夫が子供の面倒を見てくれない!?そんなときは【当番制】が超おすすめです!

 

 

こんにちは。とび太です。
 
現在、夫と、2ヶ月の息子と3人で暮らしています。
(私は専業主婦、夫は土日休みの仕事をしています。)
 
 
「夫が休みの日は休日は、育児を手伝ってもらえて、楽〜♪」
 
・・・のはずが、
なぜか真逆…。
 
土日になると「つらい!」日が増えていました。
(夫はよく子供の面倒を見てくれるのですが…。)
 
▽”休日鬱”という感じです。
無職・専業主婦の【休日鬱】なぜ土日に落ちてしまう?原因と解決策!
土日に鬱になってしまう…そんな週末を何回も繰り返してきました。そんな”休日鬱”の原因は、①生活リズムが乱れる②平日以上に自分のペースでできない③コミュニケーション量の増加。そこで『土日に落ちないための方法』を考えました。
 
そして一昨日、またヒステリーを起こしてしまったのをきっかけに、夫と家族会議を実施。
 
『休日の育児をどうしたらいいのか?』話し合ってもらい、
そして、ついに、我が家の解決策を見つけることができたのです!
 
 
その解決法とは・・・
 
休日の育児は『交代交代に』やる
 
です。
 
たとえば、「午前中は私で、〇〇くん(夫)は午後ね」という感じで、時間で分担します。
 
…え、それだけ?っていうくらいシンプルですが、育児のストレスをすご~くスッキリ解決できました!
こんな人におすすめ
※働いているのがママさんの場合は、「夫」→「妻」に置き換えてください。
  • 「なんでやってくれないの?」とストレスが溜まりがち
  • 気を遣いすぎてしまうので、なかなか頼めない
  • 夫に頼むなら自分でやってしまった方が楽、と思ってしまう
(私は特に2。夫に息子を任せても「無理しているんじゃないか」と考えてしまって、結局は、気疲れしてしまっていました。)
 
 
この記事で紹介する『育児の当番制』は、
  • とてもよく育児してくれるパパ
  • あまりみてくれないパパ
の、どちらのパパとも活用してもらえると思います。
 
(話しても無理だよ〜、と思われるかもしれませんが、もしかするとパパは「どう子育てに関わったらいいかわからない」だけかもしれませんよ!)
 
 
『当番制』で、ストレスいっぱいのママさん・パパさんが少しでも楽になってもらえたら嬉しいです。
 
 
 
 

休日の育児は『当番』を決めると楽!

私たちは、【時間】で分けることが多いです。

たとえば、

  • 午前or午後(夜は手が空いている方が見る)
  • ミルクからミルクの間
  • ○時〜○時

といった感じで、息子を交代交代に世話します。

 

その日の分担をどうするかは、その日の朝に相談することが多いです。

 

当番は途中で変わってOK

「○時~○時は私(夫)が担当」と決めておいたとしても、子どもに合わせると、予定どおりにならないことも多々。

 

夫が休みの日に限って、子どもがいつもと違う…ということもありますよね。

(家族とはいえ普段と違う環境になるからでしょうか。)

たとえば、「午前中は息子が昼寝するから、私は午前中の担当にする!」ってなっても、結局寝てくれなかった…(泣)なんてことも。

 

予定をきっちり進めようとすると、そうならなかったときに余計にストレスになってしまうと感じました。

なので、あらかじめ、「状況が変わったら、そのときまた話し合う」という感じにしておくのも大切だと思います。

 

 

できないときは自分から言う

分担を決めておいても、時間が来たときに、こなせないときもあると思います。

急にやることができて忙しくなったとか、体調が悪くなったとか、思ったより疲れてしまった…とか。

 

できないときは、自分からできないことを伝える。

それも大切だなぁと思います。

できないときは、また分担を考え直してもらいましょう。

 

逆に、もしパートナーからSOSを出されたときは、ちょっと負担が増えてしまいますが、お互い様…という感じでやっていけたらいいですね。

(当番制の意味ー!ってなりますが…次に期待しましょう!)

 

 

育児の『当番制』の良いところ

『当番制』の特に「ここがイイ!」という点は2つあるなと思っています。

 

良いところ①:自分の時間ができる

担当じゃない時間帯には、自分の好きなように、思いっきり自由に過ごせます

これが、嬉しい。

 

「何時まで」と、おおよそ分かるので、メリハリもつきます。

 

昼寝が気兼ねなく、ゆっくりできる。

堂々と自分の趣味をやっていてもいいし、もし旦那さんが大丈夫そうなら、外出だってOK。

 

そして、担当が回ってきたら、今までよりもっといい笑顔で子どもに向き合えそうですよね。

こんな感じで、『当番制』にするだけで、24時間休みなしの毎日に、”自分の時間”ができるんです!

 

”相談疲れ”を減らせる

私と夫は、お互い気を遣ってしまう方だったので、ミルクの時間が来たり、息子が泣いたりという度に、「どうする?」「どっちがやる?」「私がやろうか?」と【相談】が生まれていました。

無数に生じる【相談】が、ストレスでした。

(”相談”や”交渉”のような話(コミュニケーション?)をするのがとても苦手です。)

 

『当番制』にすると、担当の時間には、基本的に全部担当の人がやります。

こまごま相談する必要が無くなるので、相談にかけていた分の余裕ができます

子供のことに集中でき、子供にとっても良さそうです。

 

 

まとめ

もう一度お伝えすると、
私の休日の育児ストレスを減らす方法は、『当番制』でした。
 
交代交代に子供の面倒をみるようにするだけです。
 

当番制の大きなメリットは、

  • 自分の時間ができる
  • ”相談疲れ”を減らせる

があります。

 

「交代交代にやる」…今までなんとなくやってきたとしても、改めて、旦那さんに提案してみませんか?

 

 

最後に

“休日うつ”で困っていたときの家族会議での、夫が、
 
「人は長いこと一緒にいて、少しずつ相手のことが分かってくる」
 
と言いました。
 
私たちは付き合って2年、結婚して1年。
すごく相手のことを分かったような気がしていましたが、まだまだ全然でした。
 
これから、夫と暮らして何十年経っても、私もきっとまた、不安定になってしまうことが幾度となくやってくるんだと思います。
 
そんなときも、家族会議をして、ふたりで乗り越えていきたいです。
 
 
 
 
それでは、最後までお読みくださりありがとうございました。
 
 
 
▽何か行き詰まったら家族会議してみてください♪
【”ゆる”家族会議】のすすめ!もっと夫婦円満で平和な毎日に!
『ゆる家族会議』とは、夫/妻といったパートナーと【問題解決】をするのにとてもオススメの方法です。日々のイライラ、ストレスを溜める前に、『ゆる家族会議』をしてスッキリ解消しましょう!なんでも話しやすい、最強のふたりになれるはず。

 

 

▽新米ママが気づいた育児のコツ

子育てのコツ【育児がすごく楽になる】0〜6ヶ月児向け
子育てが楽になる育児のコツを紹介します。生後0〜6ヶ月くらいの乳児向けです。やってみてほしいのは、①生活リズムを揃える(親も)/②『環境の変化』を小さくする/③トラブルが起こったら『最近この子に何があったか?』をまず考える/④ネットで調べるときは検索ワードを3つ入れる、という方法です。

 

 

コメント