おばあちゃん直伝!【ひのき(檜)の臭いを取る方法】お酢で茹でる!

おばあちゃん直伝!【ひのき(檜)の臭いを取る方法】お酢で茹でる! 暮らし

 

こんにちは。

息子の離乳食を作る時に使っている【ひのき】製のすりこぎ棒が、いい匂いを通り越して臭いので、臭い取りをやってみました!

 

やり方は、お酢で煮て、放置するだけ。

 

果たして…【ひのき臭】は取れるのか!?

 

 

 

ひのきのすりこぎ棒で離乳食を作ったら…臭い!

息子の離乳食で、お米の粒をなめらかにするために使っているのが、こちらのすり鉢&すりこぎ棒。

おばあちゃん直伝!【ひのき(檜)の臭いを取る方法】お酢で茹でる!

キッチン道具屋さんで見つけて、300円くらいだったと思います。

すりこぎ棒には『木曽檜』と書いてあって、材質はひのき(檜)、国産っぽい。

ひのきの良い香りがします。

天然素材だからプラスチック製より安心♪

 

…と、思いきや、

離乳食を作ってみたら、、、

臭い!!

鼻に付くよくな刺激的なにおい。そして食べると舌にピリッとくる。

 

私と夫の料理(たとえばゴマ和えとか)を作るには、匂いは気にならなかったのですが…。

離乳食ではアツアツのを潰しているから、臭いが立ちやすいとかもあるのかな…?

 

ひのき臭くても、仕方なく食べる息子。

 

これ食べさせるの申し訳なくなってきた…。

 

そこで、おばあちゃんに電話で相談。

(おばあちゃんは桶屋さんなのです。)

「酢で煮るんだよ!」と教えてもらいました。

 

 

ひのきの臭いの取り方

用意するもの
  • すりこぎ棒が入る鍋やフライパン
  • お酢(安いのでOK)
  • お湯

 

かかる時間
  • 2時間くらい(茹でる〜冷ます時間)+乾かす時間。

 

 

Step①:お湯を沸かして酢を入れる

鍋にすりこぎ棒を入れ、すりこぎ棒が浸るくらいに熱湯を注ぎます。

おばあちゃん直伝!【ひのき(檜)の臭いを取る方法】お酢で茹でる!

 

そこへ、お酢(安いものでいい)を入れます。

おばあちゃん直伝!【ひのき(檜)の臭いを取る方法】お酢で茹でる!

私は500mlくらいの水に対し、カレースプーンで3杯入れてみました。

酸っぱくなる程度に入っていれば大丈夫だそうです。

 

Step②:5分茹でる

だいたい5分くらい茹でます。

すりこぎ棒が浮いてきてしまったので、落とし蓋をして沈めてみました。

(落とし蓋は、臭いが付いてしまうので金属製のものや、お茶碗とか陶器でもいけそうです。)

おばあちゃん直伝!【ひのき(檜)の臭いを取る方法】お酢で茹でる!

 

Step③:蓋をして1時間ほど放置

火を消したら、フタやラップをかけて、1時間ほど常温で放置します。

おばあちゃん直伝!【ひのき(檜)の臭いを取る方法】お酢で茹でる!

 

Step④:お湯を入れ替えて①〜③をもう一度

冷めたお湯を捨てて、新しい熱湯とお酢で、手順①〜③を再び行います。

(今回は赤ちゃんが使うのでお湯を入れ替えましたが、捨てずにそのままもう一度沸かしてもいいそうです。)

 

Step⑤:水ですすぐ

お湯からあげ、水ですすぎ、よく乾燥させたら完了です!

おばあちゃん直伝!【ひのき(檜)の臭いを取る方法】お酢で茹でる!

 

 

臭いの取れ具合は…?

おばあちゃん直伝!【ひのき(檜)の臭いを取る方法】お酢で茹でる!

ザルに乗せ乾燥させること一晩。

 

そのまま嗅いでみた感じ:え、取れてない…

臭い取りする前と同じくらいの、ひのきの臭いを感じました。

(ちょっと臭いが、まろやかになった感じはする。)

 

離乳食を作ってみた感じ:マシになった!

これはダメなのではないか…

と思いつつ、本番の離乳食づくりを決行。

乾いたすりこぎ棒とすり鉢を水に浸してから、

アツアツのお米を入れ、すり潰す…

おばあちゃん直伝!【ひのき(檜)の臭いを取る方法】お酢で茹でる!

(ちゃんとした作り方は分からないのですが…)

おばあちゃん直伝!【ひのき(檜)の臭いを取る方法】お酢で茹でる!

こんな感じでしょうか。

 

私も食べてみてチェック。

……。

…!

まだ臭う……。

 

でも、酢で煮る前よりは、かなりマシになっていました!

元の臭さの、半分くらいのイメージ。

ひのきの攻撃的な舌に感じる刺激は和らいでいました。

 

息子も心なしか、前よりは顔をしかめなくなったかも…?

 

 

3回目もやってみた

想像していたよりは臭いが残ったように感じられたので、もっと繰り返せば消えるかな…?

ということでもう一度、今度は煮る時間を延ばしてやってみました。

おばあちゃん直伝!【ひのき(檜)の臭いを取る方法】お酢で茹でる!

(ああ気持ちのいい空…)

10分くらい煮て、1時間放置。

お天気が良かったので良く乾きましたよ〜!

3回目の結果は、

  • そのまま嗅ぐ→少しひのきの臭いがする
  • 離乳食つくる→ほとんど気にならない

でした!

酢で煮るのを繰り返す度に臭いが軽減しているのを確実に感じました!

 

4回目はクエン酸でやってみた

お酢でやれるならクエン酸だったらもっと強力に取れるのでは!?

と思い、クエン酸で4回目の臭い取りをやってみました。

同じくらいのお湯に、クエン酸をティースプーン1杯ほど入れて、煮ること10分。

結果は…
 
・乾いた状態:今までと同じかな?くらい臭いはする。
・濡らした状態:同じく、あんまり変わってないかなという感じ。
・離乳食を作った:アツアツのお粥を思いっきり擦ってみたら、臭いが付いてない!
 
諦めないでよかった。
 
このあとから、臭いを気にせず離乳食を作ってあげられるようになりました!
 
 
 
 
 

それでも臭いが取れないときは

少し冷ます、すぐに取り出す

酢で煮るのを何回やっても臭いが取れないときは、

アツアツで潰さず、少し冷ましてからすり潰すと、さらに臭いが付きにくい気がします。

(離乳食で、衛生面が気になるときは、すり潰した後にレンチンするといいかと思います。)

 

また、使った後ずっとすりこぎ棒を入れておくと臭いがどんどん付いてしまうので、作り終わったらすぐにどかしておくといいと思います。

 

 

まとめ

ひのき製のすりこぎ棒は、はじめて使う前に臭い抜きを!

方法は、お酢で煮るだけです。

クエン酸でもできました。

 

離乳食作りに使うときは、臭い抜きをしっかりやっておくのがおすすめです。

もしそれでも臭うときが、アツアツの食品をすり潰さないで、冷めたものをすりつぶしましょう!

 

 

すりこぎ棒におすすめの材質は?

もう買ってしまっていたのでどうしようもないのですが、そもそも、ひのきじゃないものを買えばこんか面倒な手間はかからなかったかもしれません。

おばあちゃんが言うには、すりこぎ棒には『さわら(椹)』がお勧めだそうです。

おばあちゃんはひのき製のしゃもじも使っているそうなのですが、「ひのきのは臭くなっちゃうからお櫃に入れておけない」と言っていました。

 

通販ではサワラのものは見つからなかったのですが、

▽ホオノキ(朴)も良さそうです。

 

 

それでは以上でした。

 

どうか臭いが取れますように!

 

コメント