子の障害や奇形を理由にした中絶について、双極性Ⅱ型障害の私の考え

子の障害や奇形を理由にした中絶について、双極性Ⅱ型障害の私の考え 妊娠

 

こんにちは。とび太(@umayano)です。

 

「出生前診断を受けるかどうか」考えて始めてから、

「子の障害や奇形を理由に中絶をするかどうか」、考えるようになりました。

 

結論は、「妊娠初期に重度の異常が確実になった場合のみ中絶を選択する」です。

 

 

「子どもが「障害」や「奇形(先天性奇形)」を持つかもしれない」という不安は、たとえ精神障害などの障害を持っていない人でも、悩むことだと思います。

「障害や奇形があるから堕ろす」、とか「健常児だったら育てる」とか、そういう、白黒で考えられるものではないとも思います。

 

 

この記事で書くことは、【現時点での】私の等身大の考えです。

知識不足の部分もあると思います。今後、時間が経つうちに考え方も変わってくるかもしれません。

 

(また、この記事では、下のような意見については議論しません。)

 ・障害者(精神障害、発達障害)は子どもを産むな

 ・障害や奇形が嫌なら妊娠したいなんて考えるな

 ・リスクを承知で妊娠したのだからどんな子でも産め

 ・中絶は人殺しだ

 

 

私の現状

 

私は現在、妊娠3ヶ月(10週)です。いまのところ胎児に異常は指摘されていません。

初めての妊娠で、仕事はしていません。夫と二人暮らしです。

結婚する前から、子どもを妊娠する際の「気分安定薬の服薬をどうするか」が気になっていました。

 

私の主治医に相談したり、調べたりして、「妊娠中も気分安定薬を飲み続ける」と決めました。

理由は、奇形が出るかもしれないというリスクよりも、「母親が安定している」というメリットを優先したためです。

双極性障害の【妊娠】と【薬の服用】―経験を元にまとめました
...

 

不妊外来へ通いながら妊活を始め、予想外に自然妊娠に至りました。

妊娠10週の今も、妊娠する前と同じ処方(種類と量)の薬(ラミクタール200mg/日)を服用し続けています。頓服としての安定剤や水飲導入剤は、妊娠が分かってからは一度も使っていません。

 

 

 

妊娠中絶に対する私の答え

子の障害や奇形を理由にした中絶について、双極性障害の私の考え

Photo by Liane Metzler on Unsplash

 

妊娠初期に異常(障害や奇形)が医師から指摘され確定検査が陽性だった場合のみ中絶の選択をする

 

この状況以外は、もし産まれたら、どんな障害を持っていたとしても育てたいと思っています。

確定検査ができる時期を過ぎたら、中絶にリスクも費用もかかるので、産む方向で妊娠を継続します。

 

新型出生前診断(NIPT)は年齢が35歳以上、費用も高額とのことなので検討していません。

非確定診断は、自分からは積極的にしないつもりです。

また、今回は第1子ですが、第2子も慎重に考えたいです。

 

妊娠中に異常は見つからなかったのに、産まれてみたら障害を持っていた、とか、妊娠中に予想されていた障害よりも産まれてみたら障害が重かった、なんてこともあるかもしれないですが、

そのときは、仕方ないっ!です。

 

なぜ、それなら、妊娠初期に判った奇形児だけを堕ろすのか?、という問いですが、

ベースにあるのは、「障害児や奇形児が嫌」というよりも、「なるべく続けられる形で育ててゆきたい」という気持ちです。

 

 

中絶の選択をする場合の理由

夫との関係を維持してゆくため

双極性障害は、人生や、人間関係を破壊してしまうかもしれない障害です。

私は、薬を服用している今のところ、人間関係を破壊するほどの症状は抑えられています。でも、気分以外にも体調の不安定さがあり、健常な人と同じ労働をこなすことにはとてもハードルを感じます。

 

そんな私にとって、子どもを産み、育ててゆく上で、最悪のケース(=夫との関係崩壊)を考えてみます。

たとえば、子どもが重度の障害を持っていて、私がつきっきりで世話をすることが必要だとします。

 私の限界を超える
    双極性障害の症状が悪化
    子どもの世話も家事もできない
   夫に大きな負担と苦しみをかける
  

 夫との関係悪化、離婚など
  

 子どもにも苦しみと負担をかける

 

こうなる状況は、避けられるなら避けたいです。

 

なので、「双極性障害の症状が悪化しない範囲の負担で」子育てできたらな、と思うのです。

 

 

自分の限界

「私がキャパオーバーになる」くらいの負荷が予想され、そしてそれを選ばないことができるなら、できれば選びたくないと思っています。

双極性障害だと分かっている以上、選ぶべきではないと思っています。

 

私の限界は、分かっている1つは、週5✕8時間の労働です。

これ以上の仕事をこなしている時期もありましたが、続けることが出来ませんでした。2種類やって、2回はうつになりました。

フルタイムはハードルが高いです。

 

 

健常児を産んでも、子育てはものすごく大変なものなのだろうと思います。

たとえ障害児であっても、育て上げている人もいますし、私も「頑張れば」できるかもしれません。

「子育てした経験が無いから自信がないだけ」「やってみないとわからない」、それも事実だと思います。

 

でも、私はもう、「頑張ればできる」は、止めておこうと思っています。

一時的には出来ても、ずっと続けられません。

私は、双極性障害とわかる前のような、頑張って、頑張って、そして崩れていった人生を、繰り返したくないのです。

 

重度障害児の世話は、まだ産んでいませんが、すでにもうキャパオーバーが想像できます。

人間関係のことなど、精神的にすり減ってしまうかもしれません。

 

私に選択肢があるのなら、「やっていけそう」「これなら続けられそう」と思えることを選びたいと思っています。

今回の中絶のように、選択肢があれば、選びます。もし選択肢が無ければそのときはなんとかこなしてゆけたらいいなと思っています。

 

 

「あなたを苦労して育てたのよ」という子育てはしたくない

 

私はアダルトチルドレンだと思っています。

親は愛情をかけて育ててくれたんだと思います。私はその愛情を受けて「いい子」には育ちましたが、心が根腐れし、うつになりました。

自分自身がしんどかったので、なるべく子どもには繰り返したくないと思っていしまいます。

祖母、そして母、そして私へと引き継がれた世代間伝播を断ち切りたいのです。

 

 ・「母はつらい」を当たり前にしたくない

 ・「支えてもらう」を当たり前にしたくない

 

 

「子育ては大変だから」と諦め、ボロボロになりながら子どもを育てる。

そんな風に、身を削ることが「良いこと」だと思う人もいるかもしれません。

身を削る以外、選択肢が無かったのであれば仕方ないかもしれませんが、私はどうしても、そこに【自己満足】の側面を感じてしまうのです。

 

身を削り、ボロボロの母親を見た子どもは何を思うか。

そして「あなたのためよ」と言われた子どもはどう思うか。

 

「自分が産まれて来なければ」

「お母さんを助けなきゃ」

と考えてしまうこともあるのではないでしょうか。

 

もちろん、つらいときは、つらいことを隠したりせず、力を借りようと思います。

親がSOSを出さないと、子どもはSOSの出し方、助けの求めかたを学べなくなってしまうと思うからです。

 

でも、程度があると思うのです。

周りの人が、「お母さん=支えてあげなくちゃ」と思い、

本人が、「私は頑張っているから支えられて当然」と思う。

こうなってしまったら、不幸だと思います。

 

「〇〇が悪い」とか、犯人探しをする関係はしんどいだけです。

 

 

まずは私自身が心も体も健康でいることを目指す。

それが大きな目でみたら、家庭の健康につながるのではないかと思っています。

 

私は、双極性Ⅱ型障害で、発達障害(特にASD)の傾向もあり、自分をコントロールするのも、ようやくなんとか出来るようになってきたくらいです。

重度の障害児の育児をこなしながら、自分の症状もコントロールしてゆく自信がありません。

 

「周りに頼れればいい」の現実と限界

育てるのが大変だったら、周りの力を借りたらいい。

どんな子が産まれても、育てる。

それは、素敵な考え方だと思います。

私は幸い、妊娠する前に夫と、私の実家の近くに引っ越していました。車で30分くらいの距離です。

また、北海道の僻地にいた頃よりも街なので、ヘルパーさんや、預託施設、家事代行などのサービスも得られやすいかもしれません。

最近加入した生協に、無料でお手伝いを頼めるサービスがあると知り、出を伸ばせばいろいろなサービスがあるんだなと感じているこのごろです。

 

こういった、恵まれている現実。

その一方で、それらに頼る限界もあるのではないかと感じ始めています。

周りを頼る前提で、いいのだろうか。

夫の収入の範囲で、やれるのだろうか。私は将来働けるのだろうか。

 

資金面。
もし、子が重度の心身障害ならば、金銭的な補助も、サービスも、ぐんと幅が広がると思います。世話する苦労も増えますが、そういった公共の支援を受けられれば楽になる部分もあると思います。

私の精神手帳の等級が上がれば、もっと支援を受けられるのかな、とか思ってしまうこともあります。

精神面。

私は、いざ苦しいときに、助けを求めることができるのだろうか。

発達障害(自閉スペクトラム)で、トラブルを起こすし、勝手にコミュニケーション自体にストレスを感じがち。双極性障害で、どうしても人間関係にムラができてしまう。

「誰かに頼る」。

これは、どんな子が産まれても必要なスキルだと思うので、少しづつでも練習してゆけたらなと思っています。

 

 

まとめ

子の障害や奇形を理由にした中絶について、双極性Ⅱ型障害の私の考え

Photo by freestocks.org on Unsplash

 

 

私が双極性障害で気分安定薬を飲んでいなかったら、もしかすると、中絶についてここまで考えなかったかもしれません。

いっぱい調べて、考えてみて、出した結論でしたが、想像していたよりもシンプルで「流れに身を任せる」ような選択になったなと感じています。

子を授かるということに、自分の意思が関与できる程度なんてほんのわずかなんだな、とも感じました。

1番の収穫は、「私は障害者が嫌なんじゃなくて、双極性障害によって家庭が崩壊するのが嫌なんだな」という、自分の気持ちに気づくことができたことです。

賛否両論あると思います。でも、自分はこうしたい、というのが見えて、なんだかとても気が楽になりました。

 

 

なんとなくHappyな妊婦生活を過ごして、ある日の検診でもし突然、「異常がありますね」と伝えられていたら、きっとパニックになっていたことでしょう。躁転したり、うつで自殺していたかもしれません。

 

中絶について調べているうちに、『確定検査(羊水検査など)』は、実施できる時期が妊娠15~18週に限られていると知りました。

検査や中絶などには、時間の制限があります。胎児はどんどん大きくなってゆきます。

そんな中で中絶するかどうか考えなくてはならなくなったら、とても焦ると思います。

 

いざそのときに冷静に考えられればいいのですが、双極性障害だと、そういうショックがあったときは判断がゆらぎがちですよね。

気分の波が過ぎるのを待っていたら、時間もかかってしまいます。

 

 

もし、少しでも「赤ちゃんに障害や奇形があったらどうしよう」と不安で、中絶も頭に浮かぶような人がいたら、早め早めに自分の中で結論を出しておくといいかもしれません。覚悟、というのでしょうか。

どんな子でも育てられる環境にある夫婦は、「中絶」までは考えるのだろうか、と思うことがあります。

中絶という選択が頭をよぎるということは、自分の現状に、なんらかの心配事があるのではないかと思ってもいいのではないかと思います。

 

 

命を扱う選択だからこそ、じっくり考えてみて欲しいです。

人によって、考え方は様々。

大切なのは、妊娠する本人と、そのパートナーが納得していることだと思います。

 

そして、一度出した結論も、また時間が経つと変わることもあるかもしれません。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

いい・悪いは置いておいて、現時点での正直な気持ちをまとめてみました。

私も、妊娠が継続して、この記事と考え方が変わってきたら、そのときはまた記事にまとめようと思います。

 

 

次回の検診は12週目。

エコーで先天性異常が指摘されてもおかしくない時期。ビビりながら、いってきます!

コメント