躁のときの対処法!!躁転を防いで人生を守ろう!!!

躁のときの対処法!!躁転を防いで人生を守ろう!!! 症状改善・ヒント

 

こんにちは。

躁になりそうなんですね。

躁の自覚があるうちは大丈夫です!

気づいてくれてよかった!!

とにかく早く躁を抑えにいきましょう。こちらで紹介する方法をぜひ試してみてくださいね!

 

脳を強制シャットダウン!

躁は、脳が過剰に活動している状態でもあります。興奮している脳を、力づくで抑えていきます。今やっていること、やりたいことをストップしてください。

 

コツは、

  • 脳に入ってくる刺激の量を減らす
  • 副交感神経を優位にもっていく

ということを意識して、頭と体を「リラックス~」させていきます。

ハイテンションな躁も、不機嫌なイライラの躁も、この方法で対処できます。

 

体を調節している自律神経のうち、「交感神経」が優位になってしまったままだと、いつまでも心身は目覚めたままで、躁が続いてしまいす。躁と気づいた現時点から脳をさらに使ってしまうと、もっと脳が活動してしまいます。つまり、脳を使っている限り躁は悪化していきます。過活動な脳を休ませるのが大切です。

落ち着かせてリラックスする方の「副交感神経」の働きを活発にして、躁を抑えていきましょう。

 

脳に入ってくる情報を減らす!

目からの情報や、耳からの情報など、脳に刺激を与えるものを今すぐ排除していきましょう。特に、「目から」の情報量は多いので、視覚情報を抑えるのが効果大です。

脳をとことん休ませましょう。

スマホ・PC・テレビ・蛍光灯をOFF

ブルーライトは交感神経を優位にします。また、画面のスクロールを目で追うのは、頭をすごく使っています。これ以上躁が加速しないように、スマホやPC、テレビなどは消しましょう。

あとこれだけ見てから…あと1つだけ…と思うときは、とりあえず次にやりたいことをメモに書き留め、アプリを閉じるのが効果的です。

 

蛍光灯の白色の光も、脳を目覚めさせます。できるだけ消して、電球色(黄色く温かい色の光)の明かりに切り替えるとなお◎。

部屋を暗くしたり、アイマスクをして横になったり、目を閉じるだけでも効果ありです。

 

音楽も一旦がまん

もし、激しめの音楽を聴いていたら、それもOFFにしてみましょう。大好きなアーティストの曲は、すごく躁転を促します(経験済み)。

歌うのも、すこしストップ。鼻歌くらいにしましょう。

ゆったりした「リラックス用の音楽」なら、小さめの音量でかけていてもOK。風の音とか、鳥のさえずりとか、そういう「自然の音」に耳を傾けてみてください。

 

休憩を入れる!

躁のときは、ずーっと動きっぱなし、考えっぱなしだったりします。

とりあえず座ったりして、休憩を入れてみてください。5分でも、10分でも構いません。静かな場所で横になれるとなお◎。

 

体をポカポカに!

体を温めると、副交感神経が働きやすくなります。

寝る

躁のときは横になっても多分寝れないとは思いますが、とにかく布団に入って、動くのをじっと我慢してみましょう。スマホはNG。ゆったり深呼吸をしながら、マッサージやストレッチをするのもいいですね。

頭の中にいろいろ良いアイディアが浮かぶかもですが、書き留めたりするのは今はガマンです…。

散歩

体がポカポカしてくるくらい(20分くらい)歩くと、気分も落ち着いてきます。途中で踊ったり、走ったりはダメですよ。

 

お風呂に浸かる

熱すぎずない温度のお湯に、ゆっくり浸かります。お風呂で寝れるとさらに効果的だと思います。シャワーよりやはりお湯を溜めて入るのがいいと思います。スマホはNG。歯を磨いたり、体の毛をのんびり剃ったり、マッサージをしたりして、時間を稼いでみてください。

 

 

糖質を食べるのもオススメ!

手軽で簡単な方法。

お菓子でも、カップ麺でも、パンでも牛丼でもなんでも良いので何か食べてください。

 

糖質を摂ると、眠くなりますよね。午後の最初の授業とかでものすごく眠くなる、あの効果を使います。

糖質はある意味「鬱薬」。かなり強力に落としてくれます。躁っぽいときは、食事をあまり食べていなくても平気だったり、食べるのを忘れていたりすることもあります。躁の今は遠慮せず食べてOK。

 

飲み物は、冷たくないものを、ゆっくり飲む

ジュースとか、牛乳とか、ココアとか、スープとか…飲み物はできれば、冷たいものより、温かいものを。そして、ゆっくり飲むように意識するとさらに◎。牛乳を噛むようにして飲むとか。冷たいものをキュっと飲むと、かえって目覚めてしまいますので、注意。

※カフェインやアルコールが入っているものはダメですよ!!(躁が悪化する)

 

何か食べ物が胃に入ると、消化管が働き始め、血がそっちへ持っていかれ、副交感神経が優位になります。消化管を働かせることで、強制的に落ち着かせましょう。

 

 

誰かといるとき

自宅にいるときは、すぐ対処もしやすいかもですが、もし誰かに会っている最中とか、仕事の間とかに躁に気づいたときは、なかなかできることも限られてきますよね。

 

とりあえず黙る

会話は、脳をかなり使います。とりあえず、どんな内容でも、言葉を出さないようにしましょう。躁せいで失敗する(人間関係を崩壊させる)のも防げます。

席を一旦離れるのもいいと思います。できれば、「ごめんちょっと、休憩してくる」とか「自分を落ち着かせてくる」とか一言伝えられるといいと思います。双極性障害だと知っている相手なら、「躁になりかけてるから」と言葉にすると、相手にも自分にも意識付けになります。

 

帰る

もし抜けられそうな場であれば、「ごめん、躁になりそうだから先に帰るわ」などと一言伝えて、先に抜けてきましょう。

電車や駅のホームなどにいるだけでも、脳に入ってくる情報量がすごく多いので、なるべく最短距離で帰宅しましょう。寄って見たいお店があっても、ぐっとガマンです…。

 

特に、飲み会やカラオケなどは速攻で抜けてきましょう。その場がシラケてしまうかもですが、躁転して人間関係を崩壊させるよりはマシです。

 

薬にも頼ろう!

もし手元に、医師から処方された「躁にも使える」頓服薬(抗精神病薬や抗不安薬や、睡眠薬(睡眠導入剤)など)があれば、ぽいっと口に放り込みましょう。

とりあえずは「最低容量」ですよ。1番少ない量だけ飲んでみてください。ODしてはいけません。

ただし、眠くなる系のものなどは、すぐに安全な場所に行けるときだけにしてください。薬が飲めないときは、代わりに先述した「甘いもの」を食べるのもおすすめです。

 

躁の抑え方まとめ

それでは最後にもう一度、躁を抑える方法をおさらいします。

 

脳を強制シャットダウン!
  •  脳に入ってくる情報を減らす!
  • 休憩を入れる!
  • 体をポカポカに!
糖質を食べるのもオススメ!

 

誰かといるときは…
  • とりあえず黙る
  • 帰る
薬にも頼ろう!

 

 

いざ躁の時に、「やりたい!」を抑えるのって、ほんとつらいですよね。やりたいことが、できない苦しみ。双極性障害じゃなければよかったのに…!って思う瞬間かもしれません。

 

衝動を抑えるのって、簡単そうですごく難しいな、と私は日々感じています。

 

躁に気づいているだけ、まだ間に合います!この記事で紹介した方法を、少しずつ、1分でも良いので試してみてください。

 

躁の波が去った目安は、「なんか何も考えてないな」くらいにぼ~っとできる状態です。

 

自分の手綱を、ぐ~~~っと引いて、離さないでくださいね!

頑張りどころはここですよ!ファイト!!

 

 

▽私の躁転エピソード

双極性Ⅱ型障害【経験談~躁編】その夏、躁は彗星のようにやってきた
...

 

▽双極性障害の症状を改善する方法

【気分の波を抑える】これがベストな方法!双極性障害・うつなどの症状改善に
双極性障害・うつ病など気分障害の【気分の波】を穏やかにする方法です。根本から改善を抑えることを目指しています。双極性2型障害の私が実際にやってみて効果があったのは、『規則正しい生活』と『脳を疲れない』ことです。

 

 

コメント