かぼちゃ事件…「そんなつもりはなかった」忘れられないやらかし事

かぼちゃ事件…「そんなつもりはなかった」忘れられないやらかし事 発達障害

こんにちは。

隠れアスペ(ASD/自閉スペクトラム症)のとび太です。

 

私が牧場で働いていたころの、忘れられない出来事…

「ねぇちゃんかぼちゃ全部持ってくなよ!」

 

 

***

 

 

その秋は、“かぼちゃの秋” というくらいに、牧場の人たちから、かぼちゃをたくさん頂きました。

そんなある日、また「かぼちゃ持っていっていいよ」と言われました。しかも、美味しそうな坊ちゃんかぼちゃです。

私はとても嬉しく、上がるのを楽しみに仕事をしました。

 

その日はちょうど、牧場を見に来た(就職を検討するための体験をしに来た)女性がいました。

仕事が終わって、かぼちゃを見ると、坊ちゃんかぼちゃがたくさん並んでいました。

 

私は、「残したら失礼だ」と思いました。

今思えば、間この判断は間違っていると分かるのですが、そのときは、かぼちゃを残さず全部貰っていくことが、牧場の方に迷惑をかけないと思ったのです。

でも、牧場の方から見たら、自分勝手で欲張りな行動ですよね。

 

私は、自分と見学に来ていた女性で、10個くらいあった坊ちゃんかぼちゃを半分ずつ分けました。

 

次の日、「ねえちゃん全部持ってっちまったのか!」と怒られました。

私は自分なりに、悩んで、気を遣おうとしてやったのに、かえって逆のことをしてしまっていたことに、私はうわぁぁとなり、本当にショックでした。

 

 

-----自閉は、自分目線なんだよ。-----

 

あぁ…、気を遣っていたとしても、相手目線が欠けていたら自分目線なんだなと思いました。

【アスペ当事者が贈る】コミュ障改善法【その①】自分目線に気付いて改善しよう
アスペな人がコミュニケーションでつまづく原因である【自分目線】という特性について、隠れアスペの当事者がおすすめする【すぐできる】改善方法を紹介します。「定型発達」の人の力も借りて、コミュ障改善を目指しましょう!

 

 

***

 

「こういうときは、自分は1つもらって、あとは他の人のために残しておくものなんだよ」

と教えてもらい、なるほど!と、やっとわけが分かりました。

 

これからは、こういう風に職場で差し入れをいただく状況では、

  • ひとつだけもらう
  • 余っている分は、残しておく
  • 残りは、もしもう一度「持っていっていいよ」と言われたらもらう
  • 分からないときは訊く

ようにしたいと思います。

 

 

***

 

この、かぼちゃ事件では指摘してもらえましたが、もし教えて貰えていなかったら、そのままずっと同じ感じの過ちを繰り返して、周りの人に迷惑をかけていたと思います。

そして、裏で『ウザい人』とか『空気が読めない人』、『迷惑な人』と言われ、距離を取られてしまったかもしれないと思うと、ほんとうにこわいです。

怒ってもらえて本当によかった。

怒ってくださりありがとうございました。

 

 

これが、忘れられない、かぼちゃ事件でした。

その後しばらくかぼちゃ恐怖症になりましたが、今ではすっかり大好きです。

 

 

 

▽隠れアスペ(ASD)と気づいたきっかけ

発達障害(自閉スペクトラム症/ASD/隠れアスペ)と気づいたきっかけ
...

 

▽発達障害トップへ

発達障害
発達障害ASDグレーゾーン(隠れアスペ)の当事者のブログです。受け身型。

 

 

 

コメント