手作り!ごっつん防止クッション【100均で!】簡単な作り方

手作り⭐︎ごっつん防止クッション【100均で!】簡単な作り方 妊娠・子育て

 

 

つかまり立ちをし始めた息子に、『ごっつん防止クッション』を手作りしてみました!

(※転倒防止クッション、ごっちん防止リュック、ベビーヘッドガード、とも言うそうです。)

 

材料は全て100均(今回はダイソー)!

全部で500円しないくらいで作れました。

 

縫うところは最低限に、簡単に!を目指した作り方を紹介します。

 

 

 

ごっつん防止クッションの材料

 

  • クッション
  • ゴム紐 65cm 以上
  • ゴムを通す輪にする布やヒモ

 

私は、写真のようなダイソーのクッション(300円)とフェルト、

 

あとは、ゴムひも(妊娠してパジャマから抜いたゴム)を使いました。

 

ゴム紐は、⚪︎ミリ幅だと太すぎる感じがしたので、もう少し細めでも良いかもしれません。

ゴムを通す輪っかには、フェルトだけでなく、余っている端切れや、リボン、服から切り取ったタグなども使えると思います。

 

 

ごっつん防止クッションの作り方

出来上がりはこんな感じです。

手作り⭐︎ごっつん防止クッション【100均で!】簡単な作り方

 

*作り方は、こちらのブログ記事を参考にさせていただきました。▽

リダイレクトの警告

 

▽こんな感じ(ごちゃごちゃしててすみません)

手作り⭐︎ごっつん防止クッション【100均で!】簡単な作り方

写真で緑で印した輪っかは、無くても十分使えます。

 

私は、ゴム紐が思ったより短かったので、端っこは片側だけ縫い止めて、もう片方の端っこは、輪っかに通してそこでしばることにしました。

 

▽息子に付けてみたところ

手作り⭐︎ごっつん防止クッション【100均で!】簡単な作り方

1回めはぐずりましたが、すぐに慣れてくれました。

 

横に転んだときは手をつけるので、後ろに倒れたときほどは盛大にごっちんしないみたいです。

 

 

 

気をつけたいところ

はじめ、「ぬいぐるみの手に見えるかも!?」と、手っぽい位置に付けたのですが、失敗でした。

▽こんな感じに

手作り⭐︎ごっつん防止クッション【100均で!】簡単な作り方

 

▽ゴムを通したところ

これだと、息子の肩から外れやすいし、少し苦しそうでした…。

 

中間の輪っか(私の場合グレーのフェルトの部分)は、クッションのお腹側に近づけて縫い付ける方が良さそうです。

 

 

手作りしてみた感想

手作り⭐︎ごっつん防止クッション【100均で!】簡単な作り方

△真夏は、モコモコのぬいぐるみは暑いかも…

 

安心感がめっっちゃあります。

 

私はネットで、ごっつんクッションを見て、憧れていました。

でも買うと高いし、頭ぶつけるのは仕方ないでしょ〜とか面倒くさく思っていたんです。

でも、作ってよかったです。

赤ちゃんの頭がしっかり守られる◎

 

 

既製品も素敵でかわいいけれど、手作りも、味があるし、めんこい!

家にあるものでも、100均で揃えても、ぜひ作ってみてくださいね^^

 

 

▽ちなみに、この犬のクッションは、妊娠中もシートベルトに挟まれて息子を守っていてくれました。

妊婦でもマニュアル車に乗れる?妊娠中にMT車で生活して感じたこと
...

 

使わなくなっていたモノたちが生まれ変わったのも、嬉しいです。

 

 

 

 

 

コメント