双極性障害の人は寿命が短い?【早死にするかも】でもそれは昔の話!

【躁の症状】〇〇躁病 /自生思考/ 8Kモード/性的逸脱【経験談も紹介】 双極性障害について

 

双極性II型障害のとび太です。

29歳まで生きてこれました。

 

 

双極性障害だと寿命が短い?

日本人の平均寿命は、女性が約87歳、男性が約81歳だそうです≫参考:厚生労働省

果たして、双極性障害の人は寿命が短いのでしょうか?

 

早死にした双極性障害の人たち

たとえば、おそらく双極性障害だったと言われている次のような有名人たち。

私がぱっと名前を聞いたことのある人だけ挙げてみます。参考:Wikipedia

 

※()の中は亡くなった年齢

  • 太宰治(39歳)
  • 夏目漱石(49歳)
  • 宮沢賢治(37歳)
  • ゴッホ(37歳)
  • ベートーヴェン(56歳)

 

こういった若いうちに亡くなった方々を知って私は、「自分も早死にするのかな?」と思ってしまいました。

 

しかし、長生きされた方もいらっしゃいます。たとえば、

  • 北杜夫:双極I型(84歳)
  • ゲーテ(82歳)

私の祖母も、おそらく双極性障害でしたが、80過ぎまで長生きしました。≫私のおばあちゃんと遺伝の話

 

早死にした双極性障害の人が目立つので、双極性障害だと寿命が短くなる印象を受けてしまいますが、必ずしも短命だとは限らないようですね。

 

 

双極性障害の寿命が短いのは自殺のせい?

私は、双極性障害の人が短命になる理由で最初に思いつくのは、『自殺』ではないでしょうか。

 

双極性障害の自殺率やばいですよね

私は、双極性障害なって、双極性障害という病気(障害)について知るほどに、『双極性障害は自殺しやすい』というイメージを持つようになりました。

自殺率が一般の人の◯◯倍とか、うつ病(単極性のもの/大うつ病)より確率が高いとか…。

ちょっと検索するだけでも、たくさんの情報がでてきます。

 

私も早く死ぬかもと思うときがある

私は、実際に自殺企図までいったことはないけれど、『混合状態』のときに自殺しかねないなと自分でも思います。

何かを後悔したり罪悪感だったりに追い込まれて自殺しなきゃ…というのももちろんあると思いますが、特に大きな理由なく「あ、死のうかな」とサッと遂行してしまいそうな感覚を経験したことがあるからです。

 

 

自殺以外のことも短命につながっていそう

たとえば、アルコールや薬物といった、『依存症』。

そこまでひどくなくても、睡眠不足だったり、過食だったり、体に負担をかける症状が双極性障害では出ることもあると思います(≫私は過食嘔吐)。

また、うつのとき、誰かが食事を作ってくれなければ、なかなか健康的な生活を送るのは難しいですし、躁のときだって、無茶して体にダメージを与えかねない。

 

そんな感じで、自殺ほどすぐ死に直結はしない症状でも、ずーっと続くと、生活習慣病になったりして体がボロボロになってしまいそうですよね。

そうなったら、自殺しなかったとしても早死にしてしまうのではないかと思うのです。

 

逆に言えば、双極性障害の人でも、波を抑えて健康な生活を送れば、普通の人と同じ程度まで生きられるはず。

 

 

寿命が短いのは『昔の話』

短命だった双極性障害の人たちは、果たして治療を受けることができていたのだろうか?と私は思ってしまいます。

“双極性障害は比較的新しい病気”と言われるそうですが、確かに、親の世代とかはあまり双極性障害自体を知らない人の方が多いのではないでしょうか。

(あるいは、『躁うつ病』は知っていても、治療すれば克服できることは知らない、など。)

 

現在は、昔よりずっと医療が進化したので、双極性障害の治療を受けることができます。

きちんと薬を服用して、治療に前向きに取り組めば、気分の波(=症状)はかなり抑えられる、

つまり、双極性障害でも長生きできると私は思っています。

(※双極性障害と関係のない病気で死ぬことは考慮せず、です)

 

もしも効果的な治療法が無かった頃に産まれていたら…と思うとほんとにこわいです。

 

薬なしなら早死にかもだけど…

こんな風に、現在では双極性障害の治療法もあって、きちんと治療を受ければ早死には回避できると思います。

しかし、治療を受けていなければ、やっぱり早死にのリスクは高まりますよね。

(私も、親族に双極性障害で死んだっぽい人がいるようなのですが、病院に行ってなさそうだなと思いました。)

 

 

(余談):双極性障害における『短命』とは?

まだうまく言えないのですが、統計的なことについて書きたいと思います。

※読み飛ばしていただいて構いません。

 

双極性障害の自殺率が高いイメージを強調しているのは、『%』などの数字のデータではないでしょうか。

もちろん、これらのデータは、きちんとした根拠と調査に基づく、確かなものだと思います。

しかし、「◯◯%だから高い」と結論付けてしまうのは、少し注意が必要かと思うのです。

たとえば、

[双極性障害の人◯◯人のうち、短命だった人が△△人なので、双極性障害の□□%は早死にする]

という結果があったときに、、

そもそも、◯◯人という母数は、十分にあったのか?。◯◯人は重度の人ばかりではなかったか?。

その人が早死にだったかは、自殺のとき以外分かりません(全く同じ人間を2人揃えて何十年も観察する実験はできないから)。

II型のような”軽度”の双極性障害の人数はどれくらい入っているのか。

また、昔も今も診断がつかなかった人がたくさん居て、データから漏れてしまっていそうです。

自殺された方が精神科を未受診だったなら、双極性障害だったか確かめようが無いからです。

ベースに対して、死んだ人の数が多く見えて、結果、双極性障害の人が実際以上に短命に感じられるデータになりがち、という可能性もあるかもしれません。

 

なにが言いたいかと言うと、

数字はあくまで目安で、確かに双極性障害は短命になるリスクが高めだけれど、自分が短命かどうかは自分次第と思うといいかも、

ということでした。

 

 

まとめ:『双極性障害=短命』じゃない

もう一度お伝えすると、

双極性障害を治療せず放置していたら短命になってしまう可能性もありますが、

双極性障害だったとしても、きちんと薬を飲み、治療に前向きに取めば、早死にすることはない

と私は思っています。

 

むしろ、双極性障害と診断されたら長生きできちゃうんじゃないかと思っているくらいです。

なぜなら、双極性障害の波を抑えようとしたら、自然と『無理しない生き方』になっていくからです。

ストレスを減らして、健康的な生活を送る…。

そんな風に生きていたら、長生きできそうですよね。

 

 

 

それでは、以上でした。

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

読んでくださった双極性障害の方、お互い通院&服薬を継続していきましょう!

 

 

 

▽双極性障害カテゴリ一覧へ

双極性障害
双極性II型障害の当事者が書いている、双極性障害(躁うつ病/双極症)に関するブログ記事です。

 

 

 

コメント