双極性障害【経験談①】人生で初めての『うつ状態』症状と反省点

双極性障害【経験談①】人生で初めての『うつ状態』 双極性障害

こんにちは。とび太(@umayano)です。

 

現在は双極性Ⅱ型障害として通院しています。

 

双極性障害と診断される2015年に、人生で初めて『うつ』の診断を受けました。

双極性Ⅱ型障害の診断がつくのはここから4年後です。

 

 

 

①人生で初めての【うつ】の症状

双極性障害【経験談①】人生で初めての『うつ状態』症状と反省点

photo:freddie-marriage-199100-unsplash

 

『うつ』の診断を受けたのは、会社員2年目になったばかりの梅雨の頃でした。

 

診断名は『うつ状態』。

 

 

それ以前にも、学生の頃、20歳になったあたりから、すでに気分の波は激しかったかもしれません。

 

北海道の大学だったのですが、夏場は毎週山登りに行けるほどエネルギーがあり、

『ブッとび太』と呼ばれるくらいテンションが高いときがあると思えば、雪の夜に逃走したり、楽しみにしていた旅行に行っても楽しいと思えなかったり。

 

 

改善に向けて何かしたかというと、PMS(月経前症候群)なのかなと思って産婦人科を受診したことと、後は、【しっかりしなくちゃ】という自分なりの頑張りだけでした。

 

就活のころから過食嘔吐が始まりますが、誰にも言っていませんでした。

 

 

会社に就職しても、【自己管理能力が低い】と劣等感を増すばかりでした。

 

 

 

『うつ状態』の症状

 

うつになった頃、行動、考え方、体調について、下のような症状がありました。

 〈行動面〉

   ・涙が止まらない

   ・過食嘔吐が悪化

   ・座れる場所を探す

 

 〈精神面〉
   ・もっと頑張らなくちゃ   ・自分はダメだ   ・迷惑をかけている   ・後ろ指刺されている

うつの症状に特徴的な自責(自分を責める)や自己否定、そのほかにも、被害妄想の症状なんかも出ていますね。

 

「死にたい」とはあまり思わなくて、電車に飛び込んで飛ばされたら気持ちよさそうだなぁとか、私の体が倒れてくれないかなとか、食べ物じゃなくて薬をたくさん飲んだら明日休めるかなとか、そういう想像はしていました。

 

 〈身体面〉

   ・カバンが重く、歩くのが遅い

   ・人混みで息が苦しくなる

   ・電車のブレーキ音から逃げたい

   ・不眠。夜中1時間ごとに起きる

   ・寒い。冷房が辛い

   ・肩こり

   ・歯が痛い(食いしばり)

   ・味覚の変化(人工物を好む)

   ・痩せた

   ・白髪が生えた

   ・からだが臭い

   ・卵巣嚢腫の再発

 

 

身体症状が目立っていました。

うつの症状、とまとめたこれらには、自律神経失調症、不安症(社交不安、広場恐怖、パニック症、過緊張)、などの傾向も感じられますね。

持ち前の、自律神経の弱さ、不安気質が表出してしまったようです。

 

 

 

処方薬

『うつ状態』のときに飲んでいた薬は下記のとおり。

 

   最初の精神科のとき:ジェイゾロフト(SSRI)
    2つ目の精神科のとき:レクサプロ(SSRI)

 

最初の精神科と、2つ目の精神科の間に、自己判断で勝手に断薬した期間があります。

 

 

『うつ病』と、ちょっと違っていたところ

私の場合は、一般的にイメージされる『うつ病(大うつ病)』の症状とズレを感じるところがありました。

根っこが双極性障害のうつだったからかもしれませんし、うつ病の個人差の範囲なのかもしれません。

 

   ・夜中に何度も目が覚めるものの、朝はスッと起きられた

   ・ベッドから出られないということはない。一日中何かしていた

   ・過食嘔吐をしていた

 

 

うつによる会社への被害

仕事面では、下のような支障がでました。

 

 頭が回らないために…

   ・判断が遅くなる

   ・ミスが増える

   ・成果の無い残業

   ・交通事故の危険

 人づきあいを怖がったために…

   ・自分から相談せず、一人で抱え込む

   ・一人でいることを好み関わりにくい

   ・なかなか事務所に戻ってこない

   ・打ち合わせに居ないので二度手間

 体調不良のために…

   ・遅刻が増える

 

実際はキャパオーバーで仕事を全然回せてないのに、自分から相談しなかったので、周りの人からは「とび太は大丈夫そうだね」と言われたこともありました。

 

私は最終的に、仕事を抱えたまま自爆し、会社から消えました。

 

 

②症状が悪化した背景

双極性障害【経験談①】人生で初めての『うつ状態』症状と反省点

photo:al-soot-703487-unsplash

 

うつの引き金として思い当たるのは次のような出来事です。

   ・同じグループの上司の死

   ・職場のメンバー入れ替え

   ・飲み会や残業など夜型生活

   ・担当を持ったプレッシャー

   ・梅雨の時期の急な気温変化

 

死は人をうつに引き込む、と聞いたことがあります。

上司が急死した後、【葬式躁病】と言うのでしょうか、行動量が増えました。

そして、キャパオーバーにも関わらず、仕事も頑張り、プライベートも『息抜き』と思って積極的に充実させようとしてしまったのです。

 

また、私は、職場のメンバーや仕事内容、気候など、環境の変化に適応することができませんでした。

 

 

③どうすれば失敗を防げたのか

双極性障害【経験談①】人生で初めての『うつ状態』症状と反省点

photo:joanna-kosinska-439233-unsplash

相談すること!

 

相談、これに尽きます。

 

私は、周りを頼らなかったために、最終的に、私が最も恐れていた、『迷惑をかけること』ばかりになっていました。

助けを求めていれば、仕事への被害も減らせたかもしれませんし、うつに気づいてもらえたかもしれません。

 

私は、もっと悪いことに、相談の仕方から分かりませんでした。

分からなければ、「誰に相談すればいいですか?」、「相談ってどうやったら良いんでしょうか」という相談をすれば良かったと思います。


分からないを、分からないと言う
。それが必要でした。

 

 

対策・予防策

うつになると、不安が強くなって「こんなこと相談していいんだろうか…」と、自分から身を引きがちなので、次のようなことを意識するといいのではないかと思います。

 

   普段から相談するクセをつけておく

   ・状況をどうやったら改善できるか訊く

   ・「困っている」「しんどい」と言う

 

相談相手は、職場、家族、友人、誰でも大丈夫です。でとにかく1人でも多くの人にSOSを出す練習をしましょう。

 

困っている状況を伝えるのは、愚痴ではありません。事実を伝えることに罪悪感を感じなくてもいいと思います。

また、「聞いてもらう時間を奪ってしまって申し訳ない」と考えなくてもいいと思います。もし相手が、相談を聞きたくないのなら、相手には断るという選択肢がありますから。

 

 

また、うつになると、頭と感覚がものすごく鈍ります。

「痛い」も「つらい」も、わからなくなるので、誤った判断をしてしまうこともあります。

特に、限界なのに、自分へさらにムチを打ってしまうのは危険だなと思います。

頑張って、頑張って、その先にあるのは死です。

 

うつで人生終わりたくなかったら、

とにかく【助けてください】とアピールしましょう!

 

 

 

 

アイキャッチ写真:lightscape-1302923-unsplash

コメント