしょう(家族、恋人、友人など)。

 

(ちなみに私は…)

私と、(主治医と)、夫をメンバーにして、【とび太の双極性障害対策チーム】をつくりました。

実の家族はメンバーに考えませんでした。

 

医師は自動的にメンバーになるので伝えなくて大丈夫ですが、医師以外のメンバーには、「チームの一員として双極性障害の治療に協力してほしい」旨を伝えておきましょう。  

※チームへの参加を断られたら、他の人を探しましょう。

※無理強いをしたり、なあなあな関係にしないことが大切です。

 

メンバーになってもらうにあたり、こんなことを伝えたらいいのではないかと思います。  

 

  • 飲んでいる薬のこと(毎日飲むことや副作用など)
  • 症状(躁/うつ/混合状態のときにどんな言動をしがちか)
  • 波が非常に大きいときのお互いの関係へのリスク
  • 協力の依頼「こういうときは、こうしてほしい」
  • 非常事態の対応(病院への連絡や緊急車や警察を呼ぶこと)
      

 

ざっくり、カンタンにで大丈夫です。

急にたくさん情報を伝えると相手もびっくりしますし、キャパオーバーになってしまうかもしれません。

 

▽ちなみに

パートナーには、精神障害を隠さず正直でいたい。
...

 

 

▷対策チームの考え方の参考となった本:『対人関係療法でなおす 双極性障害』

対人関係療法でなおす 双極性障害 感想 水島広子
対人関係療法でなおす 双極性障害の感想・レビュー一覧です。

 

 

周りの人へ障害を伝えることについて

 

「双極性障害になったから、周りの人みんなに伝えなきゃ!」

 

という気持ち、ものすごく私もそうでした。でも、ちょっと待ってくださいね。

 

双極性障害と診断されたら、周りの人に伝えた方がいいのか?

その答えは、私は、「急がなくて大丈夫」そして、「全員でなく、必要な人だけ」でいいと思っています。

伝える必要があるかどうかは、相手の事情や、お互いの関係性によっても変わってきます。

 

 

 
(ちなみに私は…)
私は、いろいろな人に伝えてみて、伝えてよかった!と思った人もいましたし、あんまり伝える必要なかったかも…という人もいました。でも、幸いなことに、伝えたことによって攻撃を受けたり、不利益を被ったことは、私はまだありません。伝えた印象としては、圧倒的に双極性障害を「あんまりよく知らない」でした。私の伝え方も良くなかったのか、「で?」という反応もありました。参考に、私がカミングアウトしたときの、周囲の人の反応を紹介します。

職場の人

「だから何?(仕事はやってね?)」と顔をしかめる反応の人もいましたし、過剰に心配をかけてしまった人(重病なのかと思われて仕事を頼まれなくなる)もいました。

職場へのカミングアウトについて思うところは、伝えるのは関係の深い仕事上必要な人だけに限り、仕事をする上でお互いに支障が出る可能性のある点、「こういうとき、こうしてほしい」ということを、伝えるのがいいのかな、と思っています。

 

友人など親しい人

「いつものとび太でしょ^^」という風に、「障害だとしてもとび太はとび太」という感じで受け止めてくれました。

関係性は全く変わりませんでした。

いい意味で、必要以上に気遣われたりしていません。

 

家族

親は、驚いて、自分の子どもが障害者だということをしばらく受け入れられなかったようでした。

私は1年近く親には伝えられませんでした。(その後、伝えたエピソード▷ついに、母に打ち明けた。

兄妹は、すぐ受け入れてくれました。

「生きてりゃいいだろ」とも言ってくれました。

 

 

 

カミングアウトの仕方は人それぞれでいい

双極性障害以外の精神障害でも、障害を「どう伝えるか?」についての考え方は共通していると思います。

 

たとえば、パニック障害と診断された、次の方の記事を紹介します。

カミングアウトは軽い感じでOKという考え方も好きですし、伝えると楽になれることが多いということにも共感します。

»パニック障害と診断されたらまずやって欲しいこと

 

周りの人に伝えるかどうかのもう1つの判断基準:EE

家族の感情表現の仕方の指標の1つに、感情表出(EE)というものがあります»感情表出と再発率について|イル ボスコ 東邦大学医学部精神神経医学講座
  

イメージは、「大げさ」とか、「過干渉」、「心配しすぎ」などです。

当事者よりも大騒ぎします。

 

たとえば、うちの親(特に母)は、この感情表出が激しいです。

母が過剰に反応することに私はストレスを感じ、消耗してきました。

 

このような、感情表出の激しい人には、「カミングアウトするかどうか」「どのように・いつカミングアウトするか」は、よく考えた方が賢明かもしれません。

親であれ誰であれ、障害を伝える「義務」は存在しないと私は思っています。

 

「双極性障害なんだ」と打ち明けて、「そうなんだ、じゃあどうしてほしい?」などと、落ち着いて受け止めてくれる人は本当にありがたいなぁと思います。

 

 

⑤手続き関係

精神疾患の人が利用できる公的支援制度のうち、代表的なものは次の3つかと思います。

(1)自立支援医療制度

(2)精神障害者福祉手帳

(3)障害年金

※それぞれの内容については略。医療機関や自治体などによって、若干呼び方が違うこともあるようです。

 

▽精神疾患持ちの人が使える制度がまとめられている記事を紹介します。

»金がないなら見て! うつになったら使える制度まとめ | メンタルハック

 

私は、まずは(1)の自立支援制度だけでも申請しておくのをオススメします。

 

それぞれの制度の手続きは、住んでいる市町村の窓口に問い合わせるのがいちばん手っ取り早いと思います。

直接窓口に行くか、電話で問い合わせて必要なものを確認してから行くのもスムーズでオススメです。

私の住んでいる市では、障害福祉課という窓口が担当していました。

 

(1)自立支援制度

双極性障害と診断されたら、早めに申請をしてほしいオススメな制度です。

申請も、比較的カンタンです。

地域で異なるかもしれませんが、役所で指定の診断書用紙を受け取り、それを精神科の主治医に記入してもらう流れになるかと思います。

 
双極性障害と診断されたばかりの時期は特に、薬をあれこれ試して薬代がかかりがちなので、自己負担分が1割になるのはとても金銭面で助かると思います(しかも、その自己負担分も、ある金額以上は無料になるのです!(前年度の収入により、いくらまでかは変わってきます))。

 

双極性障害は、病院代(診察料と薬代、通院費など)が一生かかります。長い目で見てもメリットは大きいです。

 

通っている精神科と薬局が自立支援制度を使えるかどうか確認を!

私は、いままでのメンタルクリニックが自立支援制度の対象外だったため、1年半以上はこの制度を使えませんでした;

1年以上3割負担でしたが、それでもそのメンタルクリニックに通院を続けたのは、それでもいいと思えるくらいいい医師だったためです。

その後転院し、現在通っている精神科は自立支援制度が使えるので、申請を始めているところです。

精神科の診断書を書いてもらう際には、あらかじめ、いくらくらいの金額になるか確認しておくのをオススメします!(私は先日、病院の会計窓口でお金が足りず、冷や汗をかきました。。。^^;診断書は5400円しました……。)

 

 

(2)精神障害者手帳

これは、持っていなくてもいいかな、と長らく感じていました。

手帳を持っていると公共交通機関などで割引を受けられるそうですが、普段は車で生活していて、公共交通機関をあまり使わないためというのもあります。

自立支援制度とまとめて申請できるそうなので、ついでに申請しています。

 

また、精神障害者枠で就職活動をするときに障害者手帳が必要、というイメージがあるのですが、ハローワークで就職活動をする場合は医師の意見書があれば手帳は無くても大丈夫だそうです。

ただ、ハローワークの障害者枠で就職する際には、採用側から手帳とってと言われることもあるかもしれないとのこと。職場が障害者雇用率を上げる申請をするためには、手帳を持っていることが必要なためだそうです。

 

▽参考に、手帳を活用している統合失調症の方の記事です。

【厳選】精神障害者保健福祉手帳で使ってるサービス3つ | がじゃらぼ
どうも、がじゃまるです。 今回は精神疾患を患って申請した手帳…。 その精神障害者保健手帳の中で何が使えるか!という記事(独断)です。 で本題。 手帳ね。 正直なところだけど……。 人によっては大いに使い道あるって人もいると思うけどね。 正直な所、むっちゃ活用できるかっていうとそうでもないんだよね(汗) 確かに金銭的なサ...

 

(3)障害年金

障害年金については、受給のハードルが高いうえ、手続きが大変そうな印象です。

私は、申請するかどうか自体、考え中です。

以前の主治医には、「とび太さんの症状だと障害年金をもらうのは難しいだろう(日常生活が送れているため)」と言われたことがあり、積極的になれずにいます。

また、私は夫と生活しているので治療費は今のところ工面できるのと、障害年金を申請しようとした方が手続きなどでストレスを感じそうだなと思うのも、申請していない理由です。

 

▽労務士に協力してもらうとスムーズだそうです

精神疾患者の障害年金は社労士に任せたほうがいい理由 | メンタルハック
精神疾患者の障害年金の申請は、社労士を使ったほうが安心安全です。一度不支給の判定を受けて審査請求をしても通る確率はかなり低いです。社労士によっては、審査請求の仕事を断ることもあるそうなので、最初から社労士使ったほうがいいですよね。

 

 

最後に

双極ライフの土台づくりには、どうしても労力は必要です。

自分から行動しなければならないこともあるかもしれません。

 

でも、応援しています。

一気にでなくていいので、少しづつ、出来る範囲でやってみてください。

 

ラクに生きられる日がきっときます。

次に紹介する方法などを試しながら、それまでどうにか時間をつないで、自殺しないでいてくださいね。

 

一緒に日々をこなしてゆきましょう!

 

 

 

▽まとめ記事に戻る

「人生終わった…」双極性障害と診断されたら読んでほしい記事まとめ
...

 

コメント