双極性障害を周りにカミングアウトしたほうがいい?私が実際に打ち明けてみて思うこと

双極性障害を周りにカミングアウトしたほうがいい?私が実際に打ち明けてみて思うこと 人間関係

photo:nelu-paps-Qw0QnXSC-Wk-unsplash

 

こんにちは。双極性Ⅱ型障害のとび太(@umayano2)です。

 

双極性障害と診断されて、双極性障害になった。

そして皆さん、周りの人に伝えるかどうかは、どうしてますか?

 

私は、現在はどんな人にも双極性障害についてオープンになりました。

訊かれたらなんでも答えています。自分の障害に興味を持ってもらえるって嬉しいな、と思う方です。ただし、双極性障害の話題にならなければ自分からは話さないことが多いです。

 

今でこそ、このくらいオープンになりましたが、双極性障害と診断されたての頃は、「周りの人に双極性障害を打ち明けるかどうか?」、考えるだけですごく苦しかったのを覚えています。

「早く伝えるべき」と思う一方、「伝えたら嫌われてしまうかもしれない」「仕事がなくなるかもしれない」など、ネガティブなこともどんどん湧いてきて、頭がバリバリしました。恐怖でしたし、とても焦り、過食嘔吐にもつながりました。

 

カミングアウトをどうしたらいいか分からなかったのは、双極性障害と診断される2年ほど前の、「うつ状態」と診断された頃からずっとだったかもしれません。メンタル疾患(精神疾患、精神障害)って、なんとなく言い出しにくいですよね。偏見とかも、まだまだゼロではないでしょう。

 

双極性障害ということをカミングアウトした方が良いか?と迷っている人に向けて書きたいと思います。

私の経験が、何かの参考になりましたら幸いです。

 

▽職場へのカミングアウトについてはこちら

双極性障害を【職場】に伝えた方がいい?精神疾患の職場への伝え方
こんにちは。とび太(@umayano2)です。双極性障害を周りの人に打ち明けるべきか?ということについて、前回の記事でまとめさせていただきました。この記事ではさらに、「職場」についてポイントを絞り、「職場への伝え方」について詳しく書きたいと

 

双極性障害をカミングアウトした方がいい?

 

双極性障害と診断されたら、周りの人に伝えた方がいいのか?

その疑問に対する私の答えは、

「急がなくて大丈夫」。そして、「全員でなく、必要な人だけ」でいいと思っています。

 

クローズ(精神疾患を持っているということを打ち明けないでいること)でいたとしても、罪ではありませんし、関係が必ず崩壊するということも無いと思います。

正解は無いので、この記事を参考にしながら、焦らずゆっくり考えていってもらえたらと思います。

 

ちょっと待って!今伝えるべきなのでしょうか?

「双極性障害になったから、すぐみんなに伝えなきゃ!」

という気持ち、ものすごく私もそうでした。

でも、その焦りや不安がある状態のうちは、行動しない方がいいかもしれません。

 

双極性障害と診断されたときって、調子が悪いときが多いのではないかと思います。多くの人が鬱エピソードになって、それで気づいて病院に行くと聞きます。実際私も、【激鬱】になってようやく精神科にかかりました。

つまり、「カミングアウトしたほうがいいか?」と考えている今この時点は、【鬱】あるいは【混合状態】の症状が出ている可能性が高いと思います。鬱や混合状態で焦りや不安が出ているかもしれません。≫気分の種類(躁/うつ/混合状態)

 

そんな風に、症状が出ているときは、波が落ち着くまで、行動や重要な決断はしない方がいい!と私は思います。

 

カミングアウトする人の判断基準

双極性障害を伝えるかどうかは、相手の事情や、お互いの関係性によって変わってくると思います。

 

判断の基準の1つは、

・相手との関係を長く続けていきたいかどうか(あるいは、長期間関係が続くことが分かっている人かどうか)

だと思います。

 

誰でも、いろいろな人と関係があると思いますが、その中で私が特にこの人には、と思うのは、恋人や配偶者です。

 

伝えたほうが良い人:恋人、配偶者

恋人(彼氏、彼女)、配偶者には、なるべく早めに障害と診断された事実を伝えたほうが良いと私は思います。

 

▽恋人に伝えなかった結果、悲しい結末になった話

パートナーには、精神障害を隠さず正直でいたい。
...

 

障害であることを伝えて関係が終わってしまうとしたら、その程度の関係だったということだと思います。また、双極性障害の症状改善を真剣に考えなければならないということもあるかもしれません。

 

伝えない方がいい人:高EEな人

家族の感情表現の仕方の指標の1つに、感情表出(EE)というものがあります参考»東邦大学医学部精神神経医学講座

簡単にいうと、「大げさ」とか、「過干渉」、「心配しすぎ」などです。家族に高EEな人がいると、精神疾患が改善しにくいそうです。

 

高EEな人は、当事者よりも大騒ぎします

双極性障害だということを伝えて、過剰に心配されたり、攻撃されたり、誰にでも言いふらしてしまったり、腫れ物に触るように扱われたり…そんな風にされたら困りますよね。

 

私の周りでは、たとえば親(特に母)は、この感情表出が激しいです。母が過剰に反応することに私はストレスを感じ、消耗してきました。「つらい」とか、「~してほしい」とか、そういうことも言いにくくなりました。結果、溜め込んで鬱になった面もあると思います。

 

このような、感情表出の激しい人(高EEな人)には、「カミングアウトするかどうか」自体も考えたほうがいいですし、「どのように・いつカミングアウトするか」も、慎重に考えた方が賢明かもしれません。

 

「なんでもっと早く言ってくれなかったの!」と怒られるかもとか、逆ギレされるかもとか、不安を感じたりしますか?私も、それがすごくこわくて「早く母に伝えた方がいいのでは」と焦りました。実は、そういう不安を感じるのであれば、その相手は高EEの可能性があります。なのでそう感じる人にはすぐ伝えなくてもいいと思います。

 

EEが低い人に打ち明けよう

双極性障害を打ち明けて、「そうなんだ、じゃあどうしてほしい?」などと、落ち着いて受け止めてくれる人から打ち明けていきましょう。

 

 

【経験談】打ち明けてみた結果

私は、双極性障害と診断された後、いろいろな人に伝えてみて、「伝えてよかった!」と思った人もいましたし、「あんまり伝える必要なかったかも…」という人もいました。

でも、幸いなことに、伝えたことによって関係を絶たれたり、攻撃を受けたり、不利益を被ったりということは私はまだありません。

伝えた印象としては、圧倒的にみんな双極性障害をあんまりよく知らない、でした。私の伝え方も良くなかったのか、「で?」という反応もありました。多分みんな、私に気分の波があるのは分かっていたのでしょうね。

 

私がカミングアウトしたときの周囲の人の反応を紹介します。

恋人(彼氏)

双極性障害と診断された当時は付き合いたてでしたが、現在は夫です。夫には、精神科で双極性障害の診断を受けるより前に「双極性障害かも」と伝えました。付き合いたてだったのもあり、振られてしまうのではないか、すごく怖かったです。離れたところに住んでいたので、電話で伝えました。

精神科をどうやって探したらいいかとか、職場にはどう伝えようとか、そういう現実的な相談を私はすぐに夫にしはじめていたように思います。

 

ちなみに夫は、付き合う前から、私が会社を辞めたこと知っていましたが、辞めた原因が「メンタル面(たぶん鬱)」だということはなんとなく分かっていたようです。そして、付き合う前に、私は「彗星になった話(躁転のときの話)」をすごい勢いで話していたようです(このときは私はまだ自分が双極性障害だということを知りませんでした)。

夫はその彗星の話を聞いて、「こいつ躁だな」とは考えなかったようですが、よくそんな話を熱弁されてドン引きしないでいてくれたな、と感謝です。

 

夫に「双極性障害かも」と打ち明けられてどうだった?と訊いてみたところ、「特になにも印象に残っていない」だそうです。つまり、夫にとって、私が精神疾患になったという事実は、あまり大したことではなかったようです。

 

大半の人にとっては、どうってことないことみたい

私達精神疾患の当事者にとっては、診断が付くということは「人生終わった」と思ってしまうくらいインパクトのある出来事ですよね。でも意外と、そうでない健常者の多くは、私達が思っているほどは精神疾患に対して特別な想いを持ってはいないのかもしれないな、と感じています。生きていれば誰しも何かしら病気にはなるよね~くらいの、フラットなテンションで関わってくれる人が多いように思います。

 

 

職場の人

双極性障害になった当時、私は牧場で働いていました。一緒に働いていたのは牧場主の夫婦と、もうひとりの男性の従業員1人です。≫私の酪農経験談

「だから何?(仕事はやってね?)」と顔をしかめる反応の人もいました。一方で、過剰に心配をかけてしまい(重病なのかと思われた?)、仕事を頼んでくれなくなった(気遣いをしてくださった)人もいました。

ちなみに、牧場の人たちは、私が牧場に就職したときから私が鬱で会社を辞めたことも知っていましたし、双極性障害の診断をもらう前に「どこか良い精神科ないですかね…」みたいな相談をしていたので、精神疾患持ちなのは知っていました。

双極性障害を【職場】に伝えた方がいい?精神疾患の職場への伝え方
こんにちは。とび太(@umayano2)です。双極性障害を周りの人に打ち明けるべきか?ということについて、前回の記事でまとめさせていただきました。この記事ではさらに、「職場」についてポイントを絞り、「職場への伝え方」について詳しく書きたいと

 

友人など親しい人

「いつものとび太でしょ^^」という風に、「障害だとしてもとび太はとび太」という感じで受け止めてくれました。

双極性障害の本を見せながら躁鬱だ、と伝えて、「いつもやん!」とサラッと返してもらえたときは、意外だったというか、すごくホッとしたというか、嬉しかったです。

 

幸い、友人たちとの関係性は全く変わりませんでした。いい意味で、必要以上に気遣われたりしていません。

友人の中には、過去のことを謝罪した人もいます。そのとき私は緊張しすぎて相手の顔をしっかりみれていなかったので、許してくれたのかどうかはわかりませんが、その後も変わらず会ってくれています。

友人は、伝えても伝えなくても、どちらでも良い気がしています。体調とかの話題になったら話す、くらいで良いのかなとも思っています。

 

家族

私は1年近く親には伝えられませんでした。(その後、伝えたエピソード≫ついに、母に打ち明けた。

親は、驚いて、自分の子どもが障害者だということをしばらく受け入れられなかったようでした。母には直接言いましたが、父には言っていません。ですがすぐ伝わったようです。高EEな母親ですが、「訊かれたら言ってもいいけど、あんまり言いふらさないでね」と言ったのを聞いてくれ、家族以外の人にはあまり私の双極性障害のことを言っていないような気がします(多分…)。

 

兄や妹は、すぐ受け入れてくれました。

「生きてりゃいいだろ」とも言ってくれました。

うつ病を何人も出している家庭ですが、カミングアウトは慎重になってしまいました。いや、うつ病を出すような家庭だから、言いにくかったのかもしれません。

親も、きょうだいも、『双極性障害』『躁うつ』という病気を知らないようでした。

 

家族の接し方は、大きく変わった感じはあまりありません。なんとなく優しくなったかな…?という感じです。私も気楽に家族と接することができるようになってきましたし、家族も私に接しやすくなったということかもしれません。わかりませんが、伝えて良かったなとは思っています。

 

 

オススメのカミングアウトの仕方

双極性障害だということをカミングアウトするときに、伝えておくと良いかな、と思うことは、

  • どんなときがつらいのか
  • どんな困難があるのか
  • 「こう接してほしい」と思うこと

です

大事なポイントは、相手と関わりがある点についてを、ざっくりと簡単に】だと思います。

詳細を伝えるかどうかは、相手が聞きたがるかどうかで調整してください。

 

双極性障害だということを打ち明けられたとき、「どうしてカミングアウトしたのだろう?」と気になる人もいるかもしれません。伝えた相手はもしかすると「私になにかしてほしいのかな?」「どう接したら良いんだろう」と思うかもしれません。そういう風に不安にさせてしまったとしたら、その不安は解消してあげれるようにしたいですね。

 

たとえば友人に「こういう風に接してほしい」ということが今の時点でわからないときは、下の記事を参考になさってみてください。

双極性障害の【友人の接し方】当事者が「こうして欲しい」と思うこと
双極性障害の【友人】に対して「どう接したら良いのか?」について、双極性障害の当事者が「こう接して欲しい」思うことをまとめました。双極性障害を始め、うつ病などのメンタル疾患の友人への接し方としても参考にしていただけるのではないかと思います。

 

▽職場の人についてはこちらも合わせてどうぞ

双極性障害を【職場】に伝えた方がいい?精神疾患の職場への伝え方
こんにちは。とび太(@umayano2)です。双極性障害を周りの人に打ち明けるべきか?ということについて、前回の記事でまとめさせていただきました。この記事ではさらに、「職場」についてポイントを絞り、「職場への伝え方」について詳しく書きたいと

 

オススメしない伝え方

双極性障害をカミングアウトしたことがきっかけで関係が悪化したら悲しいので、少し、これは止めておいた方がいいのではないかなと思うことを書きたいと思います。

NGその1:つらいこと、絶望ばかり話す

たとえば「死にたい」とか、「双極性障害になって人生終わってしまった…」とか、「こういう風に自傷してしまう」とか、そういうネガティブなことは、自分からは話しすぎない方が良いと思います。

相手にカミングアウトするのは、あくまで「その人とこれからもずっと良い関係でいたいから」であって欲しくて、「つらい気持ちを受け止めてもらいたいから」というのは違うのではないかと思うのです。双極性障害の人が絶望している気持ちはだいたい鬱とか混合状態の症状が出ているときだと思いますが、ふつうの健康なメンタルの人にはわからない領域だと思います。大切な相手を鬱に引き込んでしまう危険もあります。

 

つらい気持ちや絶望を感じていることなどについて話したい、苦しい、共感してもらいたいといったときには、まずは病院のスタッフやカウンセラーに話してみるのもいいと思います。

私は人に話すのが苦手なので、ノートなどに書き出すことが多いです。

もちろん、相手が訊いてきてくれたときは、自分の気持ちを話していいと思います。

 

NGその2:双極性障害の本をいきなり渡す

双極性障害に関する本を渡したり、双極性障害についての資料を作って渡したりするのは、あまりオススメできません…。

相手が知りたいかどうかは、相手が決めること。双極性障害について詳しく知りたい人は、質問を返してきてくれたり、自分でネットや本で調べたりしてくれると思います。

 

私は、伝え方が分からず、双極性障害の本を職場や友人に渡したり、メモにまとめて渡したりしました(老眼で読めないから、ごめん、って返された人もいました)が、止めておけばよかったなと思っています。

誤解のないように、相手に分かるように伝えなきゃ、という気持ちは良いことだと思いますが、相手にも知りたいときとそうでない時があることを頭の片隅においておきたいですね。

 

 

カミングアウトの仕方は人それぞれでいい

双極性障害以外の精神障害についても、障害を「どう伝えるか?」についての考え方はある程度共通しているのではないかと思います。

 

たとえば、パニック障害と診断された方の記事を紹介します。

»パニック障害と診断されたらまずやって欲しいこと

カミングアウトは軽い感じでOKという考え方も好きですし、伝えると楽になれることが多いということにも共感します。

 

誰に、どういう風に伝えるか、について決まりは無いです。何人かに伝えてみて、もししんどくなってきたら止めたらいいと思いますし、「あ、今言えそうだな」というタイミングをのんびり待つのも良いと思います。

 

 

謝罪について

双極性障害をカミングアウトしようと思った時に、同時に私が気になっていたのは、双極性障害と診断されるまでに積み重ねてきた「失礼なこと」「迷惑をかけてきたこと」「調子こいていたこと」など、、、【謝罪】をどうするかでした。

双極性障害と診断された途端、頭から水をかけられたような気持ちですよね。ほんと、申し訳なかった。でも、それを含めてこの障害。自分が双極性障害と知らなかったのですから、どうしようもなかったんです。

でも、「双極性障害の自覚がなかったから、仕方ない。無かったことに」というのはダメだと思います。過去、特にこちらが加害者側の過去は、勝手に消しちゃいけないと思います。

 

謝罪は一回に、本気で。

過去にしてしまった過ちについては、相手の目を見て真剣に謝罪し、これからはなるべく気をつけます、と思えたらいいのではないでしょうか。

 

過去に何か迷惑や傷を与えてしまった相手だとしたら、顔を見る度に謝罪したくなると思います。ですが、謝罪は、障害をカミングアウトしたそのときで良いと思います。あとは、相手からその過去を指摘されたり、その過去の話が話題になったとき。

 

何度も何度も合う度に謝られるのも、嫌な気持ちをまた味わうことになって、相手は不快でしょうから…。

 

 

まとめ

以上、「双極性障害と診断されたらカミングアウトした方がいいか?」ということについて書かせていただきました。

 

私の考えは、

「急がなくて大丈夫」。

そして、

「全員でなく、必要な人だけ」

です。

 

双極性障害をカミングアウトしたことで、もし関係が終わってしまったら、、、と想像するとこわいですよね。でも、それは伝え方次第だと思っています。

 

大切な人にこそ、「どういう風に伝えるか」を丁寧に考えてみてください。

 

でも、経験から言うと、あんまり心配しなくて大丈夫ですよ!

 

 

 

▽職場でのカミングアウトについて

双極性障害を【職場】に伝えた方がいい?精神疾患の職場への伝え方
こんにちは。とび太(@umayano2)です。双極性障害を周りの人に打ち明けるべきか?ということについて、前回の記事でまとめさせていただきました。この記事ではさらに、「職場」についてポイントを絞り、「職場への伝え方」について詳しく書きたいと

 

▽双極性障害と診断されたばかりの人へ

「人生終わった…」双極性障害と診断されたら読んでほしい記事まとめ
「双極性障害になったらまずどんなことをしたらいいか」をまとめました。双極性障害と診断されたばかりの人はもちろん、症状改善を目指している人などにも活用していただけると思います。内容は全て私が実際に経験したものを元にしています。

 

コメント