(覚え書き)ダニ退治の手順。コインランドリー乾燥&掃除機&スプレー

 

今年も我が家にダニが出てきました。

 

去年もすごくダニが出て、去年はダニの殺虫剤でやったんですが、今年は赤ちゃんがいるので殺虫剤はやりたくなく…。

 

今年は、『熱』を使ってダニ退治してみました!

コインランドリー乾燥を活用し、かかった費用は600円ほど。

 

反省点…

お金はケチっても掃除機の手間はケチらないこと!

 

かなり退治できたみたいなので、書き記しておこうと思います。

 

殺虫剤が苦手な人や、赤ちゃんがいるお家にもおすすめな方法です。

 

 

コインランドリー活用!ダニを完璧に殺す方法

※ダニはどうしても部屋のどこかには残ってしまうので、『全く』いなくなるとは言い切れないです!ご容赦ください。

 

①コインランドリーに持っていく

ダニがいそうなものを、まとめてコインランドリーに持っていきます。

汚いもの以外は洗わなくても良いかも。(乾燥させた後に全部洗うから。)

 

シーツなどの大きい布を風呂敷代わりにすると沢山まとめられて◎。

 

一気に全部やる

特に寝室は、迷わず全部コインランドリーに持っていくこと。

どこかに残っていると、そこからまたダニが移って、また持って行かなきゃならなくなる。(失敗済み)

それはむちゃくちゃストレスでした。

 

運ぶときに着ている服にもダニが付くかもなので、なるべくフワフワしてない服にするといいかも。

 

 

②乾燥機にかける

コインランドリーの乾燥機で、高温で10〜20分かける。

いちばん大型(25L?)のやつでも、10分100円ほど。

大型2台で全部入りました。

▽今回持っていったもの

  • 布団カバー(シングル2枚)
  • ベッドパッド(1枚)
  • タオルケット(4枚)
  • ソファに履いてた布
  • まくら+カバー(3組)
  • クッション+カバー(5組)
  • バスタオル(6枚くらい)
  • 服(パジャマ1枚)

など。

 

ゴムの部分とかとかも、高温でかけて大丈夫でした。

(最初ビビって片方中温で20分かけたけど、大丈夫だったから、はじめから高温にすればよかった。)

 

ポリエステルのまくらの安いやつは、中のワタがかなり偏りました。

 

乾燥機の前の人のゴミが気になるときは…

洗濯槽洗浄が付いた、洗濯機の方の乾燥を使うと良いかもしれません。

 

 

③ダニが付かないように持ち帰る

持ってくるときに車に乗せた部分とか、まだ掃除してない部屋の床にはダニがいるかもなので、戻ってこないように、きれいな袋などに入れて持ち帰る。

45lのゴミ袋が便利でした。

 

 

④部屋の掃除をする

床の掃除機をかけ、雑巾で拭く。

(雑巾の方が良いけれど、フロアワイパーでも大丈夫だと思います。)

布団には、掃除機をかけておく。

 

洗濯槽も掃除しておくと◎

ダニを抹殺した布たちを後で洗濯するので、その前に洗濯槽を綺麗にしておくのがおすすめ。

洗濯槽クリーナーは、塩素系が手っ取り早いしスッキリで私は気に入っています。

(酸素系でも良いけれど、酸素系はお湯が必要だし、ピロピロが無限に出てくるから…。)

(水道水にも塩素入ってるから大丈夫!と思って…)

 

 

⑤乾燥機かけたやつを掃除機かける

ここがいちばん大変だったけど、すごく大事。

なぜなら、コインランドリーで乾燥機かけたシーツとかそのまま敷いて寝たら、埃っぽくて辛すぎる。

(マスクして寝ました。)

死んだダニが粉々になって、ハウスダスト化すると読んだけど、想像以上だった。

 

コインランドリーで熱を加えてきた布製品たちに、掃除機をかける。

表と裏、ざっくりで構わないと思う。

(徹底的にやるのはすごく大変かも…いい運動になりますね!)

布団の上に広げてやると、動かなくてやりやすい。

 

 

⑥洗濯する

さらに、洗濯すると、もっとハウスダストが取れた気がします。

シーツ、枕カバー、掛けるものあたりは洗った方がいいかもしれません。

(お金の余裕があれば、コインランドリーで洗濯→乾燥をやってしまうと楽かもしれません。)

 

 

⑦完了!

ここまでやると、すっきり、チカチカかゆかゆしなくなっているはずです!

 

防ダニスプレーもやってみた

せっかくダニを減らせたので、また復活するまでの時間をできるだけ稼ぎたい…。

ということで、買ってみましたダニスプレー。

(覚え書き)ダニ退治の手順。コインランドリー乾燥&掃除機&スプレー

私はケミカルな感じのものが苦手で…検索上位で出てきた、ピュアイズムというシリーズのもの。

(※完全ノンケミではないようです)

(※左側のは詰め替え用を家にあったボトルに入れてみました)

 

無香タイプと、カモミールのどちらも買って比べてみましたが、どちらも匂いは控えめ

 

 

 

 

 

おわりに

 

どれだけ徹底的に駆除しても、ダニをゼロにはできない。

部屋の壁にいるかもだし、外に出かけたら誰かの服から飛んできて持って帰ってきてしまうかもしれないから…。

 

だから、出たときに、一気にやる。

1日を費やしてしまうかもだけど、ワンコインでスッキリ。

大量発生を繰り返してしまっても、その度に何度かやればダニシーズンを乗り越えられるはず…。

いつまでダニとの戦いが続くんだろう…と先が見えないより、気が楽になりませんか?

 

来年は北海道にいるから使わないかも?ですが、いつかダニが出たらまたやりたいと思います。

 

 

それでは。

ダニといい距離保って生きていけますように。

 

 

 

 

コメント