ブルーライトカットメガネをやめた理由。クリアレンズに交換しました

 

 

こんにちは。

 

2年ほど前に作ったブルーライトカットメガネのレンズを、普通のクリアレンズに交換しました。

 

 

使っていたブルーライトカットメガネ

ブルーライトカットメガネをやめた理由。クリアレンズに交換しました

△実物はもう少しレンズが茶色く感じます。

私が買ったのは、Zoffの、Zoff SMARTというタイプのメガネです。

  • ブルーライト50%カット(カット率がZoffではいちばん高い)
  • 非球面レンズ

セットで7000円のものでした。

 

夜スマホやPCを見るときの眩しさをできるだけ軽減したり、ブルーライトの睡眠への影響をなるべく減らしたいと思って購入しました。

Zoffにした理由は、お店が近くにあったからです。

 

 

ブルーライトカットメガネをやめた理由

せっかく買ったブルーライトカットメガネをなぜやめたのか?ですが、

ブルーライトカットメガネの効果が無かったとかではないです。

それ以上に、気になってしまったのが次の3点です。

 

理由①:青い光がチラつく

ブルーライトカットメガネをやめた理由。クリアレンズに交換しました

△顔側から見たところ。自然光でも角度によってこのくらい反射します。

50%カットのブルーライトカットメガネは、見た目が既に茶色いように、薄いサングラスをかけたような感じに眩しさを和らげてくれます。

これは、期待通りの目の楽さでした。

 

しかし、ブルーライトはメガネの内側でも反射するんですね。

そうすると、視界に青い光がチラつくのです。強く。

これが苦手でした。

 

スマホから来たブルーライトはカットしてくれるけど、私の後ろから来る光(照明や自然光)はむしろ私に向かってくる…。

風呂上りの夫が洗面台の蛍光灯を付けているときにうっかり背を向けたりしたら、バッっと青い光に襲われました。

これじゃあんまり意味ないのかな…と感じてしまったのです。

 

 

理由②:ニ刀流がめんどくさくて

理由①のように、青い光が気になってしまった私は、スマホなどの画面を見ているとき以外は普通のメガネにするようになりました。

日中は普通のメガネ、夜はブルーライトカットメガネ、という感じで、2本のメガネを使い分ける『メガネ二刀流』です。

すると、遠くにブルーライトカットメガネを置いてきてしまったときは、わざわざ取りに行かなければならない。

私は適当なところに置いてしまうズボラなので、「あ〜寝室に置いてきちゃった〜」というのが何度も起こることになります。

ブルーライトカットメガネを使うのがめんどくさくなってしまいました…。

 

また、二刀流で使うと、メガネを替えたときに、若干、見え方が違ってくるのもプチストレスを感じました。

2本のメガネを使い分けるのは、私は向いてなかったみたいです。

 

 

理由③:画面を暗くすれば十分

たとえば今使っているiPhoneだと、電源ボタン3度押しで、画面の明るさが一段階ガクンと落とせます。(ブルーライトカットメガネを買った後に知りました…)

すると、真っ暗な中でも、眩しくないくらい、暗い画面にできます。

この機能がPCにあるかは分からないのですが、スマホによっては、ブルーライトを抑えて黄色めな画面に調整できる機能(ナイトモード/おやすみモード?)があったりしますよね。

それを使うと、目はそんなに疲れない。

ブルーライトカットメガネをかける手間をかけなくても、スマホの画面自体をめっちゃ暗くすれば十分かなと思いました。

 

 

1日中つかうメインのメガネには不向きかも

ブルーライトカットメガネを買ったときの当初の予定では、メガネの日は、一日中ブルーライトカットメガネを掛けようと思っていました。

私は軽い視覚過敏(まぶしく感じる)があり、日中は薄いサングラスの代わりになるかなと思ったからです。

(コンタクトの日は、度無しのサングラスを使っています。)

光が眩しい!気分安定薬(ラミクタール)を飲みはじめて感じた光過敏
光が眩しく感じられるようになり、その原因として思っていることについてまとめました。双極性障害の気分安定薬(ラミクタール)の影響や、自閉スペクトラム症(発達障害/ASD)、自律神経の影響などを疑っています。

 

しかし、『外出するとき』のブルーライトカットメガネが思ったより不便に感じてしまいました。

特に、運転するときは、先述の『青い光がチラつく』のが危険。

ブルーライトカットメガネは、サングラスの代わりに使うのはオススメできないかもです。

 

…結局、普通のメガネで一日中過ごすようになりました。

メガネで外出中は眩しいときもありますが、ブルーライトカットメガネをかけるよりは気が楽なので、ガマンしています。

 

人気なはずなのになんで見かけないんだろう?

最近も、いろいろなメガネ屋さんでブルーライトカットレンズを推しているところを見ると、ブルーライトカットレンズの人気は健在なのかと思います。

ですが、こんなに流行っているはずなのに、外を歩いていてブルーライトカットレンズをかけている人をあまり見かけないのです。なんでー?!

(私の行動範囲が、主にスーパーとか、100均とか、病院とかだからでしょうか。オフィスならいっぱいいるのかなぁ。)

周りに合わせなくても良いとはいえ、誰も私のことなんか見ていないとはいえ、どうしても浮くのが気になってしまって…。

 

 

ブルーライトカットレンズを普通のクリアレンズに交換しにZoffへ

以上のような理由で、せっかくのブルーライトカットをやめることを決意。

普通の透明なレンズ(クリアレンズ)への交換のためにZoffへ。

Zoffは、レンズ交換は3000円からできるらしいです。

私は、非球面の、2番目くらいに薄型のレンズを選んだので、5000円(税抜き)でした。

(くぅ〜〜〜!)

 

フレームとセットのメガネを1本買えちゃうお値段ですが、お店が混んでて、整理券(スマホで登録)を貰ったあと流れに身を任せていたら、新しいフレームを検討するタイミングを逃してしまいました…。

(もし、フレームごと交換するなら、フレームを選んでから整理券を貰う!)

 

 

まとめ

ブルーライトカットメガネを購入しようか迷っている方、逆にブルーライトカットメガネをやめようか迷っている方がいらしたら、

  • レンズに反射した青い光が気にならないか?
  • スマホなどの画面を暗くすることで楽にならないか?
  • 運転するときにかけるか?

などをチェックしながら検討すると、失敗しない買い物ができるのではないかと思います。

 

ちなみに、私はこれで手持ちのメガネは、

  • クリアレンズのメガネ1本
  • コンタクトの時用のサングラス1本

の2本で行くことになりました。

 

私の失敗が、この記事を読んでくださった方の何か参考になれたら嬉しいです。

 

 

それでは。

快適なメガネライフを送れますように!

 

 

 

 

コメント