【北海道移住宣言⑤】社会人受験の支え方って?涙と愛とセンター試験

【北海道移住宣言⑤】社会人受験の支え方って?涙と愛とセンター試験 北海道移住宣言!

こんばんは。

明日はいよいよ、夫の大学入学共通テスト(旧センター試験)です。

私は、どうすれば力になれるのか?

考えて、分からなくて、社会人受験の“難しさ”に泣いた日もありましたが、時間はきっちりとやってきました。

 

 

***

 

2019年10月にスタートした、【北海道移住宣言】のあらすじをざっくり紹介すると…

▽はじまり🐮…夫が北海道で学生に!?

28歳プレ親夫婦、北海道移住宣言!
...

 

▽お金の計算🦊…月10万円貯金すればなんとかなりそう!

【北海道移住宣言②】お金編⭐︎引っ越し&学費&生活費どのくらい!?
...

 

▽移住のタイミング🐻…コロナだけど受かるか分からないけど夏までには引っ越す!

【北海道移住宣言③】コロナでどうなる?!受験は?引っ越しは?
北海道に移住したい!2020年8月の進捗です。双極性障害と乳児をかかえ、夫が十勝で学生を目指しています。新米親子、コロナ禍だけど野垂れ死なずに移住できるのか!?

 

▽受かっても落ちても4月か5月に行きます。

【北海道移住宣言④】引っ越しの時期が決定!両親にも伝えたよ!
...

 

 

 

***

 

「社会人受験!大変だね〜」

いろいろな人から言われた言葉。

私は、その『大変』の意味を、『勉強時間』でだけ考えていました。

現役の高校生と比べて、10年以上のハンデがある。

高恋生は毎日テスト対策してるような感じだけど、仕事していると時間は少ない。

家族が否応なく時間を削ってくる。

0歳児の世話、双極性障害の妻と一緒の生活を成り立たせるために夫はたくさんの労力をかけてくれている…。

 

 

今、社会人受験の大変さとは、『ひとりじゃない』大変さもあると知りました。

それは、夫には「家族のために頑張れパパ!」みたいなプレッシャー面の苦しみ。

妻の私には、『ひとりじゃない大変さ』を背負わせているのが自分という苦しみ。何もできない現実に耐える苦しみ。

 

私は、夫が勉強時して欲しくて、自分が邪魔をしたくなくて、プレッシャーをかけたくなくて…毎日毎日そんな想いでいっぱいになって、でも私が不安定になったらまた時間を奪ってしまう…と、いつのまにか必死になっていました。

「支えるってどうやったらいいんだろう?」

過去の経験からは思い付かない。妻になった今、自分で作り上げなければならない…。

 

「どうしたら力になれる?」

夫に訊くと、「いつも通り過ごしていて欲しい。」

あぁ、普通って何だっけ。分からない…。

 

 

センター試験1週間前から、息子を連れて実家に泊まることにしました。

ご飯は?洗濯物は?シャツのアイロンは?もしかして私たちがいないと寂しい?なんて不安でいっぱいでしたが、

やってみると、本当に夫をひとりにしてよかった。

買ったご飯でも、風邪も引かず健康です。心配とか言って自意識過剰でした(笑)

 

 

社会人受験を応援したいときに家族ができること

特に、子供がいる場合、

ひとりにしてあげること

が、すんごく良いのではないかと思います。

 

どれだけ、夫が「家にいても大丈夫だよ」と言ってくれても、子どもが泣いたり、お風呂に入れたり、妻と会話したり…その他いろいろな雑多なことに時間を取られるのです。気も散るし、気持ちの切り替えも大変。

 

自分が家にいる限り、夫は勉強できない。

そして、その姿を見てしまうと、自分の精神もやられる。

 

自分&子どもが家を空けるか、夫がどこかに出掛ける

実家が近くにあるのなら子どもと一緒に泊まりに行くもよし。無いならホテルに連泊したっていい。

これが、一番良い解決策かなぁと思います。

家族のラブラブは、試験が終わったら心置きなく過ごせば良いのですから。

 

土日だけでも、もっと早くやっていれば、というのが後悔です。諦めの悪い自分の悪いところでした。

 

 

 

***

 

夫が健康に試験を迎えられそうなこと、今夜は早く寝たようなことに、彼のたくましさに感動し、彼は大丈夫だという気持ちが湧き出しています。

 

あっくん、がんばって!!!

 

 

 

 

コメント