【処方されている薬】どんな薬を飲んでいる?双極性Ⅱ型障害とび太の例

【処方されている薬】どんな薬を飲んでいる?双極性Ⅱ型障害とび太の例 双極性障害

 

こんにちは。

 

双極性Ⅱ障害のとび太が飲んでいる薬を紹介します。

 

気分安定薬

2019年9月現在です。

毎日服用している薬

 

区分 名前 飲み方 1日の総量
気分安定薬 ラミクタール(ラモトリギン錠)100 mg 「日医工」 朝・晩1錠ずつ 200 mg

双極性障害と診断された初日から飲んでいます。

はじめは 25 mg/日から服用開始し、そこから2ヶ月半かけて増量。

規定量(薬が効き始める量)の200 mg/日で維持しています。

今のところ目立った副作用は感じていません。

 

2019年9月現在妊娠中ですが、妊活中・妊娠中どちらも妊娠前と同じ量を飲み続けています。

双極性障害の【妊娠】と【薬の服用】―経験を元にまとめました
...

妊娠してからは、ラミクタールに加えて、葉酸サプリも飲んでいます。

赤ちゃんの脳の神経系が少しでもスムーズに発達してくれたらいいな…。

 

 

▽ラミクタールはいつも薬箱にスタンバイ

お気に入りの薬箱 【処方されている薬】どんな薬を飲んでいる?双極性Ⅱ型障害とび太の例

薬箱は毎日使うもの。よく目について、すぐ手が届くところに置いています。お気に入りのものだと気分も上がりますね。

 

ラミクタールの特徴

使ってみて感じていることや、主治医から聞いたことから挙げてみます。
  

  • 「激うつ」だけ防ぐ
    激しい波(躁/鬱エピソード)を防いでくれる。
    確かに、ラミクタールを飲み始めてからエピソードの再燃はまだありません
    ラミクタールは気分の波を底上げしてくれますが、残念ながら、「激うつ」より小さい「うつ」については直接改善してくれるわけではないそうで^^;小さい「うつ」は自力でなんとかしなければならないようです。
      
  • 血中濃度の管理はゆるめ
    ラミクタールは重篤な副作用のある薬なので、血中濃度が高くなりすぎないように注意する必要があるとは思いますが、医師からきつく言われたことはまだありません。
    私は1日2回の服用の間隔を、ちょうど12時間くらいになるようにしています。4時間以上ズレない限り大丈夫なイメージです。ゆるくて助かります。
      
  • 体の楽さ
    ラミクタールを飲んでから、「生きるのってこんなに楽なんだ!」と感じました。
    脳がすっきりします。感覚が戻り、体のしんどさが軽くなる感じがあります。
    逆に言えば飲んでいないとすごくしんどいです。
    飲み忘れの恐怖!薬がないと何もできない!双極性Ⅱ型障害の経験談
    ...

      
(参考)服用ミスをしたときの対応

私はこんな風にしています。

〈飲み忘れ〉
夜忘れた:忘れた分は飲まず、次の朝から処方通りに飲む。
朝忘れた:昼までに気づいたら忘れた分飲み、昼過ぎたら忘れた分は飲まない。〈吐いたとき〉
ラミクタールを飲んだのが吐く30分以内:飲み直す。
ラミクタールを飲んだのが吐く30分以上前:飲み直さない。
30分経っていると既に薬は体に吸収され始まっているそうです。
 

  
※私の例ですので、必ず主治医に確認してから対応してくださいね。

 

頓服薬(とんぷく)

頓服薬ケース 【処方されている薬】どんな薬を飲んでいる?安定剤ケース 双極性Ⅱ型障害とび太の例

△持ち歩き用の薬入れ。
  

頓服薬は、ベースに飲んでいるラミクタールにプラスして、必要なときだけ使っている薬です。

気づいた時にすぐ飲めるよう、カバンに忍ばせています。

 

現在のスタメン

頓服薬は、今はこのメンバーに落ち着いています。

※妊娠が分かってからは、一切使用していません

区分 名前(一般名) 特徴 1日の最大量
抗不安薬 ロラゼパム錠 0.5 mg ゆっくり穏やかに効く。予防にも便利 3錠まで
定型抗精神病薬 レボトミン錠 5 mg 強く、早い(30分ほどで効いてくる) 5錠まで
睡眠導入剤 ゾルピデム酒石酸塩 5 mg 30分ほどで眠くなる。あと残りしにくい 2錠まで

 

▽処方されたけれどあまり使っていない薬

名前 使いにくかった点
抗不安薬 アルプラゾラム錠0.4 mg 薬による「だるさ」がいつまでも残る感じがした(主治医はそれは薬のせいではないと言っていた)
非定型抗精神病薬 オランザピン(ジプレキサ錠)2.5mg 副作用に高血糖症状(喉が渇く、おしっこが増えるなど)が出る可能性があったこと

 

頓服薬をよく使うタイミング

頓服薬は、波に気づいたときの「対処」にも、うつの「予防」にも使います。

  

  • 不安なとき
    「うつ」の症状が出ているとき、悪化を防ぐため、楽になるために飲みます。
      
  • 波の予防のため
    波が起きることが予想されるイベントの前にあらかじめ飲んでおきます。
    例えば、人と合う前、旅行、大きな出来事(親戚と会う、発表、結婚あいさつ)など。
    不安症(パニック発作)の予防の考え方と近いかもしれません。苦手がトラウマ化するのを抑止できますし、結果的にイベントを楽しめて充実感につながることも多いです。
    薬は、比較的おだやかな効き目のロラゼパムを使うことが多いです。効いているか効いていないかわからない程度の量が丁度いいです。
      
  • 眠れないとき
    「寝付きを良くする薬」としてゾルピデムを愛用しています。
    眠れないと感じたときや、「もう寝ないといけない時間なのに元気」なときにも、自分を強制シャットダウンするために使います。
    レボトミンを睡眠導入剤代わりに使っていたときもありましたが、翌日にも眠気とだるさが残るような感じがあり△でした。

 

どの頓服薬も、「ぼーっとさせる」目的は大体一緒なので、睡眠薬と同じようなものと思っても良いらしいです。

 

薬は少量から試すことが大切

【処方されている薬】どんな薬を飲んでいる?双極性Ⅱ型障害とび太の例

manu-schwendener-zFEY4DP4h6c-unsplash

頓服薬をどのくらい飲んだらいいか迷う時は、少しずつ様子を見ながら増量した方がいいと思います。

と言うのも、失敗して辛かった経験があるからです。

 

(私の失敗談)

たとえば、レボトミンは強めの効き目で、「ぐ~~っと」力強く自分を「無気力化」してくれます。しかも30分くらいで。

頓服薬の使い方にまだ慣れていなかった頃の出来事です。

しんどすぎる日があり、すぐに楽になりたくて、衝動的にいつもの3倍の量を服用してしまいました。

プチODですね。

うつ(又は混合状態)だったので判断力が鈍っていたのもあるでしょう。

結果、薬がよく効き(それが薬の効果なので当たり前かもしれませんが)、動けなくなってしまいました。

余計に辛くなってしまい、人生で始めての切る系の自傷をしたり、「自殺しそうなので辞めます」発言をして職場にも迷惑をかけてしまいました。

 

頓服薬は、少し飲んで、それで効かなかったら、追加する。

しんどいときって、一気に飲みたくなってしまうんですよね。

また、そういう時って、自分の体調とか状況を把握できなくなっていたりするんですよね。

 

薬をいったん体にいれてしまったらもう戻せないですし(たとえ吐いたとしても100%は出せない)、

OD状態になったら辛いです。

 

慎重に使用しましょう。

 

運転に関する注意点

薬局でもらう「おくすりの情報」などに、下の写真のように「運転するときは注意してください」というような記述を見かけませんか。

運転時の注意書き 【処方されている薬】どんな薬を飲んでいる?双極性Ⅱ型障害とび太の例

確かに、頓服薬を飲むような精神状態のときは運転しないに越したことはないのですが、運転しなければならない状況もありますよね。

そんなときは次のように判断すれば良いそうです。
  

ぼーっとするときは運転しない

飲んでから何時間経ったら運転OKとか、軽い薬だから大丈夫とかではなく、

あくまで、車に乗るそのときに「運転できる状態かどうか」で判断します。

私は普段、車を使っています(数日に1回程度)。

◎頓服薬を飲んで運転したり、精神不安定なまま運転したりするようなことを避けるための対策

  • 出かける前後に十分な休養時間を設ける
  • 予定自体をキャンセル可能なものにしておく

牧場で働いていた当時、毎朝トラクターの運転の担当があったのですが、ぐらぐらするときは「すみません調子が悪いので…」と代わってもらいました。

 

 

ジェネリック大好きです

【処方されている薬】どんな薬を飲んでいる?ジェネリックを希望しますシール 双極性Ⅱ型障害とび太の例

△ジェネリック希望をアピールするグッズ。左:健康保険証ケース、右:シール。

 

私は今のところ、ジェネリックに変えて何かデメリットは感じていません。

同じものなら安い方が嬉しいです。

気分安定薬のラミクタールも、最初のうちは正規品を処方されていましたが、何しろ価格が高いんですよね。

1錠231円もします;ジェネリックなら91円。

半分以下ですヽ(^^)ノ

 

毎日、そして一生飲むものだからこそ、安いのがいい!

ジェネリックを選べるときには積極的に選んでいます。

お薬手帳や健康保険証に「ジェネリックを希望します」シールも貼って、どんどんアピールしています。

  

使ったことのあるジェネリック薬

  • ラモトリギン錠100mg
    「トーワ」「アメル」「日医工」
  • ゾルピデム酒石酸塩5mg
    「デパ」「ファイザー」
  • ロラゼパム錠0.5mg
    「サワイ」「ワイパックス」
      

味や溶けやすさは、メーカーによって若干違う気がします。

薬局によっては、ジェネリックは取り寄せになることも何度かありました。

 

双極性障害以外で飲んでいたことのある薬

最後に、双極性Ⅱ障害の薬ではないですが、過去に飲んでいたことのある薬を紹介します。

 

  • 低用量ピル シンフェーズT28
    始めは、PMSの改善と、避妊のために飲んでいました。
    双極性障害と診断されてからは、「女性ホルモン由来の情緒不安定」を穏やかにする効果も期待して飲みました。
    精神科の主治医にも、(ピルを飲むことは)良いですね、と言われました。
    気分の波も穏やかになりますし、生理関係のストレス、避妊関係の手間も軽減されるのでオススメです。旅行のときなどに「生理きたらどうしよう…」という不安も抱えなくていいのは素晴らしい。
    産婦人科に通って自分の体を気遣うきっかけにもなります^^
      
  • 漢方薬
    これも、産婦人科での処方で、PMSや生理痛の改善のために飲んでいました。»ツムラの当帰建中湯
    「体がぽかぽかする薬」と言っていたので、きっと穏やかに体を改善してくれていたのですが、はっきりした効果が感じられず、私にはあまり魅力的ではありませんでした。
    漢方薬は相性があるのかもしれません。
    知人は、漢方ととても相性が良いようで、飲みはじめてから体調(気分の波、生理など含め)が良いと言っていました。彼女は漢方薬を専門に扱っているお店で、遠隔から処方してもらっているそうです。
      

 

 

以上、私の処方薬の紹介でした。

双極性障害の薬と言っても人によって色々なんですね。

皆さんがどんな薬を飲んでいるのか気になるこの頃です。

 

▽オススメ記事

「人生終わった…」双極性障害と診断されたら読んでほしい記事まとめ
「双極性障害になったらまずどんなことをしたらいいか」をまとめました。双極性障害と診断されたばかりの人はもちろん、症状改善を目指している人などにも活用していただけると思います。内容は全て私が実際に経験したものを元にしています。

 

気分安定薬を飲み始めてどう変わる?「気分の波」1年半分総まとめ!
...

 

コメント