手作り!ごっつん防止クッション【100均で!】簡単な作り方

手作り⭐︎ごっつん防止クッション【100均で!】簡単な作り方 妊娠

 

 

こんにちは!

息子に作った、『ごっつん防止クッション』の作り方を紹介します。

(転倒防止クッション、ごっちん防止リュック、ベビーヘッドガード、とも言うそうです。)

 

材料は全て100均(今回はダイソー)!

全部で、500円以下で作れました。

 

縫うところは最低限に、簡単に!を目指した作り方です。

 

▽こちらのブログ記事の作り方を参考に、アレンジしてみました。
(でも、アメブロのページを移動か削除されたのか、表示できなくなくなってしまいました…。)

https://www.google.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/kirekawa888/entry-12333030162.html

 

 

ごっつん防止クッションの材料

 

  • クッション
  • ゴムを通す輪っか用の布やヒモ
  • ゴム紐 65cm 以上

 

私は、下の写真のような、

  • ダイソーのぬいぐるみクッション(¥300、大きさは縦39センチ幅22センチほど)
  • ダイソーのフェルト
  • 家に余っていたゴムひも(妊娠中にパジャマから抜いたもの(¥0!))

を使いました。

 

 

ゴム紐の太さは、私は今回27ミリ幅だったのですが、太すぎる感じがしたので、もう少し細めでも良いかもしれません。

ゴムを通す輪っかには、フェルト以外にも、余っている端切れや、リボン、服から切り取ったタグなども使えると思います。

 

▽ぬいぐるみクッション以外にも、こんな感じの子供用のミニ座布団もお洒落で可愛いですね。

Amazon.co.jp: CHEOALFA和座布団クッションかわい丸型ざぶとん 座り心地いい お尻に優しい 体圧分散 可愛オールシーズンチェアシートクッションタタミフロアマットリビングルームバルコニー屋外子供用プレイエリアなどに最適です.(ダークグレーの小さな木, S-40 cm(15.7")) : ホーム&キッチン
Amazon.co.jp: CHEOALFA和座布団クッションかわい丸型ざぶとん 座り心地いい お尻に優しい 体圧分散 可愛オールシーズンチェアシートクッションタタミフロアマットリビングルームバルコニー屋外子供用プレイエリアなどに最適です.(ダークグレーの小さな木, S-40 cm(15.7")) : ホーム&キッチン

 

 

ごっつん防止クッションの作り方

▽出来上がったもの。

手作り⭐︎ごっつん防止クッション【100均で!】簡単な作り方

 

▽作り方(ごちゃごちゃしていてすみません。)

手作り⭐︎ごっつん防止クッション【100均で!】簡単な作り方

輪っかを3〜5箇所※付けて、
そこにゴムを通したら出来上がりです。

 

※写真で緑色で印した輪っかは、無くても大丈夫です。

※私は、持っていたゴム紐が思ったより短かったので、端っこは片側だけ縫い止めて、もう片方の端っこは、輪っかに通してそこでしばることにしました。なので輪っかを縫いつけたのは4箇所でした。

 

▽息子に付けてみたところ

手作り⭐︎ごっつん防止クッション【100均で!】簡単な作り方

1回目はぐずりましたが、すぐに慣れてくれました。

 

 

失敗談

はじめ、「ぬいぐるみの手に見えてかわいいかも!?」と、
中間の輪っかを、手っぽい位置に付けたのですが、失敗でした。

▽こんな感じに

手作り⭐︎ごっつん防止クッション【100均で!】簡単な作り方

 

▽ゴムを通したところ

これだと、息子の肩から外れやすいし、少し苦しそうでした…。

 

中間の輪っか(私の場合グレーのフェルトの部分)は、作り方で紹介した写真のように、クッションのお腹側に近づけて縫い付ける方が良さそうです。

 

 

少し気になったところ

今回、フワフワしたぬいぐるみを使用したのですが、
真夏には、少し暑いかも?と思いました。

手作り⭐︎ごっつん防止クッション【100均で!】簡単な作り方

暑い季節だったり、赤ちゃんが汗っかきだったりするときには、
あまりモコモコのじゃない方が快適かもしれませんね。

(バスタオルを丸めて巾着に入れて、クッションの代わりにするのもいいかも!)

Amazon | (POMAIKAI) 巾着袋 大 中 小 3枚セット (無地) | 学校用袋・バッグ | 文房具・オフィス用品
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、(POMAIKAI) 巾着袋 大 中 小 3枚セット (無地)を文房具・オフィス用品ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、 当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

 

 

手作りしてみた感想

実は私は、頭ぶつけるのは仕方ないでしょ〜とか、
転倒防止クッションを使うのを面倒くさく思っていたんです。

でも、作ってよかったです。

家事などで目を離しがちなときなどに付けさせているのですが、
背負わせておくだけでも、安心感がめっっちゃあるなぁと感じています。

赤ちゃんの頭がしっかり守られる。大切な我が子の安全がいちばんですよね。

 

既製品は、かわいいし作りも完璧!ですが、
https://amzn.to/2T3qiXy

この記事のように『ぬいぐるみ』で作っておくと、
転倒防止クッションとしての役目を終えた後も、ゴムを取ればまたぬいぐるみとして活用できるのがいいなぁと思います。

 

ぜひ作ってみてください!

 

▽ちなみに、この犬のクッションは、妊娠中もシートベルトに挟まれて息子を守っていてくれていました。

妊婦でもマニュアル車に乗れる?妊娠中にMT車で生活して感じたこと
...

 

 

それでは、
参考にしてくださりありがとうございました!

コメント