【月次レポート】(2019年8月)今までで1番安定しました!!

【月次レポート】(2019年8月)今までで1番安定しました!! 双極性Ⅱ型障害 双極レポート

 

こんにちは。双極性Ⅱ型障害のとび太(@umayano)です。

▽先月のレポートはこちら

【月次レポート】(2019年7月)無理しなかったことがよかった
...

 

2019年8月のリズム表

中央の青い線が「気分の波です」。

【月次レポート】(2019年8月)今まででいちばん穏やかに過ごせました!!睡眠覚醒リズム表 双極性障害

抜けているところは、旅行中のためです。そんなに波は立っていませんでした。

 

今月のタイトルは、『体の様子をみつつ、できることを少しずつ』でした。

妊娠による体調不良が先月から続いていたのと、猛暑が続くことが予想されたため、体調を第一に考えようと思いました。

 

 

こんな月でした

暑い…

北海道から本州に帰ってきて、初めての夏です。

私の住む場所では、8月初日は最高気温35℃で始まりました。
先月末から、キラギラ太陽マークを付けるような、灼熱な日が18日も続きました。
  

8月前半は、
とにかく、あつい、あつい、あついーーーーー・・・・・!!!!!
  

月の後半になって、雨が降り始め、すこし涼しくなったかな?という気候でした。

 

夫がたくさん家にいた

夫は8月は勤務が緩やかになり、定時で帰宅するようになりました。

土日に合わせて、お盆休み、有給も数日取ったので、夫と過ごす時間が増えました。

 

夫の時間が取れたのと、私も妊娠が安定期に入ったのとで、思い切って、ドライブ旅行にも2度ほど行きました。

 

体調は相変わらず低空飛行

つわりが過ぎたのか、先月より体が動くときが増えました。

食事も、何でも普通に(夫と同じものを)食べられるようになりました。

私は暑くて体がしんどいと、かえって食べてしまう傾向があり、慢性的に食べすぎの状態だったように思います。そのため、お腹がなんとなく痛い日が多かったように思います。

  
日中は、余裕があり気が向いたときに、家事をしたり、図書館に行ったり、ゴロゴロしながら過ごしました。

 

 

こんなときでも波が大きくならなかった

  
8月はじめに、1度、うつで落ち込んだ日がありました(前の日に疲れていた)が、

それ以外は「安定」といっていい1ヶ月でした。

過食嘔吐も1回もしませんでした!

こんなに落ち着いて過ごせたのは、自分史上初めてでした。

 

連日、朝からスカっ晴れ。でも躁にならず

  
平日の朝、夫が出勤するのを玄関で見送るのですが、そのとき、思いっきり太陽に照らされる日が続きました。

  
スカッ晴れの日に私が注意しなければならないのは、「躁」
2年前に「躁転」しましたが、それは、晴れた日が何日も続いたときでした。

  
しかしこの8月は、晴れた日が続いたにも関わらず躁にならずに済みました
考えられる理由は次のものです。

・晴れた日(暑い日)の午後はエアコンを付けたため、カーテンをひいた薄暗い室内にいたので自分を落ち着かせられた

・暑すぎて消耗が激しかったため、気分が上がる余裕が無かった

・夜はエアコンのおかげで、睡眠時間を確保できた(先月は寝不足ぎみ)

 

 

旅行中にも鬱にならず

  
私の「旅行」をめぐっては、いままで何度も、気分の波のせいで旅行が台無しになってきました。
  
旅行の準備は楽しみなのに、いざ前日になると落ち込む。旅行中はだいたい夜に涙が出てしまう。旅行の後は数日うつっぽく動けなくなる。

旅行には「うつ」が付き物、というくらい、旅行が上手く行かない・楽しめないというジンクス(トラウマ?)化していたのです。

 

でも、今回の旅行では、1日中ほとんど車に乗っているという、ハードな内容でもあったのにも関わらず、ほとんどの時間を「いい感じ」で過ごせました。
  
上手くいった理由として考えられるのは、「無理をしなかった」ことです。
  

  
・疲れを感じたら、すぐ休んだ
 (車の中ではクッション×2で楽な姿勢、散策中にはこまめに座って休む)
  
・計画はざっくり曖昧にしておき、詳細はその都度相談しながら決めた
 (旅程を盛りだくさんにしなかった) 

 

帰ってきて2日ほどは、疲れで体がだるかったですが、良い思い出ができました。

旅行へのジンクスも軽くなり、自分なりの「旅行のしかた」が掴めてきたのも嬉しいです。

信州旅行【月次レポート】(2019年8月)今までで1番安定しました!!双極性障害 

△長野旅行での写真。右:木曽馬を見に行きました。左:八島ヶ原湿原。緑の中を散策をすると、自然と落ち着くのが不思議です。

 

 

1年前との比較!

 

今月は双極性障害になってから、いちばん波が安定して過ごせました。

でも実は、私は夏を恐れていました。

1年前には、こんなに大暴れしていたからです。

 
▽2018年8月のリズム表

【月次レポート】(2019年8月)今まででいちばん穏やかに過ごせました!! 睡眠覚醒リズム表 双極性障害 1年前の記録

 

気分の波の上に黄色く蛍光ペンを引いた部分は、特に波が大きかったところです。

欄からはみ出すくらい、大きい波が頻発してますね…;

途中の抜けているところは、ヤバすぎて波がどんななのかすら分からなくなっていました;

  
月末の大きな波では、私はとても攻撃的な「混合状態」で、サイコパス化していました。

この頃の私は、主治医に「安定すると波はどんな感じになるんですか?」と質問したことがあったのですが、「(波は)ピシッと一直線になります」と言われても、「そんな人いるの?!」と信じられないでいました。

 

当時は、牧場でフルで働いていて、日中も雑用や遊んで過ごし、今振り返ると非常にハードな生活をしていたなぁ、と思います;

 
心身余裕が無く、そのためか、いつも悪いことばかり想像して、自分を追い込む癖もまだまだ固くこびりついていました。

 

去年の夏が大荒れだったのは、夏が理由というよりも、明らかにキャパオーバーだったからだと思います。

 

 

 

まとめ・来月に向けて

 

8月は、波が大きくなる要因がいくつも予想されていました(晴れて暑い日が続く、お盆などの家族イベント、妊娠が安定期になり動けるようになる、など)。

しかし結果は、ほどよく過ごせました。

 

これには、暑すぎる気候や、妊娠、夫の存在などが、ほどよく私にブレーキをかけてくれたのもよかったかもしれません。

 

自分でもブレーキをかけられるよう、これからも練習してゆきたいです。

 

夫は私の安定化要因

今月、夫とたくさんの時間を過ごしてみて、夫の存在が、私を安定化させてくれているのを改めて感じました。

ぐっすり眠っている人の隣だと、自分もぐっすり眠れる、と聞いたことがありますが、
そんな感じで、のんびりマイペースに過ごす夫と一緒にいると、自然と穏やかになれるような気がします。

 

疲れやすい私の状態でも、旅行が充実したのは、夫がこまめに私の調子を伺って、私の休みたい気持ちを優先してくれたこと抜きには語れません。本当に感謝です。

 

来月からは、夫の仕事がまた忙しくなるのが予想されるので、夫自身も余裕が無くなるかもしれません。
私も独りの時間が多くなるので、自分のやるべきこと(体の大事、家事)をこなしつつ、気分のコントロールも積極的にしてゆきたいです。

 

1年後の自分は…

もし無事に生まれれば、子どもがいるかもしれません。

子どもという存在が居ることによって、波が大きくなるか、穏やかで居られるか、想像もできません。

主治医が、「大変ですよ」と言っていたのが現実になると思うと…。

  
でも、自分で選んだ選択。

子育てに支障がなるべく出ないように、双極性障害の方の「穏やかな過ごし方」をしっかり身につけておきたいと思います。

 

今、将来への不安が、びっくりするくらい無いのは、「今気分が落ち着いているから」かもしれませんし、「生活が安定してきた」からかもしれません。

 

これからも、無数の選択が私を襲うと思いますが、十字路に向き合うその度に、「波を穏やかにする」方向を選んでゆけたらな、と思います。

 

 

 

これからは、秋になってゆきますね。

食欲の秋。

秋の果物、いも、栗、お米…。

美味しいものは糖質が多いものもあり、糖質の乱高下は「うつ」を催すこともあるので、食べ方に気をつけたいと思います(食べる気満々)。

 

皆さんが、季節の深まりを穏やかに過ごせますように。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

▽先月のレポートはこちら

【月次レポート】(2019年7月)無理しなかったことがよかった
...

 

 

コメント