【むしろつら】抗不安薬は睡眠導入剤の代わりには使えない【失敗談】

【むしろつら】抗不安薬は睡眠導入剤の代わりには使えない【失敗談】双極性障害 精神科・くすり

 

 

こんにちは。双極性2型障害のとび太です。

 

睡眠導入剤と間違えて、1週間ほど、抗不安薬を飲んでしまいました。

つらかったです。

 

 

眠剤まちがえた

【むしろつら】抗不安薬は睡眠導入剤の代わりには使えない【失敗談】双極性障害

△入眠剤ゾルピデム(今はジェネリックのファイザーかサワイ)»処方されている薬

 

6月に、不眠ぎみ※になってしまったので、眠剤(入眠剤/睡眠導入剤)のゾルピデム錠)を毎日のように使っていたところでした。

※『不眠症』と言うほどではないようですが、眠りの浅さと中途覚醒がありました。

双極レポート【睡眠覚醒リズム表2020年6月】寝れないのってこんなに辛かったっけ!?
2020年6月の睡眠覚醒リズム表です。双極性2型障害の私の実際をそのまま紹介しています。今月は不眠っぽくなってしまい、その影響でメンタルもガタガタでした。産後うつではないらしいです。

 

(眠剤は毎日のように使っていたのですが、他の頓服薬(抗不安薬など)の方は、あまり使っていませんでした。)

 

 

眠剤を飲んでいるのに眠れない!?

眠剤のおかげで眠りが改善され、すっかり調子も良くなり、気分の波も安定していた頃でした。

眠剤をMax量の2錠飲んでも、眠れなくなってきていました。

正確にいうと、眠れるんですが、すごく浅くて、夜じゅうずっとうとうと、みたいな感じ。

中途覚醒も増え、夫や息子の寝返りでもすぐに目が覚めてしまいました。

 

なぜ?!

もう嫌だ!

と、夜中に、薬を追加しようとして薬箱を開けました。

ちょうど眠剤のシートが空になっていて、イラッ。

でも、

空いたシートをよく見ると、眠剤ではなく、抗不安薬(ロラゼパム)でした…。

10錠あるシートだから、少なくとも5日以上は、眠剤と抗不安薬を間違えて飲んでた…?

 

眠れないことを日々心配してくれていた夫にまじで申し訳なくて、その場で言えなかったです…。

 

 

 

 

飲み間違えていた時の症状

【むしろつら】抗不安薬は睡眠導入剤の代わりには使えない【失敗談】双極性障害

△抗不安薬ロラゼパム(左が純正、右はジェネリックのワイパックス)

 

感覚としては、混合状態、に似てましたが、『違和感』という感じでした。

気分は悪くないのに、なんか自分が変…。

今まであんまりなったことない感じでしたね。

 

眠剤と抗不安薬を飲み間違えていたときに感じた症状が、4つあるので挙げてみます。

 

①気分の波が大きくなった

まず、メンタルが不安定になりました。

 

睡眠覚醒リズム表を見てみると、赤い四角で囲んだあたりが『気分の波』が荒れているところで、グリーンで囲んだところが飲み間違えたと思われる期間です。

双極性障害レポート【睡眠覚醒リズム表2020年7月】実際の気分の記録です

双極性障害レポート【睡眠覚醒リズム表2020年7月】実際の気分の記録です

大きく上がって、大きく下がっていて、山脈みたいですね。

朝にイライラ、夜に一気に衝動的になる、という感じに日内変動が大きい日が頻発しました。

今までだったら抑えられてきたようなときでも、抑えられなくて、参りました。

 

 

②不安が強い

明らかに波があるとき以外のときなのですが、『不安』の症状が続いていました。

でも、自分では、“ふつう”なんです。

泣いているわけじゃないし、イライラしているわけでもない。

(思い返せば、ふつうじゃなかったみたいです^^;)

 

特に、めずらしかったのは、「大きい地震が来そう」と、割と本気で思ったことです。

毎日のように「地震が来るかも」と思ってそわそわしていました。

▽オレンジで囲んだところが、地震が来そうと思っていた期間

双極性障害レポート【睡眠覚醒リズム表2020年7月】実際の気分の記録です

 

地震が来ても大丈夫なように、コンロのお鍋を床に降してから寝たり、

プチ買い溜めとかしました。

 

あまりに買い溜めしたがる私に、夫は「今日1つ買えば地震は多分来ないよ。」と言ったことがありました。

私はこの言葉に「?」となりました。

その日は水を1ケース買わせてもらい、夫の言う通り、それから今のところ地震は来ていません。

だんだんと「私ふつうじゃないのか…?」と気づいてきました。

 

▽その頃のツイート。

自分でも「まさかねえ。」と半信半疑で「地震が来そう」と思っていました。

予言する能力は無かったみたいです。

 

こういうのも、妄想とまでは言わなくても、“念慮”と言うのかもしれませんね。

 

②アゴが痛い

もともと、食いしばりがあり、夜はマウスピース(ナイトガード?)をつけていたのですが、

何だか、顎が痛くなりました。

寝ているときの食いしばりかな?と思ったのですが、不安の症状の現れもあったかもしれません。

 

④記憶力がやばい

もともとADHDっぽいときもあるので、いつも通りと言えばいつも通りなのですが、記憶力の低下がもっとひどく感じました。

例えば、息子の予防接種をすっかり忘れて、小児科から電話が来て気づき、急いでタクシーで行ったりしました。

誰かと話していて、直前に自分がなにを言ったかが飛んだり、家事をしていて、ついさっきやったことを忘れたりしました。

全体的に、バタバタして落ち着かなかったですね。

 

 

これらの症状が出たのは、抗不安薬の副作用や離脱症状と言えるのかな?とも思いますが、確かなことは分からないので、次の診察のときに訊いてみたいと思います。

日中に服用したときは、こんな症状は分からなかったのですが…。

 

 

頓服はどれも似たようなものだと思っていました…

 

私はどこかで、「抗不安薬も眠剤の代わりになるっしょ」と思っていたんですね。

以前、主治医に、「抗不安薬とか、気分を安定させる薬(ぼーとさせてくれる薬)は、どれも睡眠薬と同じようなもの」という感じのことを聞いたことがあったからです。

 

違ったみたいですね。

抗不安薬は、眠剤の代わりにはならないみたいです。

 

 

 

まとめ

だって似てるんだもん

△(言い訳)だって似てるんだもん…

 

 

最後に、もう一度お伝えすると、抗不安薬は眠剤の代わりにはなりません

 

いや、でも、もしかしたらそういう使い方もあるかもしれないので、

使うときはとにかく、主治医に確認してからをオススメします!!!

 

 

それでは!

お互い寝れるといいですね!

 

 

 

▽双極性障害のページに戻る

双極性障害
双極性障害(躁うつ病/双極症)に関するブログ記事一覧です。双極性II型障害の当事者が、実際の経験を元に書いています。

 

 

コメント