双極性障害の【身体症状】 症状は体や感覚にも出る

双極性障害の【身体症状】 症状は体や感覚にも出る 改善・ヒント

 

こんにちは。双極性Ⅱ型障害のとび太(@umayano2)です。

 

双極性障害の症状は、「気分の波」の他に、体で感じる症状(身体症状)もあります。

 

しかし、うつ病と比べると双極性障害の身体症状は「少ない」とされることが多いようです。

生活に非常に支障をきたしているのに、スルーされがちなんですね。

 

たとえ何かに比べて「軽い」と言われたとしても、本人が「しんどい」「いつもと違う」と感じていればそれは双極性障害の【症状】だと言っていいと思います。

 

症状の出方はほんとうに人それぞれです。

 

▽たとえば「うつ」のときにこんな症状を感じる人も。

 

 

この記事では、私がよく感じる「体の症状」を紹介します。

»気分の症状についてはこちら

 

双極性障害の身体症状

 

双極性障害の体の症状には、たとえば下のような症状があるそうです。

(躁うつ病の症状の特徴)

身体症状 早朝覚醒、熟眠障害、入眠障害などの睡眠に関する症状がみられる。頭痛、肩こり、関節痛、耳鳴り、頻尿、消化器症状を訴えることもある。

気分障害(うつ病・躁うつ病)とはどんな病気 所沢市 

 

でも、私は「これだけじゃない!」って思います。

 

以下が、私が感じたことがある症状です。

頭痛

  • 頭がキツい感じの鈍い痛み
    頭痛を感じるのは、脳の前側あたりだったり、カチューシャを付けるあたりの位置だったりします。

 

しんどさ

  • 苦しい
    息苦しさ、喉から何か出そうな感じ、胸のつかえ感
      
  • 動けない
    体が思うように動かしにくくなります。
    言葉が出てこなくなったり、動きがゆっくりになったように感じます。

    緊張病状態、体が硬直してしまう。昏迷(こんめい)状態とも言われるそうです。
    こわばりや緊張が出てくると、どもり、ロボット感、手の震え、文字が崩れる、などが起こります。
    力が入らなくなると、モノを落としたり、やたらつまずいたり、お盆をひっくり返したりしがちです。

      

  • 熱がある感じ
    ふらふら、だるく、めまいを感じることもあります。
    実際に熱を測ってみると、微熱か、熱は無かったりします。でも体感的には、39℃の熱を出したときと同じでした^^;
      

「あ~しんどい」って思います。もういろいろ放り投げて逃げたくなります。

 

 

感覚の異常

 

  • 視力の変化
    冴える(目が良くなった感じがする)、あるいは目が悪い感じがします。
      
  • 視野の変化
    トンネルの中から覗いているように、視野が狭い感じがします。
    視野狭窄(心理的視野狭窄)というそうです。
     
  • 五感の変化
    痛み、疲れ、冷え、味、などを感じにくい。
    体がしびれる感じ、鳥肌が立つ感じがしたこともあります。
      
  • 世界との距離感が狂う
    世界が遠く感じられることが多いです。
    音が遠い、又はうるさく感じられる。
    自分が自動で動いている感じや、実感がない感じ、時間の感覚が飛ぶ感じがすることも。

    ちなみに、視野が狭い感じなどは、私の場合一時的ですが、これが更にひどくなると離人感などにつながるのかもしれません。参考»離人感/現実感消失症 – 10. 心の健康問題 – MSDマニュアル家庭版

 

▽例えばこの方は、視野狭窄をうつの症状と関連付けています。

 

 

脳の機能低下

  • 記憶が消えていく感じ
    見たこと聞いたことが頭に入っていかない感じがします。
      
  • ブレーキがかけられない
    止まっていられないため、やりすぎて疲れてしまいます。

 

 

ある日の症例

牧場で働いていた頃のことです。

朝の仕事を終え、日中は人と会い、帰宅後に散歩にも行きました。そして、その後また仕事。

仕事ももう終わりに近づいた夕方のころ、下記の症状を感じました。

  • 頭がキツい感じの頭痛
  • 視野が狭い感じ
  • 鳥肌
  • 脱力
  • めまい

 

そしてこのとき、頭痛が数秒続く→体がじわ~とする感じ(熱感)が数秒ごとの繰り返しで起きました。

これには自分でもぞっとしました。

 

原因は、疲れすぎだと思います。

疲れすぎて、脳がバグったのでしょうね。

 

 

身体症状が出やすくなる原因

身体症状が出る原因は、脳が上手く働いていないせいだと思います。

 

どういうときに脳が働かなくなりがちかというと、下記のようなときです。

  • 人と会った後
  • 天気が悪いとき
    (低気圧の接近、どん曇りなど)
  • 疲れているとき
    (暑すぎるとき、休憩なしで活動した後、糖質を食べ過ぎた後、ADHD状態の後など)
  • 気分安定薬を飲み忘れているとき

 

身体症状が出るときは、「気分の波」が乱れるときと似ているなと思います。

原因は一緒なのかもしれませんね。

»【気分の波】根本的な原因は「脳の疲れ」と「ストレス」だと思います

 

混合状態のときに出やすい

また、私の身体症状はどんな「気分」のときに出やすいかというと、混合状態のときです。

ですが、はっきりとリンクしている感じでもなく、身体症状だけが単発で出てくることもあります。

 

気分安定薬でぐっと改善しました

私が飲んでいる気分安定薬はラミクタールです。»私の処方薬

最近は、身体症状を感じることはとても少なくなりました。

 

たまに飲み忘れるのですが、薬を飲んでいないと、とたんに身体症状が出てきます。»気分安定薬を飲み忘れたときの経験談

つまり、薬のおかげでかなり症状が抑えられているのだと思います。

 

「調子が悪い」状態として自覚を

 

どんな気分にしろ、体調にしろ、「普通の状態じゃない」のであれば「調子が悪い」と考えていいのではないかと私は思っています。

私は、±0(ふつう)の気分以外は、「調子が悪い」状態だと思っています。

身体症状も、「健康(つやつや、元気)」なとき以外は「調子が悪い」と考えましょう。

 

そうした方が、症状が軽いうちに対策を打てます。

 

「調子が悪い」ときは、とりあえず休んでくださいね…!

 

 

それでは、以上でした。

 

精神疾患は、いろんな症状があって面白いですね。

脳がどれだけ複雑なものなのかが伝わってきます。

 

「双極性障害はほんとに脳の病気なんだな~」と実感している日々です。

 

 

 

▽関連記事

うつ・躁・混合状態だけじゃない!気分5種類をマッピングしてみました
双極性障害の「気分」を種類分けして、マッピングしてみました。双極性障害の「気分」で代表的なのは、「うつ(鬱)」、「躁」、「混合状態」ですが、実際にはどんな症状なのでしょうか。この記事では、私が実際に経験している気分を紹介しています。

 

【気分の波】根本的な原因は「脳の疲れ」と「ストレス」だと思います
...

 

 

 

 

コメント