1日でも早く双極性障害と診断されたくて全力で診断を取りに行った話

双極性障害×性。気分との関係、体の変化、セックスなどの性生活について。 経験談

 

私は、26歳の冬に、双極性2型障害と診断されました。

自分としては、すごく双極性障害と診断されたくて、【自分から】診断を取りに行った、という気持ちが強かったです。

 

初診で、一発で診断を貰えたのはすごく嬉しかったです。

 

 

あれ?しんどい…

道東の牧場で働いていた頃でした。

毎日ほぼ同じ仕事を繰り返しているのに、しかももう2年目なのに、どんどん仕事がしんどくなっていくのです。

 

なんでかな、なんでこんなにしんどいのかな、何がストレスなのかな、と考えていました。

自分では、『自分は健康』だと思っていたので(≫半年前の躁で信じ込んだ双極性Ⅱ型障害【経験談~躁編】その夏、躁は彗星のようにやってきた)、

ストレスは職場のせい?とか、人間関係のせい?とか思っていました。

 

仕事中、毎日のように、牛舎の影に隠れて座っていました。

休憩を入れないと、しんどくて作業ができないのです。

座りながら、ふと気づきます。

「こうやって座るの、あの『うつ』のときと同じだ…。」

(会社の近くにある公園のベンチで、何十分も座っていたことがあったのです。)

≫双極性II型障害【経験談〜うつ編】人生で初めての精神科から退職へ

 

ちょうどこの頃、同時に『自分は双極性障害かも?』と思い始めていました。

【経験談】私が過食嘔吐をしはじめて双極性障害と診断されるまでの話

でもどこか、「多分違うわ」、と思っていました。

そうしているうちに、突発性難聴(右耳の耳鳴りと聞こえにくさ)になります。

これが、私の迷いを消しました。

 

このしんどさは、職場や人間関係のストレスだけじゃ説明できない。

自分の中から来ている。

 

双極性障害なのか・・・!

 

 

1日でも早く薬が飲みたい!

とにかくしんどかったので、なんでもいいから早く楽になりたかったのです。

身体は、熱があるときみたいな感じ。視野も狭い。

落ち込みよりも、不安や焦り、被害妄想、過食嘔吐がひどかったです。

双極性障害の【身体症状】 症状は体や感覚にも出る

 

双極性障害について調べたところ、

『うつ病』と似ているくせに、抗うつ薬を飲むと症状が悪化するらしい。(それは絶対、嫌だ。)

薬はてんかんの人も使うことがある『気分安定薬』だけど、副作用が出るかもしれない。(今より辛くなったらどうしよう)。

でも双極性障害は新しめの診断で、医師にも判断が難しい…。

(技量のある精神科医に診てもらわなければ……!)

 

 

ということで、私は【双極性障害の診断をもらう】ために、全力で臨むことになります。

 

 

 

リスキーすぎる病院選び

とにかく、そもそも鬱の波の中にいましたから、焦りとかネガティブ思考がひどいわけです。

激鬱だったり、混合状態だったりでした。≫双極性障害の【混合状態】って何?症状と対処法を当事者が解説します!

うつと誤診されたら終わる!

仕事が休めないかもしれない!

切羽詰まった私は、

【一発で診断をもらうしかない】

と、なりました。

 

立ちはだかる、北海道の広大な大地。休みが取りにくい動物相手の仕事。精神科についての土地勘の無さ。

そして精神科経験の少なさ…。

 

藁にもすがる思いで、医療関係の仕事で働いている友人に相談しました。

オススメの病院を教えてもらい、札幌の心療内科にたどり着くことができました。

Q3.【僻地(道東)での精神科通院】「オンライン診察」が神!でした

 

 

初診で診断をもらう

診察のためだけに、道東から札幌へ。

背水の陣に立たされていた私は、診断をもらうためならなんでもしたい気持ちでした。

どんな感じにガシガシに攻めたかというと、

①問診票に「双極性障害ではないかと思っています」と書き、

②自分の過去をまとめた紙を見せ、

双極性障害の診断を貰うために使ってほしい!躁うつライフイベント表

③睡眠覚醒リズム表を見せ、

④双極性障害に特徴的な症状を積極的に伝えました。(特に過食嘔吐)

 

そしてその場で、双極性II型障害の診断をもらうことができました。

 

 

 

 

 

次の記事で、この経験と反省を整理して、【双極性障害診断を一発でもらう】ポイントをまとめます。

双極性障害の診断を【すぐに】貰う方法!1発で決めるコツは準備にあり!
双極性障害と早く診断されたい!うつと誤診されたくない!そんな人向けに、【双極性障害と最速で診断される方法】をまとめました。双極性2型障害の私が実際に経験したことを元に、診断を一発でもらうコツを紹介します。

 

 

コメント