私がトイレで泣く理由。パニックとは?対処法と予防法【発達障害/ASD】

私がトイレで泣く理由。パニックとは?対処法と予防法【発達障害/ASD】 発達障害

 こんにちは。

私は、ASD(自閉スペクトラム症/旧アスペルガー症候群)の傾向があります。

 

そろそろ30歳になりますが、最近まで、『パニック』とは何なのか分かりませんでした。

そのため、小さい頃からパニックを自覚することができず、生きづらく、大きなストレスを受けてきてしまったと思います。

 

そこで、たくさんパニックを繰り返してきてやっと分かった、

パニックとは何か?どんな状態か?

を書きたいと思います。

 

※この記事で扱う『パニック』は、『パニック症』や『パニック発作』≫参考:MSDマニュアル家庭版のような重度っぽいのものではなく、発達障害、特に自閉スペクトラム症で言及されるような「どうしたらいいか分からなくて困っている」というような状態です。

 

パニックとは?

私がイメージする『パニック』は、

叫ぶ、暴れる、キレる、泣きわめく、フリーズする、自傷する、合理的でない言動をする、…など。

意味不明とか、荒れ狂うとか、錯乱する、という感じ…。

 

周りからすると、迷惑。うざい。困った人。
でも、本人はとても苦しい。

 

私のパニックのサイン

その人それぞれパニックの出方は色々だと思いますが、私はパニックになると次のような感じです。

  • 逃げる
  • 涙が出る
  • 何か投げる・殴る
  • イライラする
  • 過食嘔吐する

 

私は、外から見たら固まっている(フリーズしている)感じのときが多いのかもしれません。
しかし、頭の中は苦しいほどに騒がしいです。

逃げるときの、逃げる場所は、誰もいない空間です。
学校や職場のトイレ。結婚してからはクローゼット。散歩っぽく歩き去ることも。
MAXにパニックになると、体育座りで号泣してしまいます…。

でも、ひとりになれない状況だと、何か投げたり、殴ったりといった、衝動的・破壊的な行動をとってしまいます。
一瞬で爆発する感じなのですが、収まるのも早く、何か破壊した後はスンっと落ち着きます。
たとえば最近だと、積み木やおもちゃを投げたり、絵本を破いたり(息子ごめん)、自分の頭を殴ったり、腕を噛んだりしました。
この行動をするときの感覚は、リストカットするときの感じとも似ているな、と思います。

誰かに対してイライラ、不機嫌になってしまいます。本当は助けて欲しいのに。天邪鬼的というか、メンヘラというか、そんな態度の自分が本当に嫌になります。

過食(過食嘔吐)してしまうこともありますが、過食は自分を『ぼーっとさせる(強制的に落ち着かせる)』行為と聞いたことがあります。
≫私が過食嘔吐をしはじめて双極性障害と診断されるまでの話

 

これらのような行動をしていたら、「今パニックなんだな」と思うようにしています。

 

 

発達障害(自閉)的パニックへの対処法

さて、いざパニックになったらどうしたらいいか?、ですが、

誰もいない空間でひとりになるのが一番だと思います。

さらに、静かに、暗くして過ごす。
五感への刺激を減らすと自然に脳も落ち着いてきます。
私は15分くらいすれば夫に「ごめんなさい」を言えるようになります。

また、何かを食べることはおすすめしません。

誰かに話を聞いて貰いたい・言いたいときも、誰かとコミュニケーションを取るのは自分が十分に落ち着いてから
衝動が強いうちに行動すると、余計に事態を悪化させる気がします。(ほんと、「死のうかな」みたいな感じ。)
だいたいのことは明日にしても良いことですから、いったん全部、保留しましょう。

 

パニックの対処法は、自閉スペクトラム症の子どもへの対応の仕方がとても参考になります。
たとえば、教室の角に間仕切りで小さい空間を作っておいて、パニックになったらそこへ入るようにするのが良いと聞いたことがあります。

誰もいない空間が無いときは、音楽とか本とか、なにか『これが自分の世界』みたいな存在を、意識して準備しておくのもいいかもしれません。

 

 

発達障害(自閉)的パニックを予防する

自分がやれることには、環境整備と、訓練があると思います。

『環境整備』は、まずは、音や光などの五感への刺激を減らしていきます。もしかすると、職場や住む場所を変えた方が良いこともあるかもしれません。

『環境』には、他の人(人間関係)が関係してくることもあります。そうすると、自力で頑張っても、なかなか環境を改善しにくいこともあるかもしれません。

(人間関係が関わってくるパニックへの予防法については、別記事に書きたいと思います。最も安心する存在なはずの夫が原因で、何度もパニックを起こした経験から学びました。)

 

 

まとめ:自覚するって大事

最初に戻ってしまいますが、自分がパニックになっているのかどうか自覚できなければ、解決に向かえません。

自分は今パニックなんだ、と、決断すること。認めること。折れること。

 

この記事を書いたのも、私と同じような境遇の人に、「自分はパニックになっているのかもしれない」と気づいて欲しい、という気持ちでした。

気づければ、何か対処することができます。

 

パニックかも?と思ったらパニックでいい

でも、パニックを自覚するのは結構難しい。

なぜなら、パニック中は【判断】ができなくなっているからです。

なので「もしかしてパニックになってる?」という疑問が浮かんだらパニック考えてOKくらいに私は思っています。

 

 

 

コメント