【使用レビュー】誠和(Seiwa)紺屋藍!感想・コツ・気になった点

【使用レビュー】誠和(Seiwa)紺屋藍!感想・コツ・気になった点 レビュー

 

誠和(Seiwa)の『紺屋藍』という藍染めキットで、藍染めをやってみました。

実際に使ってみた感想と、実際のところをレビューさせていただきたいと思います。

 

 

藍染めをやろうと思ったきっかけ

【使用レビュー】誠和(Seiwa)紺屋藍!感想・コツ・気になった点

藍色ってきれいな色だなぁ~。

和風な感じもいい。

これまで藍染め自体をやったことはなかったのですが、藍染めの体験施設などを見聞きしたことがあったので、いつか藍染めをやってみたい!と思っていました。

ちょうど、マタニティフォトで使い、役目を終えていた真っ白なワンピースがありました。

真っ白すぎて普段着にはちょっと…。でも、思い出が込もっているから、ぞうきんにしてしまうのはもったいない。今はリメイクしたいものも無い…。

染色できないかな?と思い、染料を調べてみると、『紺屋藍』を発見。

藍染めが自宅できる!レビューをみると簡単そうだし、楽しそう!

こういう巡り合わせで、紺屋藍を購入するに至りました。

 

 

藍染めキットをやってみました

真冬の1月2日にやりました。染色は外でやったので、寒かった…!

 

染めたもの

  • ワンピース1枚
  • エプロン1枚

どちらも、綿100%の同じ生地でできています。

ワンピースは、身長169の私が着て、くるぶしまで丈があり、七分袖です。生地のボリュームはバスタオル1枚分くらいあるかもしれません。

もっと藍色が薄くなってしまってもよければ、まだ染められそうだなと思いました。

 

かかった時間

染めるのにかかった時間は、大雑把に、

  • 染める時間:3時間
  • 色を固定する作業※:1時間
  • 乾燥・臭い飛ばしで干す:数日~

※色を固定する作業は、固定用の薬剤を使うのですが、前の作業の続きで濡れたままやっていいのか、一度乾燥させてからの方がいいのか分からずでした…。私は乾燥させてから固定してみたのですが、濡れたままで大丈夫そうだなと思いました。

染める作業自体は簡単ではあったのですが、何度もすすいだり、周りに飛び散らないように気をつけたり、洗って片付けたり…、といったことに想像以上に時間がかかってしまったなぁ、という感想です。

 

染めるときに気をつけたいこと

手順などは、パッケージに書いてあった通りで、一つ一つ読みながら進めれば大丈夫でした。

もっと仕上がりを良くするために、下のようなことをお勧めします。

 

素材

生地は綿100%のものがおすすめです。

あと、糸も綿100%だと、糸だけ染まらなかった…みたいなことが避けられると思います。

因みに私は、染まった糸と染まっていなかった糸がありました。

自分で縫ったものなのですが、糸の素材を確認しておらずで…参考にならずすみません。

▽襟元を前から見たところ。染まった糸と、染まらなかった糸(背中側のかがり縫いのところ)がありました。

【使用レビュー】誠和(Seiwa)紺屋藍!感想・コツ・気になった点

▽このボタンは染まらず、大丈夫でした。

【使用レビュー】誠和(Seiwa)紺屋藍!感想・コツ・気になった点

 

染めるときの入れ物

もし、均一に染めムラなく染めたい場合は、できるだけ大きく、幅のある入れ物(バケツや桶、たらい)がおすすめです。

▽このバケツでは狭かったみたいです。

【使用レビュー】誠和(Seiwa)紺屋藍!感想・コツ・気になった点

私は100均のバケツで染めたのですが、生地をできるだけ押して伸ばして染料を染み込ませたつもりでも、若干染めムラができてしまいました。

一気に生地全体に染料を染み渡らせられるような、余裕がある大きな入れ物を使ってみてください。

 

手袋

付属の手袋の他に、破れたとき用のものがあると安心です。

私は手袋の先端に穴が空いてしまったようで、指先が染まってしまいました。

▽ケガしたの?!と心配されました。(笑)

【使用レビュー】誠和(Seiwa)紺屋藍!感想・コツ・気になった点

皮膚の部分は数日で落ちましたが、爪に入ってしまったものは1週間くらい取れませんでした。

手袋は、手首まで長さがあるもので、すすぎ用、干すとき用、と何枚かあるともっと快適かもしれません。

 

 

誠和(Seiwa)紺屋藍の良かったところ

思った通りの藍色で、染め上がりにとても満足できました。

先ほどムラができてしまった、と書いたのですが、それは私が均一に染めようとしたからで、それでもかなり全体を同じ色で染めることができました。

 

 

誠和(Seiwa)紺屋藍の気になったところ

 

におい

藍染めはそもそもにおいが強いらしいので仕方ないと思いますが、鼻に残る独特の臭いが強く感じました。

私は外の水道でやったのですが、排水溝に流すのが躊躇われるくらい。

これは台所とかお風呂場とか、家の中でやったらしばらくキツそう…もしシンクでやったら多分臭いでご飯食べられないと思いました。

染色が完了すれば臭いは消えるのかな?と思ったのですがなかなか…。

完成して、乾かした後に数回洗って干したのですが、水洗いでは全然ダメでした。

そして仕舞っておくこと5ヶ月。

出してきて、洗濯機で洗濯し、今、ベランダに干して4日目くらいです。

 

 

この藍色のワンピースを着て息子を抱いてお散歩に行くのを楽しみにしているですが、まだ着れないでいます…。

 

成分

紺屋藍には『環境にやさしい』と説明があります。

しかし、人体にはどうなの?と思い、購入する際に成分を調べたのですがネットではなかなか見つからず。

パッケージには書いてあるだろうと思ったけれど書いてない…。

問い合わせしたのですが、教えてもらえませんでした…。

誠和(Seiwa)藍染めキット【紺屋藍】の成分を問い合わせてみた
...

あまりに臭いが苦手だったので、何か強い化学薬品が含まれているのではないかと気になってしまいました。

赤ちゃんが舐めても大丈夫なものなのでしょうか。どなたか、もしご存知でしたら教えてください。

 

色落ち

藍染めは色落ちするもの、と、お祭りのはっぴの記事で読んだのもあり、ビビっています。

▽染める作業の最後、色を固定した後の仕上げのすすぎが終わって干したところ

【使用レビュー】誠和(Seiwa)紺屋藍!感想・コツ・気になった点

中性洗剤で洗った感じは、洗濯機が青く染まる、みたいなことはありませんでした。(でも、他の衣類とは一緒に洗濯しないほうがいいかもしれません。)

普通のアルカリ性の洗剤で洗濯してどうなるかは、臭い飛ばし干しが終わったら試してみようと思います。

汗などで色落ちするかは、まだ着ていないので分かりません…。着てみたらまたレビューしたいと思います。

 

 

誠和(Seiwa)紺屋藍の感想まとめ

美しい藍染めのオリジナルアイテムが叶います!

みんなでわいわい染めるのも楽しそうだと思いました。

しかし、臭いが強く感じられる可能性があるので、用途に合わせて選んでみてほしいと思います。

 

それでは、以上で『紺屋藍』の使用レビューでした。

 

 

 

 

コメント