【29才の自由研究】お葬式ってなんでやるの?

【29才の自由研究】お葬式ってなんでやるの?意味ない? MORE

昨日、祖父が死にました。

来週お通夜、お葬式があるのですが、なぜお葬式をやるの分かりません。

そこで、実際にお葬式に参加して、自分なりに気づいたことをまとめたいと思います。

 

 

お葬式とは

今回、私の祖父のお葬式は『仏式』です。日蓮宗?だとか。

お葬式とは、『よりそうお葬式』のサイトを参考にすると、

  • 故人の死を悼み、極楽浄土や天国へ送り出し、遺された側がその死を受け止め、お別れをするための心の整理をする行為
  • 親しい人の死を通して生を考える場
  • 家族や親族が集まる場
  • 火葬による遺体の処理や社会的にその人が亡くなったという事実を証明するため

といった面があるそうです。

※『お葬式』は、『葬儀』や『告別式』を総称した呼び方らしいです。

 

ちなみに、お坊さんが来る『仏式』以外の1つ、『神式』のお葬式(※神葬祭)について調べてみたところ、お寺のお坊さんではなく神社の神主さんを呼び、お経ではなく祝詞(のりと)を読んでもらいます。

神式では亡くなった魂は輪廻転生するのではなく、その場に留まって家の守り神になると考えられています。

似ているようで違う!仏式と神式の違いとはー西田葬儀社

神式では、死んだその人が神様になるんですね。

 

 

【参列前】お葬式への今の気持ち

今の気持ちは、

行かなくていいなら、行かなくてもいいかな。という感じです。

最後、生きているときに、もう「ありがとう」は伝えたからです。

人が集まる場やイベントが苦手(親族であっても緊張する)というのもあります。

 

しかし、お葬式についての自由研究をしようと思い立ったことで、お葬式への興味が出てきました。

コロナの渦中のため小規模にやるらしいことや、0歳児がいるおかげでちょいちょい会場を抜けて良さそうなのも、ハードル下がっています。

 

なぜ面倒臭がっているのか?

1つは、死体に興味がないからだと思います。

もう一つは、お葬式という儀式(イベント)の必要性がよく分かっていないからだと思います。お金の無駄だなぁとか思ってしまうところがあります。

 

お葬式では、みんなが故人にお別れや感謝を伝えるイメージがありますが、死体に言葉をかけても意味がないと思ってしまいます。

近くにもし“魂”みたいなものがいたら、伝わるのかと思いますが、それならお葬式でなくても伝わるのではないかなぁって。

 

このような感じで、お葬式に対する気持ちは、今、あまり積極的ではありません。

 

 

【予想】お葬式をやる理由

お葬式は、人間がそれはもう昔から行ってきた儀式ですよね。現代でもお葬式は定着しています。

こんなにもみんな、お金や労力をかけてお葬式をやるのですから、何か理由があるはずです。

お葬式に行く前に、「どうしてお葬式をやるのか?」について、自分なりに想像してみたいと思います。

 

理由1:気持ちの区切りをつける

お葬式は「残された人のため」というのを聞いたことがあります。

たとえば、故人が生きている間に伝えたいことを伝えそびれてしまったとしても、お葬式で伝えれば、後悔が軽くなったりしそうです。

私の姉は事情があって葬儀には来れないのですが、棺桶に入れて欲しいと手紙を祖父宅に送ったそうです。

死んでしまった人に対するモヤモヤや後悔を、スッキリさせる目的でお葬式はあるのかもしれないと思いました。

 

理由2:「もう逝くしかないや」と思ってもらう

数日前に祖父が高熱を出してからというもの、親や叔父叔母、兄弟、いとこ…ほとんどみんなが会いに行っていました。みんな、それぞれ、気持ちを伝えたのでしょう。

もし自分が死んだ側だったら、と考えてみたのですが、大切な人たちが会いに来てくれこととか、言葉とか、きっとすごく嬉しいと思います。

同時に、「もう逝くしかないや」みたいな気持ちになりそうだなぁと思いました。

「こんなにみんなに『逝く雰囲気』をつくって貰ってしまったら、もう戻れない(ここには留まれない)よね…」みたいな感じで。。。

お葬式は、『儀式』。みんながたくさん集まって、できるだけ華やかにすることで、『逝く雰囲気』を作る作業なのかも、と思いました。

 

理由3:お金が動く

お葬式をやると、大きなお金が動きます。

豪華にお花を飾ったり、香典返しだったり、お坊さんにお礼を渡したり…。

たとえばバレンタインみたいな感じで、『気持ち』ビジネスとして、お葬式が開かれるのではないか?と思いました。

 

 

お葬式に出て分かったこと

【ヒアリング】周りの人に訊いてみた

お葬式中、タイミングがあったときに「今どんな気持ち?」と質問してみました。

おばあちゃん

納骨のとき。「次第に分かってくるんじゃないかね」。たくさん、少しずつ涙を見せていた祖母でしたが、まだ祖父の死を実感できていないのだと思いました。

納骨の後。うろ覚えなってしまったのですが、すっきりした…区切りが付いた…という感じの言葉を言った後に、「燃やすとき(炉に入れるとき)は、さみしかったけど…」。燃やす前と後で気持ちに変化があったようです。

 

お通夜の最後にあった、お坊さんの言葉

「(想うこと、お経などは)お手伝いをすること」。

送り出す、みたいに責任を持たなくていいのだな。お手伝いならたくさんの人がいた方がたくさんの力になりそうだな(=たくさんの人を集めるのも意味がある)、と思いました。

 

感じたこと

・納棺のとき@祖父家…棺に入れる、お花がきれいだなぁと思いました。

・お坊さんのお経を聞いていると、ぼ〜としてきた。お経の時間は長くて退屈なイメージがあったけれど、悲しい気持ちとか痛みを和らげてくれる効果があるのかもしれない。

・おじいちゃんはお手本みたいな“良い死に方だなぁ。(寝たきり期間が半年くらいで、最後は枯れ木のようになって、家族みんなに会って、苦しまずに息を引き取った。)

 

 

【まとめ】お葬式をやる理由

お葬式をやる理由は、まず、亡くなった人を成仏させるという「ツール」的な面。故人は、お葬式をやられたら、逝くしかない。

 

そして、『お葬式は残された人のための儀式』という言葉が意味するところ…

気持ちの区切りをつける(=苦しみから解放する)機会をつくるという面。

 

つまり、お葬式という儀式は、亡くなった人のためでもあり、残された人のためでもある。

送られる人、送る人、どちらの存在も救うお手伝いをするものだと考えます。

 

送る側を「救う」とは?

お葬式が終わった後に、「もし夫だったら…」と少し想像するだけで、涙が、わーっと流れました。

今回は、祖父で、祖父が老衰の死だったから、お葬式で涙は出ませんでしたが、これが夫だったら、たぶんそれはもうずっとしがみついて泣き続けるだろうなと思いました。

悲しみで心身が痛い。苦しい。耐えられない。もういっそ殺してくれ。私も死にたい。早く追わせてくれ…と。

しかし、今は、お葬式はきっと私を苦しみから解放する『お手伝い』をしてくれるものと思うようになりました。

気持ちを切り替えて、生きてゆく道を選ぶ、という、とても難しい作業を手伝ってくれる。

 

目の前で冗談みたいにかわいく箱に詰めさせられて、炉に入れられて、目の前で骨を砕かれて…なんて酷いイベントなんだと思いました。

絶叫したくなるようなエグいシーンをこんなにもたくさん『見せる』のは、残された人、特に受け入れたがらない人に、容赦なく『死』を押し込む作業。

むごいけれど、痛みを与えるけれど、長い目で見たら、残された人の残りの人生を良くすることができるはず。

愛する人を追おうとする人がいるのなら、お葬式をもう二度とできないくらいに豪華にして、集まりきれないくらいに人を集めよう。もうお葬式が無かったなんて、もしかすると死んでないんじゃないかなんて、言わせないぞ…。

…そんな目的もお葬式にはあるのかもしれない…と思いました。

 

 

感想

お葬式に行ってみて、

私は、お葬式に行くまで、義務感とか世間体のようなものくらいしか動機がなかったような状態でしたが、参列してみて、お葬式も悪くない行事だなと思えるようになりました。

香典返しがたくさん返ってきてしまうこととか、喪服を着なくちゃならないこととか、時間がかかることとかはまだモヤモヤしますが、お葬式という儀式に対して、やわらかい気持ちなれたような気がします。

宗教(仏教)に対する知識ぜんぜんないんだな、とも知りました。お葬式でやることの一つ一つの意味や目的を知りたくなりました。

 

少し外れますが、この記事を書きながら、「自分ほんとアスペだな〜」と思いました。≫自分が発達障害だと思う理由

お葬式は『感情』とか『気持ち』とか『心』が関係してくるイベント。それがよく分からなかった。

 

お葬式の本当の意味や理由を知らない状態ですが、自分なりの答え〜納得〜が得られたので、自由研究してよかったです。

 

 

余談:自分だったらどんなお葬式をして貰いたいか?

私は、死んだらゴミ袋に入れて処分してもらえれば良い、と思っていました。

現代の人間の死体なんて、他の生き物の食べ物にもなれないし、火葬にかかるエネルギーがもったいないなぁと思ったからです。

でも、結婚して、こんなにも自分を愛してくれる人がいると知り、ゴミ袋入れて貰うのは、自分は良いけど、もしかしてそうしたくない人もいるのかも、と気付きました。

もし、どんな風に弔ってほしい?と訊かれたら、私は、なるべくお金と手間と、周りへの影響が少ないお葬式がいいなぁとは思いますが、それらを全部含め、

見送ってくれる人の「おまかせ」でも、ありでしょうか?

 

 

 

***

お葬式に赤ちゃんを連れて行くときは、おしゃぶりがめっちゃオススメです!

 

 

コメント