私が「双極性障害かもしれない」と気づくまで

【病識の難しさ】私が双極性Ⅱ型障害と気づくまで 双極性障害

こんにちは。双極性Ⅱ型障害のとび太(@umayano2)です。

 

 

人生最初の『うつ状態』の診断を受けたときに、「自分が双極性障害かもしれない」と思えれば良かったのですが、

自分が双極性障害だと気づくまで、ずいぶん遠回りをしてしまいました。

 

双極性障害にたどり着くまでの道のりは、自分が過食嘔吐していたことを不思議に思ったことから始まりました。

 

私の関心は、

過食嘔吐 → アダルトチルドレン → 境界性パーソナリティ障害

と変わってゆき、最終的に双極性障害にたどり着きます。

 

 

 

①最初の一歩:過食嘔吐に目を向けはじめた

病識の難しさ 私が双極性障害だと気づくまで

jamie-street-94242-unsplash

過食嘔吐は普通のことだと思っていた

 

北海道の道東へ移住し、牧場で働いていた頃です。

学生時代に始まった過食嘔吐がいまだに続いていた(5年目くらい)のですが、

毎日ではなく、1~2周間に1回とかだったので、「私は『過食症』ではない、病気ではない」と思っていました。

 

けれどもある日、牛の世話をしているとふと気づきました。

牛たちがエサを残しています。

牛の体調が悪くて食欲が無いわけではありません。

私は、それを見て「なんで残すんだろう」と思ったんです。

まだお腹がいっぱいになっているわけではないのに、そして、目の前のエサしか選択肢は無く、明日エサがあるかも分からないのにと。

 

そして自分と比べてみて、思いました。

「なんで、私は、お腹いっぱいなのに食べて、吐いていているんだろう。」

 

 

同じ時期、友人と食事を一緒に食べることが増えました。私の部屋で朝ごはんを食べたり、知人の振る舞う家庭料理をごちそうになったり、【他の人のふつうの食事】を間近で見ることが増えました。

また、私の社宅は牧場の敷地の真ん中にあったので、【他の「ふつうの」家族】の生活も間近にありました。

 

私は、他の人の【食】に触れて、カルチャーショックを受けました。

 

「普通は、過食嘔吐をしない」ということを知りました。

 

こんな風に、牛や馬といった動物たち、そして周りの人たちを見て、私は初めて過食嘔吐と向き合い始めました。

 

 

私はなんで過食嘔吐しているんだろう?

 

まずやったことは、わざと「過食嘔吐してます!」みたいな本を、部屋の見えるところに置くことです。

▽そのとき手にとった本です。選んだ理由は表紙でした。

伊藤 比呂美 (著), 斎藤 学 (著),


純粋な「過食嘔吐」をしている人のリアルな行動が載っていました。

『摂食障害』の人たちのやり方は、ひどいと1日に3回とか吐いたり、ホースを使ったり…。

読んでみて私は、「自分はそこまでひどくないな」と感じました。

 

私の過食嘔吐が『摂食障害』ではなく、『双極性障害』に由来しているもののために違和感があったのだと思います。

 

 

この本には、後に、私を大きく変えることになる記述がありました。

それは、「吐く=攻撃性」という内容でした。

 

私ははじめ、これを読んでもしっくり来ませんでした。

友人に「過食嘔吐は攻撃なの?」と訊くと、友人はYES。

目に見える傷は負わないけれど、自分を痛めつけているという点では攻撃しているのと同じ、と。

ここから、「過食嘔吐=自傷行為」なんだ、と真剣に考えられるようになりました。

 

また、本の内容で印象的だったのは、育った家族内の人間関係も過食嘔吐の原因になるということでした。

たとえば次のようなことです。

 

・「食べ物」は、満たされなかった「母親の愛情」の代わり

・アダルトチルドレン(AC)が摂食障害の根っこにあることも

 

そこで私はさらに、「愛着障害」「アダルトチルドレン」について深掘りしてゆきました。

 

 

②アダルトチルドレンという「居場所」を見つけた

【病識の難しさ】私が「双極性障害かもしれない」と気づくまで

helmuts-rudzitis-723291-unsplash

 

アダルトチルドレン(AC)というものは、大学生のときに耳にしたことがありました。

そして、この人はアダルトチルドレンだ、と感じる人にも出会いました。

でも、自分がアダルトチルドレンだとは全然思っていませんでした。

「自分の家族は良い家族」と思っていたくらいですから(こうやって家族を美化していることがまさにアダルトチルドレンなのでしょうね)。

 

アダルトチルドレンに関する本を読んでみました。

▽この本です。

アダルト・チルドレン 生きづらさを抱えたあなたへ (二見レインボー文庫) 秋月 菜央

アダルトチルドレン友達に借りました。

 

本を読みながら、また、ネットで検索しながら、私は号泣しました。

涙が出るということは、自分がアダルトチルドレンだ、という証拠の1つなのでしょうね。

 

「私はアダルトチルドレンなんだ」と認められるようになり、救われた感じがしました。

やっと、自分の居場所を見つけることができたような気持ちになりました。

 

 

 

③見えてきたのは『境界性パーソナリティ障害』

病識の難しさ 私が双極性障害だと気づくまで

valentin-salja-762020-unsplash

 

過食嘔吐は、広い意味では自傷行為と言えます。

 

自傷行為についてざっくり調べていると、『境界性パーソナリティ障害』の存在を目にしました。

 

また、家族(特に母親)と愛着に関する本を読むと、そこにも『境界性パーソナリティ障害』という記述を散見するようになります。

▽たとえばこの本です。

母という病 (ポプラ新書) 

 

『境界性パーソナリティ障害』についてのどんな記述を読んでも、自分のことがそのまま書いてあるように思えました。

当時は、双極性障害が頭になかったのもあり、「私は境界性パーソナリティ障害だ!」と思い込んでしまいました。

 

▽特にこの本は衝動買いするほどでした。

境界性パーソナリティ障害 (幻冬舎新書) 岡田 尊司

すごく当てはまるけれど、そこまでの症状はない

後に、私が境界性パーソナリティ障害であるという考えは間違っていたことに気づきます。

 

自分が境界性パーソナリティ障害だと思って調べると、どこかモヤモヤが残るのでした。

 

すごく当てはまるけれど、「ここまでじゃないかな」と思うところもある。

たとえば、暴力を振るう、自傷行為(私は過食嘔吐)を誰かに見せつける行動はやったことがない。

 

 

④双極性障害が一番しっくりきた

【病識の難しさ】私が「双極性障害かもしれない」と気づくまで

diego-ph-249471-unsplash

 

『境界性パーソナリティ障害』まで気づき、『双極性障害』までもうひと押し、というところまできました。

最終的には、

『境界性パーソナリティ障害』と、『うつ病』について深掘りしたことで、『双極性障害』にたどりつきました。

 

双極性障害と診断されてから改めて考えると、「私は境界性パーソナリティ障害ではないんだな」と、しっくり腑に落ちています。

 

 

『境界性パーソナリティ障害』も『うつ病』も、『双極性障害』に似ている

 

たとえば、はじめに『境界性パーソナリティ障害』と診断されて、後に『双極性障害』と診断された人もいます。

 

▽躁うつが激しい病気「双極性障害Ⅱ型」を抱えながら仕事を続けるますぶちみなこさん | soar(ソア)

躁うつが激しい病気「双極性障害Ⅱ型」を抱えながら仕事を続けるますぶちみなこさん | soar(ソア)
双極性障害2型とは、躁状態とうつ状態が交互に訪れる症状のこと。診断を受けてから、ますぶちさんがどんなふうに病気と一緒に過ごしてきたのかや、仕事における工夫などを教えてもらいました。

 

この記事は『境界性パーソナリティ障害』『双極性障害』で検索してヒットすることが多く、何度も読みました。

頑張りすぎて退職した経験などに親近感がわき、「私はこの人と同じかも。。。」と思いました。

 

 

また、『双極性障害』は過去に『躁うつ病』と呼ばれていただけあって、うつの波にいるときは『うつ病』と似ています。

 

うつ病と極めて似ていますが、違うところの1つに、過食があります。

『うつ病』の症状では、一般的に食欲が無くなるそうですが、

私は、うつになる前も、うつのときも、過食嘔吐をしていました。

この点も、自分が『うつ病』だとしっくりこない理由の1つでした。

 

▽この本を読んでみたら、『うつ病』と『双極性障害』の違いが分かりやすかったです。

うつと気分障害 (幻冬舎新書) 岡田 尊司

双極性障害の診断基準がドンピシャ

 

最終的には、双極性障害の症状に当てはまりすぎました。

 

私は、症状については、わかりやすいイラストが書かれたものよりも、DSM-5の診断基準を直で見た方がしっくりきました。

特に「軽躁病エピソード」の部分です。(参考:双極性感情障害[躁うつ病]双極II型障害(こころの病気のはなし/専門編)

 

▽本であれば、こちらがシンプルでおすすめです。

よくわかる双極性障害(躁うつ病) (こころのクスリBOOKS)

 

▽同じ双極性障害のほっしーさん(@HossyMentalHack)のブログ記事もとても参考になりました。

双極性障害の症状について私の体験エピソードと共に紹介する | メンタルハック

双極性障害の症状について私の体験エピソードと共に紹介する | メンタルハック
うつ病と双極性障害はとても似ている病気ですが、決定的に違うのは「躁状態」があること。私が躁状態になって体験したエピソードを書きました。

 

 

うつの診断基準を見ても『うつ病』との違いはあまり分からないので、躁の診断基準を自分と照らし合わせるのが手っ取り早かったです。

 

 

精神疾患は、パーソナリティ障害などを併発することはよくあるそうですし、他の精神疾患と極めて似た症状のこともあります。

 

モヤモヤを大事に

なにか自分に当てはまっていそうな病気(障害)を見つけたとき、「モヤモヤ」することが少しでもあったら、その感覚を大事にしてみてください。

正確な診断にたどり着くまで、しんどいですが、疑い続けて欲しいです。

 

 

 

 

次の記事では、『双極性障害』の【病識(自分が双極性障害だと自覚すること)の難しさ】についてまとめます。

なぜ気づかない?双極性障害の本人に自覚がない理由と、自覚する方法
...

 

 

 

▽関連記事

「人生終わった…」双極性障害と診断されたら読んでほしい記事まとめ
「双極性障害になったらまずどんなことをしたらいいか」をまとめました。双極性障害と診断されたばかりの人はもちろん、症状改善を目指している人などにも活用していただけると思います。内容は全て私が実際に経験したものを元にしています。

 

 

 

 

コメント