不安を指摘されて、安心した。

【双極性障害・うつ】不安を指摘されて、安心した。周りの人に自分がどういう風に見えるか訊いてみよう! 改善・ヒント

 

今回の言われて嬉しかった言葉は、「不安そうだね」です。

 

 

 

その日は、殺し合いをするような、嫌な夢で目覚めた

 

引っ越しが1周間ちょっとに迫っているため、片付け中のモノや処分するゴミで部屋がいっぱいで、歩くとなにか蹴ってしまうくらいでした。早く片付けを終わらせたい。1つでも片付けようと、目につくものから片付けたり掃除したり、朝からガサゴソやっていました。だるい感じがするけれど眠くはない。朝から何となく不快な気持ちでした。

 

「間に合うのかな」

 

片付けをしながら、不快な感じはだんだんとイライラに変わって来ていました。

 

「ぶつけちゃダメだ…」

「イライラが通り過ぎるまでこらえよう…」

 

イライラするのは、負のエネルギーはあるってこと!何かをして負のエネルギーを消耗させよう作戦を始めました。使い切ったボトルを丁寧に洗ってみたり、出かける用事は無いけれど化粧をしてみたり、久しぶりに前髪を切ってみたり。

 

 

マイナス×マイナス=プラス!

 

 

しばらくガサゴソやっているうちに、イライラしたトーンにならずに話せそうと思えてきて、落ち着いた気がしてきたので、夫にやっと話しかけてみました。

 

「ねぇ、今の私についてどう思う?」

 

 

 

 

不安そうだなって思うよ。

 

 

イライラしているねとか、気が立っているね、とかそういう風に見えていたと思っていたので、「不安そう」という言葉は意外でした。

一瞬「これ以上訊いたらめんどくさいと思われるかな」という思いが頭に浮かびましたが、さらに訊いてみました。

 

「不安そうって、どういうところがそう思った?」

 

 

目。

 

以前、うつの症状で不安が強いときに、夫から「目が違う感じがする」と言われたり、自分で鏡で目を見ても「真っ黒」と思ったことがありました。

 

 

あと、なにかしていないと落ち着かなさそうなところ

 

 

それを聞いて、自分でもびっくりするぐらい、気持ちが落ち着きました。

 

そうか、この嫌な感じの根っこにあるのは、『不安』なのか…!

アハ体験でした。

す~~~っと、穏やかな気持ちになれました。

 

この「不安そう」という言葉で表してもらって振り返ると、今朝の嫌な夢も、引っ越し片付けの焦りも、相手の視線が気になってイライラしてしまうのも、「私って今どんな風なのかな」と誰かに確認したくなってしまうのも、全部、『不安』からきているのだな、と気づきました。

 

 

主観、客観をすり合わせて自分がわかった

 

今の自分がどういう状態なのか、自分では分かっているような気持ちになってしまいますが、ぜひ周りの人にも訊いてみてください。答え合わせをしてみると、もっと生きやすくなれるかもしれません。

 

不安なときは、「こんなの訊いたら迷惑かな」とか「イライラさせてるかな」とかネガティブなことを想像してしまって、話しかけたり、質問したりすることができなくなってしまいがちですが、一緒に長い時間を過ごしてきた人なら、きっと快く答えてくれるはずですよ!

 

「今の私ってどんなふうに見える?」と質問することについて、私の夫もこう言ってくれています。

 

 

訊いてくれたらうれしいよ^^

 

 

私も、もし訊かれたら嬉しく思っちゃいます!

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました!

 

 

文頭の画像の出典:Photo by David Schertz on Unsplash

コメント