アスペ・メンヘラ妻の【休日鬱】我が家の解決策は『土日育児の交代制』でした!

アスペ・メンヘラ妻の【休日鬱】我が家の解決策は『土日育児の交代制』でした! 発達障害

 

こんにちは。双極性Ⅱ型障害、隠れアスペのとび太(@umayano2)です。
現在、夫と、2ヶ月の息子と3人で暮らしています。
 
お休みの日は、リラックス♪
夫に育児を手伝ってもらえて、楽!
 
・・・という休日を過ごしたかったのですが、
ここ数ヶ月ずっと、真逆で、土日になると鬱になってしまいました。
とてもつらかったです。
 
”休日鬱”とも言える現象。
何度も繰り返してきたので、原因は自分なりにつかめてきました。
無職・専業主婦の【休日鬱】なぜ土日に落ちてしまう?原因と解決策!
土日に鬱になってしまう…そんな週末を何回も繰り返してきました。そんな”休日鬱”の原因は、①生活リズムが乱れる②平日以上に自分のペースでできない③コミュニケーション量の増加。そこで『土日に落ちないための方法』を考えました。
 
そして一昨日、また休日鬱でヒステリーを起こしてしまったのをきっかけに、夫と家族会議をし、どうしたら休日の鬱を防げるのか話し合いました。
【”ゆる”家族会議】のすすめ!もっと夫婦円満で平和な毎日に!
『ゆる家族会議』とは、夫/妻といったパートナーと【問題解決】をするのにとてもオススメの方法です。日々のイライラ、ストレスを溜める前に、『ゆる家族会議』をしてスッキリ解消しましょう!なんでも話しやすい、最強のふたりになれるはず。
 
そして、ついに、我が家の対策を見つけることができました!
 
それは、『土日の息子の面倒は交代交代にやる』ということです。
答えは、え、それだけ?っていうくらいシンプルですが、すご~くスッキリ解決できたのです!
 
 

私がつまづいていたこと

私は、毎回と言っていいほど同じ流れで”休日鬱”を起こしてしまっていました。

次のような感じです。

  1. 疲れていても、家事育児をやり続けてしまう
  2. せっかく夫が息子の世話をしてくれているときも、申し訳なさや罪悪感で休めない
  3. 夫が無理してるんじゃないか、怒っているんじゃないか、ばかり考えるようになる
  4. 「怒ってる?」発言、夫と気まずくなる
  5. 夫と話せなくなる
  6. 逃げる、号泣、ヒステリー化

ほんとうは嫌なのに、同じ流れを繰り返してしまって、自分でもどうしたらいいか困っていました。

背景にあった私のメンヘラさ

私はこれまで、こんな小さいことにこんなにつまづくか?ってくらい、ちょっとしたことでヒステリーを起こしたり、鬱になったり号泣したり、過食嘔吐したり、家出しようとしたり…、ほんとにひどかったです。

”休日鬱”になってしまう原因に、疲れとか平日とのリズムが違うとかありますが、その他に双極性障害はもちろん、発達障害(ASD/自閉スペクトラム症)的なところも影響していました。

特に、「相手の気持ちがわからない」こと、「相談や交渉が苦手なこと」、そして「自分目線」なこと、「不安が強い」ことが、悪循環を招いていたと思います。

 

 

解決策:土日の育児は当番制

私の息子は完ミで、母乳は与えずに育てています。

なので私でなくても授乳ができます。

私たちが考えた、育児の『交代制』というのは、たとえば、

ミルクの時間には、先に夫がミルクをあげてくれたら次のミルクは、私がやる。その間の息子のお守りは私がやる、次のときは夫、とかです。

時間で分担します。

ゆるく

交代制を考えた家族会議の途中には、きっちり「○時~○時は私(夫)が担当」と決めておく案も出ました。

しかし、息子はその時間に合わせてお腹が空くわけではないし、出かけたりする日は時間が読めないし…というので、枠は決めすぎないほうがいいね、という考えに至りました。

ただ、予定が見えていた方が私は安心なので、当日の朝などに、その日の当番の予定をざっくり立てることになりました。

※ASD(自閉スペクトラム症)は臨機応変が苦手。私も、いきなり予定が変わると強いストレスを感じます。その場は大丈夫でも後で過食嘔吐してしまったりします。

予定がはっきり分からないときは、「〇〇が終わったらどうするかまた相談する」という予定を立てておいて、そうするとより安心です。

 

出来ないときは申告

私は、夫に手伝ってもらっても、「無理しているんじゃないか」と思ってしまい、不安のストレスを感じていました。

今後、当番制にしても、お互い何かの理由で担当をこなせないときもあると思います。

やることがあって忙しいとか、体調が悪いとか。

できないときは、自分からできないことを伝えよう、となりました。

実際は伝えて貰えなかったとしても、こういう言葉を交わしてもらっておくと私は安心です。「無理してやってはいないんだ」と信じられるからです。

 

 

『休日育児の交代制』の良いところ

『交代制』で、私の悩みは全部すっきり解決!なのですが、特に「ここがイイ!」という点は2つです。

自分のペースで過ごせるようになる

育児を当番制にすると、担当じゃない時間帯には自分の好きなように過ごせます。

この、『好きなように』、そして『気兼ねなく』自分のことができることが最高なのです。

また、次に担当になる時間がおおよそ見えるので、「その時間までは自由だ~♪」とメリハリがつくのも嬉しいです。

24時間営業の育児の毎日に、”自分の時間”が生まれることで、

これから、当番制にしたことで、昼寝もゆっくりできます。

我慢しがちだった自分のこと(散歩、ブログ)もできます。

そして、担当が回ってきたら、今までよりもっといい笑顔で息子に向き合えそうです!

 

”相談疲れ”を減らせる

食事の時間が来たり、息子が泣いたり、何かが起こる度に発生していた「どうする?」。

その度に、私はストレスを感じていました。

”相談”や”交渉”のような話(コミュニケーション?)をするのがとても苦手なようです。

『当番制』にするだけで、育児での「次はどっちがやる?」という相談の時間を減らすことができます

気持ちがとても軽くなりました。

 

 

まとめ

それでは、ここでもう一度お伝えすると、
私の”休日鬱”を解決した方法は、
『休日育児の当番制』でした。
夫と交代交代に息子の面倒をみます。
 

当番制の大きなメリットは、

  • 自分の時間ができる
  • ”相談疲れ”を減らせる

でした。

「交代交代にやる」今までなんとなくやってきていたとしても、改めて言葉にしておくことで、土日の質がとっっても向上すると思います。

ぜひ取り入れてみてくださいね!

 

 

最後に

夫の言葉を借りると、
「人は長いこと一緒にいて、少しずつ相手のことが分かってくる」。
私たちは付き合って1年、結婚して1年。
すごく相手のことを分かったような気がしていましたが、まだまだだったのだと気づきました。
 
これから、夫と暮らして何十年経っても、きっと分からないことがあるんだと思います。
私もきっとまた、不安定になってしまうことが幾度となくやってくるんだと思います。
そんなときも、家族会議をして、ふたりで乗り越えていきたいです。
 
 
最後までお読みくださりありがとうございました。
同時に、
いつも一緒にいてくれる夫に感謝です。
 
 
 
▽何か行き詰まったら家族会議してみてください♪
【”ゆる”家族会議】のすすめ!もっと夫婦円満で平和な毎日に!
『ゆる家族会議』とは、夫/妻といったパートナーと【問題解決】をするのにとてもオススメの方法です。日々のイライラ、ストレスを溜める前に、『ゆる家族会議』をしてスッキリ解消しましょう!なんでも話しやすい、最強のふたりになれるはず。

 

 

 

コメント