【双極性障害・うつ・発達障害】闘病の参考になるブログ/サイトまとめ

【双極性障害・うつ・発達障害】オススメのブログ/サイトまとめ 症状改善・ヒント

photo:samuel-zeller-358865-unsplash

私がよく閲覧するブログや、サイトを集めました。

 

精神疾患の当事者が発信しているもの

当事者のブログの良いところの1つは、リアルな経験談が豊富なことですよね。

 

双極性障害

松浦秀俊さん

双極性障害といったらこの人。オープン就職。

 

ジョーくん

ジョーくんの明るい言葉で、思わずhappyになれちゃいます。

 

星野良輔(ほっしー)さん

双極性II型障害から後にうつ病に診断が変更になったのは珍しい。ラミクタール(ラモトリギン)で発疹が出たことがある。

主にうつ関連の情報を発信。

最近はYouTubeやラジオなどの配信に力を入れているようです。

 

 

 

 

うつ

南中さくらさん

メンタルクリニックの院長もしている。

 

統合失調症

がじゃまるさん

統合失調症。ブロガー&オープン雇用で会社員をされている。人柄も魅力的。

 

複数の人の経験談を集めたサイト

soar(ソア)

さまざまな困難(精神疾患・発達障害など他多数)を持つ人の経験談が集められている。おしゃれ。

 

障害者ドットコムニュース

シンプルにテキストが打ち込まれていて目が楽。

 

発達障害の人におすすめ

 

ASD(自閉スペクトラム症)

吉濱ツトムさん

努力量が半端ない。改善方法などについてポイントが的確でわかりやすい。ツイッターはとりあえずフォロー。

 

 

その他、精神分野の情報が豊富なサイトなど

本のレビュー・まとめ

いつも空が見えるから

…いろいろな本の内容が詳細に、丁寧に、そして鋭くまとめられている。とにかく濃い。1つ1つの記事のボリュームは大きいものの、本を読むよりは早い。発達障害やアダルトチルドレンの人にも。

 

科学的な知識が得たい人は

双極性障害研究ネットワーク(BDRNJ)のニュースレター

Emailで届きます»ニュースレター登録ページ

脳科学の最新研究の論文について、要点がまとめられています。

たとえば遺伝やゲノム、ミトコンドリアなど。

私も登録していますが、双極性障害の研究が今どんな感じなのか知ることができます。

 

当事者のSNS

上記のような、有名な方や、本格的な発信以外に、双極性障害や発達障害の人のTwitterやブログも、気に入った人を見つけたらフォローするのもおすすめです。

Twitterなら、鍵アカウントで見るだけにしてもいいと思います。

注意したいことは、激しい症状の渦中にいる人は覗かないことです。【鬱は人を鬱に引き込む】からです。

ネガティブなことばかりとか、自傷を見せるものとか、興味があっても避けるべきだと思います。

 

 

とび太もどうぞよろしくお願いします

改めて、まだまだ未熟者ではありますが、一当事者として、実際の経験談や日々学んだことを発信しています。

双極性Ⅱ障害・発達障害(隠れアスペ/自閉スペクトラム/ASD)

 

 

▽とび太の自己紹介

プロフィール
...

 

 

 

コメント